人・企業・地域を元気に!いでっちの奮戦記

イデアパートナーズ㈱の井手修身(おさむ)の地域再生、観光地活性化に関する人・企業・地域の様々なエピソードを紹介する日記。

新春 イデア塾 福岡大学 田村馨先生

2008年01月24日 | Weblog
新春イデア塾を1月22日開催しました。

今回は2部構成。

第1部 ゲストは、福岡大学 田村馨先生

テーマは、2008年日本の行方、九州の行方
~鍵を握るのは顧客、ユーザーの立場にたてるか~

田村先生の話しは、分かりやすく非常に示唆に富んだ即実践が出来るもの。

キーワードは固定概念、先入観に囚われるな です。



日本の学校では、足し算は

 (例)3+7=(  ) の正解10を求める教育です。

しかし欧州では、
    (  )+(  )=10
    (  )+(  )-(  )=10 という答えを導き出す教育。

確かに私達は、学習し知識やスキルを会得することで、問題に対する答えを
簡単に導き出そうとします。
固定概念で物事を決めがち ですね。

しかし実社会での問題の多くは、 解決に至る多様なプロセスを
『取捨選択』
しながら導いていくものです。

そして、もう一つは マーケティングは1人称で語れ 
 ということ。

先生は、成功事例や学者・専門家の意見、メディアの情報に右往左往して
惑わされるのではなく、自分の意思で『取捨選択』していく姿勢が
必要であることを問われました。

いやーためになる話でした。

 田村先生のブログは
  http://blogs.yahoo.co.jp/kaorutamu 

 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新春 イデア塾 今年の抱負... | トップ | 地域資源活用プログラムのビ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む