感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

IDWeek 2016 @ New Orleans Day#5最終日

2016-10-31 | 青木語録
IDWeek 2016 @ New Orleans Day#5は、最後の日なのですが、目的の部屋に行くまで超大変でした。
何しろ、一辺が300mはあろうかという部屋が幾つも横に繋がっているのですから・・
数百メートル、歩いてから目的の部屋が見つからなくなり、案内の人に聞くと、全部、後戻りせよ・・!!

そこで数百メートル後戻りしてから、ふとここはThe United States of Americaである事を思いだし、「あの案内嬢の案内が間違っている可能性が89%」と気づき、また元にもどり、ようやくたどり着きました。

演題は今年、新しくなったHAP、VAPのガイドラインの解説。これは、ガイドラインを5年かけて作った先生自身によるものでした。

沢山、学ぶ事がありました。特に無駄に厳密性を追求せず、常に現場感覚で考えてくれているので助かります。

MRSA肺炎の治療薬、緑膿菌の単剤治療、耐性アシネトバクターの吸入治療、などなど勉強になりました。

多くの仲間、教え子との時間もかけがえのないもので、来年もSan Diegoに来てしまうかも・・と思った編集長でした。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« IDWeek 2016 @ New Orleans D... | トップ | 村上春樹の「職業としての小... »
最近の画像もっと見る

青木語録」カテゴリの最新記事