感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

喜舎場塾 Reunion

2016-11-26 | 青木語録
喜舎場師匠の直系・孫弟子・その他によるReunionが昨晩ありました。

どんな会合であったか?
そのような質問は写真を見れば回答が得られるでしょう・・?

感染症診療のリア充を感じています・・みんな
H先生などは、学会参加前に回診まで、やってのけますから・・

Addendum:
この後、二次会に参りました。大型車2台あるので、全員が簡単に乗り込める・・筈でしたが、不思議と乗り切れなかったXXはタクシーで駆けつけました。
「XX」とは何でしょう? 紅一点?

椎木先生、学会でご多忙の中、大変お世話様になりました。一同を代表してお礼申し上げます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 必要な検査を出し、不要な検... | トップ | 基礎から学ぶHIV感染症セミナー »
最近の画像もっと見る

青木語録」カテゴリの最新記事