感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

抗微生物薬を処方する理由

2017-07-11 | 青木語録
編集長が奈良の前田耳鼻咽喉科クリニックと同じように尊敬する静岡の本康先生からの便りです。
前田・本康両先生の共通点は抗菌薬・抗微生物の適正使用に努力されている事、そしてその結果を数値化・定量化して残している事です。





以下、本康先生のご許可を頂いて抗インフルエンザウイルス薬の使用に関する情報を掲載致します。







本康先生:
4割は、保護者の希望でした。勧告に従い要らないといって強制的に切り捨てる勇気はありませんが、できるだけ使わなくてもいけるようなお子様には
勧めないようにしています。自分の診療を顧みるのは、当院のような閑散とした施設しかできませんが、次年度の参考になると信じてやっています。



WHOもタミフルを必須の薬剤リストから、ワンランク下のカテゴリーに移動させたようです。↓
http://www.bmj.com/content/357/bmj.j2841/rr

http://www.sankei.com/life/news/170710/lif1707100015-n1.html
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« create consciousness itself | トップ | New CDC Boss »
最近の画像もっと見る

青木語録」カテゴリの最新記事