感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

Q feverの思い出

2017-08-09 | 青木語録
人生初のQ熱の経験、それは沖縄県立中部病院の師匠のChallengeでした。

高校教師がAustraliaで羊の分娩を見学したあと(そんなの見学するな・・!)帰国して、肺炎+肝炎・・でした。

師匠の症例提示を受けて、Q熱と何とか答える事ができたのは幸いでした。(安堵・・)

BMJ Case (Jul 2017)に人口関節の感染症が載っています。↓↓
DoxycyclineとHydrochloroquineは、まあ、そうかな・・ですが、手術もしたのですね・・(外科医の無事を祈りつつ)

Q fever prosthetic joint infection
Weisenberg S, Perlada D, Peatman T

Coxiella burnetii is the causative pathogen of the zoonotic infection Q fever. Most patients with Q fever experience a non-specific febrile illness, hepatitis or pneumonia. Q fever has recently been described as a cause of prosthetic joint septic arthritis, but remains very uncommonly reported. We present a case of Q fever prosthetic joint septic arthritis that has responded to a combination of two-stage surgical exchange and prolonged medical treatment with doxycycline and hydroxychloroquine.

タイトル写真:
編集長が久しぶりに師匠 @遠藤先生ゆかりの店
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Cyclospora cayetanensis | トップ | Zikaの拡散に蚊が不要 ?! »
最近の画像もっと見る

青木語録」カテゴリの最新記事