ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼




『サンキューアートの日 (サンキューアートのひ、正式には「Thank you @RTの日」) とは、毎年3月9日をアートの記念日として、広い意味での美術関係者がアートファンに対して感謝の気持ちを示す日にしよう、とする運動である。美術家・l開発好明(かいはつ よしあき)が関係者に呼びかけ、2001年3月から開始された。』 (Wikipedia)
全く知りませんでした、公式サイト-サンキューアートの日がありました。ホームページから見ると、山梨県立美術館でも、『★39アートのホームページからプリントアウトしたサンキューアートのポスターを受付に持参、またはにっこり笑って「サンキュー」と言われた方にポストカードなどをプレゼントします。(7日、8日それぞれ先着50名様)』というイベントがあったようです。

開発好明さんのお名前は、第23回現代美術「こうふ展」2008で初めて知りました。歴史公園での展示は私には興味ありませんでした。開発さんの指導で中学生が制作して展示した街なかの「まんまる道祖神」はとても素晴らしかったことを思い出します。この時の広報で、「サンキューアートの日」にも言及されていたのかも知れませんが、私は見落としていたようです。毎年3月9日に合わせて、現代美術「こうふ展」ウィークが開催されるという仕掛けになると甲府の年間イベントの一つとして面白そうだなと思いました。

3月10日の記事に気が付いたので来年のために残しておきます-山梨日日新聞

足元彩るアートの列 JR甲府駅北口でイベント
語呂合わせで「サンキュー(39)」アートの日となる9日、JR甲府駅北口の階段をイラストやメッセージで彩るイベントが行われた。 山梨大生15人が「再開発が進む北口をアートで明るくしよう」と企画。参加者はポストカードに富士山や武田信玄を描いたり、「自然を大切に」「毎日仕事ご苦労さま」などのメッセージをつづった。38段の階段を1330枚のポストカードで装飾。笛吹市内の会社員男性(29)は「雰囲気が明るくなっていい」と作品に見入っていた。 サンキューアートの日は現代美術作家の開発好明さん(甲斐)が提案、賛同者が同じ日に各地でイベントを開いている。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« にほんブログ... 甲州夢小路と... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。