ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼




和穀菜汁 このブログで時々ご紹介している「和穀菜汁 魁」、お米とおむすび&カフェのお店です。

甲府市千塚、山の手通り交差点から南に、音羽橋の手前、セブンイレブンの隣にあります。
駐車場がありますが、契約駐車場と共用なので、私は来店用が満車の時は隣のセブンイレブンに停めて、後でタバコとか買うことにしています(^o^)

画像はお米の紙袋です。「米袋」で検索するとすぐ分かりますが、厚手のクラフト紙で窓付き、袋の口は折畳んで紐で縛るような構造です。
「和穀菜汁」でお米を買うようになるまで、スーパーでポリ袋入りのお米しか知らなかったので、この袋はとても気に入っています。2キロ入りの小さなものもありますので、最初はそれに入れてもらっていたのですが、何度も使える大きめの袋にして、図のように銘柄のラベルが貼られるのを愉しんでいます。

この袋では、今年の5月から6回購入(1回に2キロから3キロです)、先日9月の最終として「石垣島ひとめぼれ」、その前は佐賀県のお米でした。袋の反対側には購入日や数量が記載された同じサイズのラベルが貼られていますから、私の米食の履歴書になるわけです。
最近は少食で、特に5月~9月が猛暑で食欲も無かったので数量的には少なかったです。

店内には十数種類の各地のお米があり、それを選んで玄米から精米してもらって購入します。営業時間は18時までですが、精米時間があるので余裕をみて17時半にはお店に入るようにしたほうがよいです。(月曜日が定休日)
価格帯は1キロ300円台から500円台ですから、懐具合とも相談しながら色々な銘柄を楽しんでいますが、 最近は時間が押している時に入るので、店長さんに今日のお勧めを尋ねて決めてしまうことが多いです。
今年の新米については、「たっぷりセシウムが入ったのをください」 と冗談を言えるのも対面販売のお店ならではでしょうか。

お店にはお米の外にも色々な食品がありますが、産地とか製造元などそれぞれに意味があるので、スタッフさんに尋ねると良いです。
「おむすび」はその日のお米が表示されて具の違う十種類ほど、100円~160円位ですが、チケット3千円を求めておくと、どれも100円で3個単位で買えますのでお得です。
「カフェ」ではランチタイムがあって、2009.05.26 和穀菜汁、美味しいご飯 に写真を載せました、今でもこの味は変りません。今年の5月には3周年記念のイベントもありました。

北海道から沖縄まで、食の安全に関心が高まるなか、私のように生産の事は何も知らない消費だけの者にとって、販売の第一線におられる方を信頼できる事が、なによりの安心だと思っています。

今回の石垣島のお米は初体験なので、これから炊いてみますが、ふと思い付いてブログに残す事にしました。 未だ見ぬ沖縄の香りがするかなぁ・・・
「ひとめぼれ」、良い言葉ですね。私は甲府に来て「ひとめぼれ」が多かったですが、最近は「アクジョノフカナサケ」になってしまったような記事が多くて・・・・

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 東京電力が配... 鹿島建設に打... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。