ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




憲法市民集会 
  2015年6月20日(土)10:30~11:30~12:00
  甲府駅北口よっちゃれ広場・パレードは北口~防災新館前~信玄広場
  主催・山梨弁護士会(詳細情報)

宮川典子(自由民主党)(衆議院比例南関東)FB 06.13平和安全特別委員会委員
中谷真一(自由民主党)(衆議院比例南関東)FB 05.26平和安全特別委員会委員

委員会で裁決される時には、反対票を投じるべきである。賛成はもちろん採決時退席でもいけない、明確に反対意思を示すべきである。これは他人事ではない、全ての国民の文字通りに「懸命」問題である。賛成票を投じる自分自身や身内の子供たちの命も違憲立法に左右されることは理解しているはずだ。

堀内詔子(自由民主党)(衆議院比例南関東)Facebook 2015.06.10
  『安全保障環境が厳しさを増す今日、国民の命と平和な暮らしを守り抜き、日本及び世界の平和と安全をより確かなものにするためには、本法案の成立は急務です。』 (6月9日に党本部から指示されたお題目を唱えているだけでは政治家とは言えないでしょう)
長崎幸太郎(無所属-自民党二階派)(衆議院山梨2区)ブログ

本会議で裁決される時には、反対票を投じるべきである。理由は上に同じ。

九条の会

「九条の会」オフィシャルサイト

九条の会

自分は九条の会の会員では無いのですが、情報は常時確認しています。全国各地で様々な活動が行なわれていますが、山梨県でも 山梨9条の会 があります。


テレビ山梨(UTY)県内ニュース-安全保障関連法案の反対集会 6/20 15:56
現在、国会で審議中の安全保障関連法案に反対する集会が甲府市で開かれ、約1000人が反対の声を上げました。
この集会は県弁護士会が開いたもので、JR甲府駅北口には、約1000人の県民が集まりました。
集会では、弁護士や教諭など11人が壇上にたち、安全保障関連法案は、集団的自衛権の行使を容認するもので、戦闘地域への自衛隊の派遣を可能にし、憲法違反だと反対アピールしました。
このあと参加者全員でシュプレヒコールをあげながら、平和通り沿いなど約1㎞をパレードし、法案への反対を訴えていました。
県弁護士会では、関東地区の12の弁護士会と連携し、8月上旬まで反対活動を続けていく方針です。

NHK甲府放送局-集団的自衛権反対の集会 06月20日 14時10分
日本弁護士連合会の鈴木克昌副会長は、「我が国に対する武力攻撃が無いにもかかわらず集団的自衛権に基づいて他国とともに武力を行使しようとするもので憲法9条の平和主義に反する」と述べました。
主催した県弁護士会の關本喜文会長は、「憲法を作ったのは私たち国民で1人1人が自分の問題として考えてほしい」と話していました。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 【リニア】山... 平和安全法制... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。