ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




共同通信 2017/7/11 00:08 「共謀罪」法施行 277の罪対象、乱用懸念消えず
朝日新聞 2017年7月11日 01時00分 「共謀罪」法が施行 277罪、計画で処罰 監視に懸念

毎日新聞 2017年7月11日 00時36分 共謀罪法施行 対象犯罪277 計画段階で処罰可能
 組織犯罪を計画段階で処罰可能にするため、従来の「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設した改正組織犯罪処罰法は11日午前0時、施行された。対象犯罪は277に及び、犯罪実行後の処罰を原則としてきた日本の刑事法体系は大きく変わる。国会審議で政府・与党はテロ対策の側面を強調したが、民進党など野党は捜査機関による乱用の恐れがあるとなお反発している。
(以下略)
読売新聞 2017年07月11日 00時11分 テロ準備罪法、施行…国際条約締結手続きへ
 テロ等準備罪の新設を柱とする改正組織犯罪処罰法が11日、施行された。これを受け、政府は2000年に署名した国際組織犯罪防止条約の締結に向けた手続きに入る。
(以下略)
産経新聞 2017.7.11 01:40 テロ準備罪法きょう施行、TOC条約締結へ、早ければ8月10日にも発効
 共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法の11日施行を受け、政府は同日中にも、各国が協力して組織犯罪やテロと対峙(たいじ)する国際組織犯罪防止条約(TOC条約)締結の受諾書を国連事務総長に寄託する手続きを取る方向で準備を進めることが10日、関係者への取材で分かった。早ければニューヨーク時間の11日中にも締結できる見通しという。
(中略)
 ただ、テロ等準備罪は構成要件が厳しく、「実務面ではほとんど意味がない」(法務省幹部)との指摘もある。捜査現場で実際に同罪を適用するのは困難とみられている。

テロ等準備罪(共謀罪)の改正法公布、6月21日の官報を確認(2017-06-20, 21)施行日を確認する記事を書いていましたので、7月11日深夜に確認できた新聞記事にリンクしておきます。
時間が無いので官報は未だ読んでいません。
ざっと目を通した中では産経新聞記事で末尾の記述が興味深いので引用しておきました。
やはり「忖度」期待なのです、国民が声を出すことを憚るようになるので、岸信介にならって声なき声を聴いていると称して、やりたい放題でしょう。

にほんブログ村 政治・社会問題 人気ブログ 社会・政治問題 ←このテーマで情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ◎ 北杜市小淵... ◆ 甲府市の城... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。