ICT甲府
爾俸爾禄 民膏民脂 下民易虐 上天難欺




2012年のマスコミ倫理懇談会全国協議会の第56回全国大会は沖縄タイムス主催として那覇で開催されました。
こういう全国規模のイベントはかなり前から予定されているので、オスプレイの沖縄配備と重なったのは偶然、というか、天の配剤と言うべきでしょう。
私は岡留安則さんのブログで知って、昨年書いた記事を思い出しました--2011.10.02 マスコミ倫理懇談会全国協議会で原発報道を議論、この後で何度か検索してみたのですが、ここに記録した以上の詳細は不明でしたので、とっくに忘れていました。

「沖縄で問う 日本の今とメディアの責務」 がメインテーマで、28日が最終日
◇ 2012年9月26日 マスコミ倫理懇始まる 全国から290人参加 全国91社から編集責任者や記者ら290人が参加
◇ 2012年9月27日 安保報道の在り方問う マスコミ倫理懇開幕
◇ 2012年9月28日 「沖縄・大震災 長く伝える」 マスコミ倫理懇
2日目の27日、五つの分科会と全体会議、「沖縄問題、震災・原発事故を息長く伝え続けていくことが求められている」などとの大会申し合わせを採択した。
 「沖縄に依存する日本の安全保障を問う」
 「沖縄問題の実相~本土復帰40年に考えるメディアの役割」
 「東日本大震災~メディアが伝えたこと、伝えられなかったこと」
 「原発報道 ジャーナリズムがめざすべきもの」

上でリンクした沖縄タイムスと琉球新報の記事はリンク切れなく読めると思います。
◇ 時事ドットコム(2012/09/27-18:32) 大手メディア報道に「違和感」=普天間報道で地元紙-マス倫懇全国大会
『地元紙は、在京大手メディアによる米軍普天間飛行場移転問題の報道に対し「拭えない違和感がある」と疑問を投げ掛けた。
 分科会で沖縄タイムスが挙げたのは、「国外、最低でも県外移転」との公約を実現できず批判を浴びた鳩山由紀夫元首相のケース。「一国の首相の足を官僚が引っ張った」とした上で、「『日米同盟を傷つけてはいけない』などとする大手の論調は、官僚目線と同じトーンだった」と指摘した。
 琉球新報も、沖縄に基地を置くことが軍事的優位性につながるとの論理に関し「虚構であることは既に暴露されている。私たちはそれを繰り返し伝えるが、全国メディアはなかなか伝えない」と表明した。
 一方、県内に米軍基地を抱えていないが、2年前から沖縄報道に力を入れる高知新聞は「問われるべきは米海兵隊が駐留する意味、『抑止力』の本質だ。沖縄という地方の問題ではなく、日本の民主主義の成熟度を映しだす鏡ではないか」と、その重要性を強調した。』

大会に参加してこの記事にした時事通信記者の方は、本社の方針に関係なくご自身のスタンスでお書きになったのでしょう。

ブロガーさんの2本を記録しておきます。
2012年09月27日(木) マスコミ倫理を考える全国大会 in 沖縄
『インターネットで検索すると、いろんな新聞社も記事にしている。以下、ランダムに掲載。』 ということで、私は後だしジャンケンのメリットを享受させていただくことにしました。
『地方紙、特色があって面白いです。・・・読んでみると、いつも見ていたテレビや新聞の報道とは違う視点から「世界」が見えてくるのかもしれません。』  全く同感です。
2012年10月02日 マスコミ倫理懇談会
地元の方と思えます、詳しい内容が伝えられています。この記事で、水島朝穂さんも参加されたことを知りました。後日Webサイトの記事になるかも知れません。
このブロガーさんの『普天間ゲート前で沖縄県民の叫びは今、米国に向けてだけではなく日本政府と本土の国民にも向けられている事を忘れないでほしい』 とのメッセージを私もしっかり受け止めます。
--それにつけてもヤマナシはということで山梨情報にしたいところですが、インターネットカテゴリー、

にほんブログ村 ITニュース←ITについて情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« オスプレイ飛... 福島県の県民... »