ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




君よ憤怒の河を渡れ - 参院選で改憲勢力に3分の2をとらせないために - 2016年7月9日 岩垂 弘(いわだれひろし):ジャーナリスト

2010年9月14日の民主党代表選挙以後、菅直人、野田佳彦政権やその間に発生した原発人災への対応、その後の自由民主党安倍晋三政権など、歴史をふり返りながら今次参院選の重要さを考えてきました。
上記の岩垂さんの記事では、野田政権による原発の再稼働に始まり、安倍内閣集団的自衛権行使容認の閣議決定、TPP(環太平洋経済連携協定)承認、公的年金積立金運用損失、参院選での憲法改定争点隠し・・・など簡潔にポイントが説かれています。
マスメディア情報はほとんど無視してきた私の頭の中は自分で確認したソース、データが渦巻いているだけで記事に整理する力はありませんので、岩垂さんの記事はありがたかったです。

歴史を2010年9月14日に戻して考え、自分が書いた 最終演説で日本改造計画を語った小沢一郎さん を読み返しています。私は民主党・・今の民進党をそのまま信用していません。しかし安倍政権には改憲を手中に握らせるべきではない、その一点で野党共闘を支持しているのです。
安倍政権参院2/3が打破できたなら、その後に政界再編成があることを期待はしています。立憲主義・国民主権の日本国再生はそこからです。それが出来ないなら・・・幕末明治維新以後、沖縄県を除き日本列島では無かった事態が生じる・・・昭和15年(1940年)東京五輪と同じく2020年も中止されます。
2020年東京オリンピック・パラリンピック、成功させたいなら今、安倍政権から抜け出しましょう。

投票に行こう!呼び掛けるサイトが多数あるようです。
侮蔑されている主権者が政治を洗濯できるチャンス!
投票率が高くなると用意した偽装票では足りなくなる・・・不正防止効果あり
kurashitoseijicafe (Facebook)
画像は 市居みか さんの Facebook から(選挙管理委員会との質疑応答あり)
洗濯するように選択しよう
日本国憲法
第十五条 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
 ○2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。
 ○3 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。
 ○4 すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

参議院議員通常選挙における地方公務員の服務規律の確保(総務省 平成28-2016年6月1日)
選挙管理機関(総務省)

今回の参院選について書いたブログ記事一覧です。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 【参院選】山... 【参院選】山... »