ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼




甲府市広報9月号で気が付きました。山梨県庁サイトでも、甲府市の新着記事でも、国土交通省甲府河川国道事務所でも特に記事はありません。
環状道路北部区間

過日行なわれた公聴会の報告などは未公開と思えます。北部区間計画は深く静かに潜行しているなら、国民は爆雷を投下して洋上戦に持ち込まなければ全てはアトノマツリとなりそうです。投入される税金は山梨県や甲府市のものだけじゃない、それが公共事業の正体なんだと、私はご当地に来てから初めて気が付いた。だからインターネットの活用が大切で国策ブロードバンドもその為に推進されたのだと。

甲府及び笛吹川都市計画道路(甲府外郭環状道路東区間)の公聴会開催 更新日:2011年8月18日
◆ 平成23年9月13日(火)午後7時00分 甲府市東部市民センター3階大ホール(甲府市和戸町955-1)
◆ 平成23年9月15日(木)午後7時00分 笛吹市スコレーセンター図書館視聴覚ホール(笛吹市石和町広瀬626-1)
意見書の提出期限 平成23年8月29日(月)午後5時15分 ※意見書が提出されない場合は、公聴会の開催を中止します。
ちなみに、関連するページでは、新山梨環状道路東側区間 みなさんからのご意見(平成18年1月)と新山梨環状道路東側区間 みなさんのご意見に対する考え方があります。平成23年3月末に開催された説明会についての報告記事は見つかりません。

山梨県庁サイト、平成23年度の新着情報には該当ニュースは見当たらない、高速道路・地域高規格道路 「現在、情報はありません。」ってどんなWebページの作り方をしてるのか?

2011.03.29 のブログ記事で、「全てをこれまでと同じように進めようとする地方政府に危機感が感じられないのが私には恐ろしい。」と書きました。
世田谷区長の保坂展人さんは、「東北復興」と「原発汚染対策」を一刻も早く(2011年08月30日)と題する記事の中で、次のようにお書きになりました。

2年前の政権交代後の「第一幕」として注目を集めた「八ッ場の建設中止」という打ち上げ花火はどうなったか。これは、不要不急の公共事業を見直して財源を捻出する新しい政治のシンボルとも語られた。夜空を彩る花火が一瞬で散るように、このテーマは語られなくなり、そして「政治の表舞台」から姿を消しつつある。
(中略)
今こそ、東北復興という大公共事業に取り組むべき時だと思う。そして、福島第一原発の事故による放射性物質の汚染対策に着手をするべきである。「増税」の前に、不要不急の公共事業の仕分けをして東北への集中を行い、また税金を湯水のように食い尽くす「核燃料サイクル」で蕩尽されている原子力予算を振り向けるべきだと思う。
野田新総理が新幹事長就任を輿石東民主党参議院議員会長に要請したというニュースが流れた。これからの政治がどちらに向けて動き出すのか、明日もまた注目していきたい。

輿石東さんの幹事長就任は決まりました。社会民主党の保坂さんはおそらく輿石さんにも期待されておられると思えます。 「国民の生活が第一」という政党にこれだけ有為な人材を送り出した山梨県の地域行政にも国民は注目してくれていると思います。まさに最高のトップセールスが始まった。山梨県は桧舞台に上がっているのです、甲府、山梨の自然が好きな県外人としても、そこんとこ、よろしくです。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js" type="text/javascript"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 8月のアクセス... 甲府市立病院... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。