ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




2017年7月20日までの報道によりますと7月19日の開催で地域説明会は終了とのことです。

2017年7月11日の山梨放送ニュースでは、『小瀬の建設地は武道館の東側にある第三駐車場に一部の用地を足して整備する』 のが山梨県庁の考えと報じていました。第三駐車場は毎年正月初めに甲府消防団の出初式が行なわれる場所なので、建設事業が開始されたら出初式は別な場所になるでしょう。2015年には大津町のNEC駐車場で開催されたことがあるので問題ないのだと思います。

ネットで確認した限りでは山梨日日新聞も以下の2件の説明会について7月20日記事にしているようなので、購読なさっている方はご確認ください。
サッカースタジアムは全国版で地域競争も激しいらしいから、私はネットから情報を確認しています。

球技場説明会 周辺住民が小瀬建設を要望(2017/7/20 11:37 山梨放送)
 総合球技場の建設地選定に向けた県の住民説明会が(2017年7月)19日夜、小瀬スポーツ公園周辺の住民を対象に開かれ、住民の代表が小瀬への建設を求める要望書を提出した。
 総合球技場の建設地をめぐっては、候補地に小瀬スポーツ公園周辺と甲府市大津町のリニア駅前が挙がっていて、土地活用のしやすさなどから小瀬が有力となっている。
 この日の説明会で、地元・山城地区の自治会連合会は、リニア駅からのアクセスの良さや工事の進めやすさなどを挙げ、「小瀬が望ましい」と建設を求めた。
 総合球技場の建設地選定に向けた説明会は全て終了し、県は今月中に方針を決定する。
総合球技場の説明会 リニア駅周辺は終了(2017/7/19 12:41 山梨放送)
 総合球技場の建設地をめぐる県の説明会が(2017年7月)18日夜、甲府の大里地区の住民を対象に開かれ、候補地の一つ、リニア駅周辺での説明会は全て終了した。
 総合球技場の建設地選定をめぐっては、土地活用のしやすさから、もう一つの候補地である小瀬スポーツ公園が有力になっている。この日の説明会では、リニア駅前に総合球技場を整備した場合の課題について県の担当者が説明した。これに対し、出席者からはスポーツ関連施設ではなく、別の活性化施設の整備を求める意見などが出た。
 県は19日夜、小瀬周辺の山城地区の住民を対象に説明会を開いた上で、正式に建設地を決定する予定。

地域住民説明会開催の報道に気付いてからですが、この事案に関する山梨県庁の公式ページは未だ確認していないので、時間があるときに読み込んでWebページの街づくりテーマとして整理しておく予定です。
山梨総合球技場計画は全国各地と壮絶な競争下にあるようですが・・・ と書いた 2017年07月06日の記事はその予備作業のようなものでした。

前にもどこかで書きましたが、この事業をリニア新幹線事業と結び付けて計画することだけは止めておくべきです。街づくりの成果を他人任せではまた失敗を繰り返すことになります。リニア新幹線が無ければスタジアムも閑古鳥なのかと言われかねません。
スタジアムの為にはJR甲府駅や身延線最寄り駅との連絡手段が第一でしょう。既にあるものを活かしきるソフトこそが大切ではないかと、私はいつも感じます。

にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 甲信越 ←このテーマで情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 道徳教科書の... 期成同盟会が... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。