ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




リニア情報のブログ で記録しておきました。
9月25日にJR東海が申請した工事実施計画(その2)では多くの情報が確認できます。
国土交通大臣がこの計画認可申請に対してどのような審議を行なうのか、私には判りません。
山梨県に関係する情報も多数ありますが、県議会中継を垣間見たところでは、議員諸氏や県庁さん達が問題をどこまで理解しているのかも分かりませんでした。議事録が出たら確認してみます。

9月20日の記事に書いた、「山梨県笛吹市境川でガイドウェイの製造施設建設及び製造・保管事業」など質疑応答の対象になったのか確認は出来ませんでした。

山梨県では水利・水源問題も騒音問題も法制に則り粛々と進め、問題が生じた時の補償は事業者に任せるだけの県政らしいことは質疑応答でわかりました。
そんな答弁に対して文句も言わない議会議員が山梨県の実相なのかとは思いたくはないけど、地図の上に直線を引いた、法に従った補償は業者がする、そこに住んでいる人は運が悪かった・・・そういうことでしょうか。
他県他都市でも問題山積みのなかで、かくの如き行政・議会の下でリニアで地域活性化など本当に可能なのでしょうか。

他県がどうあろうと山梨だけは違うのだ、地域活性化を目指す県政として住民の安全安心のために必要な事は自前でやるのが山梨ルールだという強い意志を見せて欲しい。

今年度前半の最終日です。後半が少しでも良くなる事を期待したいと思います。

【蛇足】
品川~山梨20分を語るのは正当なのか?
 実験線で行なわれているという試乗者の身体検査の事、空港の場合にそのタイミングはどうなっているのか知りませんが、保安上の理由などからリニア新幹線でも同じような事が必要な場合に、乗客は発車時刻の**分前には駅に到着必須という制約が生じるのではないか。
駅に到着するまでの時間距離は人それぞれで異なるのは当然ですが、 乗車システムが不明確な気がしましたので、県庁さん達がJR東海から乗車時の保安について何か聞いておられるなら情報公開して欲しいです。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←このテーマで情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« (9/28)県議会... (A/02)第1回... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。