ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼、ワタクシ常に「一般人」




知事記者会見(平成24年5月8日火曜日) を見ていたら気付きましたので引用しておきます。

【記者】 先日、不祥事根絶懇談会の提言を受けて、職員行動基準が発表されたのですが、・・・、行動基準を読むと、例えばプロとしてプライドを持って職に就けとか、中には割と当たり前とも思えるようなことや事務的な目標とかが盛り込まれているのですが、・・・。それからいろいろ聞いてみると、人事の交代で引継書をきちんとつくっていない職員もいるのではないかというような話を聞いたりしているのですが、現状、職員に対してどういう意識を持ってもらいたいとか、こういうものを出さないとならなくなったことについて、どう思っていらっしゃるのか伺いたいのですが。

【知事】 (山梨県職員行動基準は)10項目になります。少し多すぎるのではないかという気はしましたけれども、・・・そういうこととか、いろいろ有益な指摘をいただきましたけれども、そんなにドラスティックな指摘ではないのですが、それに即して1つ1つ要約して書いていけば、あの10項目になるということです。
・・・・
それからもう1つは、かつては職員が大勢おりましたから相互のチェック体制というものは割と行われたし、また、上司が部下を時には個人的なことも含めていろいろな相談に乗ったりするというような雰囲気が組織にありましたけれども、今はそれがなくなってきているということでありますから、そういう中で、組織の一体感というものをしっかり持つように努力していくというようなことはやっていかなければならないと思っております。

「発表された」「行動基準を読むと」 と記者が質問し、「あの10項目になるということです」 と知事が答えておられる、お互いに中味を分かっている問答です。
最近はメディア情報をきちんとチェックしていませんので知りませんでしたが、ネット記事では毎日新聞山梨版が残っていました。検索エンジンで調べたのですが、Yahoo!ニュース-20120426-00000151-mailo-l19(多分毎日新聞の配信) は切れていたし、県庁サイトでもヒットしなかったのですが・・・まあ、既に県民の皆さんは県内版紙面で全10項目をお読みになっておられるでしょうから、それで良しとしましょう。
(以下、●印、改行は編者)

県:不祥事根絶へ、職員に行動基準 県議あきれ顔「内容当たり前」 /山梨 毎日新聞 2012年04月26日 地方版
 県職員の不祥事が多発したことを受け、県は10項目の職員行動基準を策定した。基本姿勢などの意識啓発を促しているが、県議らから「わざわざ策定する必要があるのか」との声が上がっている。
 10項目のうち、職員の基本姿勢に4項目を割き、
  ●「プロとしてのプライドを持って職務を遂行します」
  ●「公務員としての高い倫理観を持ち続けます」
などとした。不祥事防止対策にも4項目を振り、
  ●「法令を順守し、県民の模範となるべく行動します」
  ●「不祥事を許さない職場をつくります」
など。残り2項目は、的確な業務遂行に関する内容。
 県人事課は、職員服務規程を改正して行動基準の順守を明記するほか、職場に掲示したり、職場研修の必須テーマとする。  学識経験者や企業経営者ら7人で構成する県不祥事根絶懇談会が昨年9月、横内正明知事に、行動基準策定を求める提言書を提出していた。
 一方、県議の一人は「こんなもので不祥事がなくなるのか。『法令を順守』『不祥事を許さない職場』など当たり前」とあきれ顔。「けじめをつける必要はあるだろうが。それぞれが入庁時の思いを思い出せばいい」と語る県職員もいた。

「こんなもので不祥事がなくなるのか。」 というより、「この程度のものすら基準に定めねば解らないのか」 でしょう。同じことが県議会自身にも言えますよ、例えば視察報告のネット公開はどうなった? とか。ソースを確認できないので報道からだけですが、私テキには、公務員に県民の模範となることを求めるのは真逆の発想でしょう、公僕が主人の模範になるとは悪い冗談ですか? 未だに士農工商時代引きずっていますね。雇い主が期待する通りに仕事をこなす、それが一番肝心なこと。
検索でヒットした中におとなりのページがあったのでリンクしておきます。こちらは「指針」ですから「基準」より縛りは緩やかかな
神奈川県職員行動指針 平成16年4月策定  平成19年10月改正、この20項目のトップが 「1 前例にとらわれず、自ら行動し、新たな課題に挑戦します。」

記者会見を読んで、「山梨県職員行動基準」で検索して、パッとソースが出てくれば、こんな長ったらしい記事にならないけどね、時間も無駄だし・・・

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js" type="text/javascript"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )


« 甲府市の学校... 大気汚染測定... »
 
コメント
 
 
 
このニュース流れてから間もなく1年になります。 (ictkofu)
2013-04-24 15:51:42
このニュース流れてから間もなく1年になります。
新年度が始まり、「山梨県職員行動基準」で検索しても、当時の知事記者会見の記事と、私のこの記事しか出てこないようなので、次は2014年の年度初めに期待して記録しておきます。
 
 
 
下記のご指摘、まったくもって同感です。 (おやじのぼやき)
2013-04-27 23:46:02
下記のご指摘、まったくもって同感です。
勘違いしている公務員というのが正しいのだと思います。
年功序列、終身雇用、評価基準無しという既得権益そのものですね。
某党の40歳定年制導入、課長以上の政治任用等でもしないかぎり税金の無駄遣いは続きます。
さらには再任用などという若者の雇用枠を減らすような制度もまさに既得権益そのものですよね。

「この程度のものすら基準に定めねば解らないのか」 でしょう。同じことが県議会自身にも言えますよ、例えば視察報告のネット公開はどうなった? とか。ソースを確認できないので報道からだけですが、私テキには、公務員に県民の模範となることを求めるのは真逆の発想でしょう、公僕が主人の模範になるとは悪い冗談ですか? 未だに士農工商時代引きずっていますね。雇い主が期待する通りに仕事をこなす、それが一番肝心なこと。
 
 
 
おやじさん、すみません、コメント戴いたのを読み... (ictkofu)
2013-05-16 17:41:38
おやじさん、すみません、コメント戴いたのを読み落としていました。

この行動基準10か条が、山梨県庁ホームページでさっと確認できない状況が1年間放置されている
担当職員が「山梨県職員行動基準」に反している、きちんと誰にもアクセスしやすく公開すべし、とはならないような「基準」なら、お笑いネタの一つに過ぎません。
しかし、おそらく今後も公開される事は無いでしょう、それが俗に言われる「山梨ルール」によると考えればよい。
「山梨県職員行動基準」の上位にある「山梨ルール・山梨憲法」には反していないと理解することです。
山梨を変えるため毒をもって毒を制するという時期がいずれ来るでしょう。橋下徹氏のような猛毒じゃ困るけど(^o^)
 
 
 
2013年7月26日 読売新聞山梨版が、「県、法令順守... (ictkofu)
2013-07-29 04:01:42
2013年7月26日 読売新聞山梨版が、「県、法令順守の手引作成へ」と報じました。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamanashi/
職員の不祥事や不適切な事務処理が相次いでいることから、県は25日、再発防止策をまとめ、発表した。倫理や服務など法令順守に関するハンドブックを近く作成するほか、チェック体制を強化するため引き継ぎマニュアルを改訂し、管理職が部下の仕事の進展状況を管理することを義務付けるなどし、対策を図るという。

事務局の行政改革推進課の古屋金正課長は「不祥事の背景には、職員の法令順守の意識が足りなかったり、きちんと引き継ぎが行われなかったりした上、管理職の指揮監督ができていなかった。対策を徹底し、全庁で再発防止に取り組みたい」としている。
---------------------------------
「山梨県職員行動基準」はどうしたのでしょう。読売新聞さんは武士の情けで突っ込めなかったのかも知れません。
 
 
 
マニュアルがないと何も出来ませんと宣言している... (おやじのぼやき)
2013-07-29 20:21:53
マニュアルがないと何も出来ませんと宣言しているんですよね(笑)
ファストフードのアルバイト(アルバイトの方を卑下するわけではありません)店員さんの方が
笑顔もあってよいかもしれません。高額な給与と退職金、そして年金という既得権益が
まさに山梨県庁ルールでは。
スクラップアンドビルトあるいは全員民間企業実習した方が良いかと。
 
 
 
おやじさん、私も読売新聞記事に気付いた時は絶句... (ictkofu)
2013-07-29 21:37:15
おやじさん、私も読売新聞記事に気付いた時は絶句でした。
不祥事に腹が立つという意味では無いのです。
こんな風潮の社会の中でただ生きているだけの自分自身にこそ腹が立つ、そんな気持ちです。
今回のニュースからは、もはやまともに論じる相手じゃないと感じましたが、これまでこのブログで書いてきたようなことは、記録には残しておかねばならないので続けようとは思っています。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。