ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




山梨高圧線計画 都留市~富士川町まで41キロ(PDFファイル 8,854 KB) という記事が 4月17日作成のPDFファイルで公開されていました。
東京電力パワーグリッド株式会社から住民に資料が示されたものだそうです。
これもリニア新幹線工事説明会の開催通知と同様に行政を経由せずに企業から直接配付されたのでしょうか?

送電線計画
送電線計画

リニア中央新幹線環境影響評価では送電線も変電所についても明確に説明されていないことが気になっていましたが、こんな形で出てくるとは思っていませんでしたので驚きました。
私には事情がわかりませんので、とりあえず情報提供だけにします。 リニア中央新幹線事業というのは魑魅魍魎の世界だと、あらためて感じております。
この際ハッキリ言っときますけど、山梨県内のリニア新幹線関連事業は、アルプス・トンネルが完成する状況を見てから始めるのが良いです。2027年開通など夢のまた夢かも知れない・・・

【追記】
東京電力報 2017/06/16 電柱のない安全で美しい街並みを目指す、無電柱化への取り組み だそうです。
同じサイトの記事ですが、2016年10月12日午後3時30分頃発生した埼玉県新座市野火止付近の洞道火災、これは地下送電線関連の火災でした。私もテレビニュースを見ていた記憶があります。ネットには「埼玉新座市の変電所の場所や火災の原因は?停電を含む現在の状況は?」 と記事がありました。
「当社サービスエリア内の154kV以上のOFケーブル緊急点検」との記述から確認したら「城北線3番」という 275kV(27万5千V)の送電線です。
山梨県でも洞道(地下)設置は可能でしょう。富士山の写真に送電線が映り込まない場所探しは観光客にも迷惑です。美しい街並みは山梨県にも大切です。
山梨県政は東京電力にはダンマリでしょうか、あの計画停電の時のように。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 長野県リニア... リニア変電所... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。