ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




この記事は、 リニア中央新幹線建設における空港との接続に関する質問主意書(衆議院) として「リニア中央新幹線の情報」ブログに移転しました。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 【リニア】山... 「あまりにも... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (kabochadaisuki)
2015-03-20 22:32:48
こんばんは。

当方のブログ記事にも追加記入しましたが、テレビ愛知の番組で【激論!コロシアム、1月17日2015「リニア新幹線」】と題する番組が放送され、YouTubeniアップされています。中京地区だけで放送されたのだと思います。https://www.youtube.com/watch?v=RccTF6rKhx8

「リニア中央新幹線建設における空港との接続に関する質問主意書」を拝見して、このテレビ番組の中で、ゲスト出演者が「リニアは国家プロジェクトとして成田~羽田~名古屋~大阪~関空でつくるべき!」と熱弁を振っていたことを思い出しました。

ゲストというのは自民党の参議院議員と、国土強靭化計画を考案した京大教授ですので、そっくりそのまま、これがそのうち政策の柱になるんだろうなあと思わざるを得ません。

以下、例によってボヤキになります。

この京大教授の方、ペラペラとリニアの必要性や経済効果を宣伝なさっているのですが、どうも言葉に重みが感じられません。そればかりか「国が事業認可したから環境への懸念はない」など、トンチンカンなことを述べておられたりして、果たして国の重要政策を担う人物(内閣官房参与)として適任なんだろうかと、たいへん気になるところであります。

この人は地図を見て、最適と確信する構想を話してるだけのつもりなのかもしれないけれども、その地図に引いた線の下に、多くの人々が生活を送り、動植物が息づいていることなんて、全く見えていないんだろうなあ…と、改めて思い知らされた感じがいたしました。どうすれば一介の研究者が、そこまでの境地に立てるのだろうかと、それも気になるのであります。
 
 
 
リニアは経済問題ではない (ictkofu)
2015-03-21 05:21:03
kabochadaisukiさん、いつも的確な情報と分析をありがとうございます。

3月14日に「激論」YouTubeをご紹介になっておられたので、すぐにダウンロードしてありますが未だ視ている時間が無いです。
189国会の会期中6月24日までに質問答弁があれば確認しておくつもりです。
国会中継は視ている時間は無いので議事録待ちですが。

日本列島改造論以来のハード先行発想が今でも国や地域再生の為に有効なのかどうか、
これまで作り続けてきたハードはどのように役に立ったのか、期待外れならそれは何故か、
国民生活の安全・安定・安心をもたらすソフトから導かれるハードのカタチはどういうものか。
コンサルによる例の経済効果予測が一人歩きしているようなリニアの地域活性化貢献論を皆さんは本気で信じているのだろうか。

そんな視点で4月の山梨県議会、甲府市議会選挙も見ていきたいと思っています。
ご指摘のようなトンチンカンな人は困る、リニアのデメリットを踏まえた上でそれを超えた大きなメリット、それによりデメリットも補償できると主張する人がいるかどうか、選挙を通じて確認してみたい。
補償可能なら実験線でのデメリットはどのように補償されたか、それは行政から確認できるでしょう。それは議員の仕事です。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。