ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




開催日は 2月21日でした、県民健康調査・・・いま福島で起きていること(講演会) (関連情報を確認している時に勘違いしたようで誤情報の掲載をお詫びします)
「甲状腺がん及び疑いは117名に 第18回福島県民健康調査で 2015年2月12日」
福島県甲状腺検査
(画像は2月12日テレビ朝日報道番組からキャプチャー)

日本国自衛隊・国防軍の海外派兵も間近だと思いますが、昭和16年(1941)『1月23日、「産めよ増やせよ」をスローガンとした人口政策を政府閣議で決定。』との事です・・・「歴史年表・昭和16年~昭和18年」、このスローガンを聞いたことがあるので検索したらヒットしたサイト・・昭和ドキドキ 戦争と庶民をキーワードとした昭和歴史年表 &小説、伝記、記録 /「昭和の歴史と小説研究会」編集責任 森本正昭(文芸同人誌関連サイトにリンクされていたりして、自分には未知のジャンルですのでメモだけしておきます)
ニッポンを取り戻した連中がやっていることは、「産めよ増やせよ」とは真逆の政策じゃないかなぁ。彼等の脳内はかなり狂っているのだろう

永遠の0(ゼロ):テレビ東京、第3夜を視聴しました。この番組を知らず、たまたまテレビ東京で第2夜のダイジェスト版を視て、2月15日第3夜を視たのですが、所用で外出して帰宅後でしたから途中からです。
子供の頃、どこかで「雲ながるる果てに」という鶴田浩二主演の映画を見た記憶が甦りました。特攻という言葉をその時に知ったのだと思います。
「永遠の0」も特攻隊の話でしたが、当時と現在を行き来する手法でストーリーが進みました。テレビでは「ゼロ」を斜線付きの「0」斜線付きゼロで表記していてプログラムを手書きしていた頃を思い出し懐かしかったです。原作者、百田尚樹さんの名前はネットで見かける程度で作品は全く知りませんでした。Wikepedia 永遠の0 にリンクしておきます。
日本経済新聞系列のテレビ東京が開局50周年事業の一環で映画化し放映したという意味を考えさせられました。
人の死に方というのは自分の永遠のテーマですが、安倍一族の仕掛けで死ぬことだけは身内の子供たちにはさせまい、それだけは心に秘めています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 塩澤寺厄地蔵... 保養と移住の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。