ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼




2012年2月11日に掲載した記事。こんなコメントを書いていました。
『建国記念日に亡国組織に向けて発信された素晴らしい文書を記録します。
新しい国の建国に向けて気持ちを引き締めていかねばなりません。これを発信した方々に向けても同様な趣旨の意見が一般国民から発信される時代だと思っています。
例えば、ここで東京、埼玉、千葉の方々は八ッ場ダム推進派でしょう。反対派の意見は読んだことが無いのかも知れません。
自由な言論が飛び交う社会でも、それに耳目を閉ざして自分の殻に固執するだけの人が権力を発揮できる座にいることほど困ることはありません。さて、どうしたもんでしょか。』

記事は 2012-02-11 「9都県市から電力値上げへの要望書」(ソースを記録したもので、その後の状況はわかりません)

日本国が紀元2700年を迎えられるかどうか、ハナハダ疑問に感じる今日この頃です。水島朝穂さん2月9日の直言-「テロとの戦い」の陥穽――「暴力の連鎖を超えて」再び
「テロはその根源を除去することによってのみ阻止することができる」、この点を自分も考えてきました。その根源を生み出し続けている人間が「テロを許さない」と言っている、大きな矛盾ですよ。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 「さよなら原... 県民健康調査... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。