ICT甲府
爾俸爾禄 民膏民脂 下民易虐 上天難欺




アベノミクスだけであったはずは無い。日本を取り戻す と謳った意義をまっとうする諸政策の成果は何か。
2012年歳末選挙から2年間、3.11原発人災で失われた福島県は人々の手に取り戻し、県民の方々の「安心社会」になったのだろうか。
マスメディアが何を報じ論じているかは、ナガラテレビしかできないので未確認だが、テレビで流れる話からは、カネの話しか聞こえてこない。
例えば、gooが紹介した読売新聞 2014年12月2日記事、アベノミクス継続問う…衆院選公示 読者が考える争点をミスリードする意図しか感じられない。

2014年12月1日、水島朝穂さんの記事は 総選挙の争点――安倍政権から日本を取り戻す とタイトルされていた。これを拝読したら自分のつたない想いはカバーされていた、マスメディア情報に物足りない方々はお読みいただくと良いと思う。テレビと新聞紙で十分だと洗脳されている人々はネット記事など読まないから関係無い。気の毒な人々だが。

自分が今回の総選挙に対して考えていること・・・
亡国安倍政権をもたらした失政民主党の再任はありえない。
焦点はアベノミクスなどではなくて、特定秘密保護法、集団的自衛権、原発再稼働、沖縄問題だ。
棄権はしないこと、誰がやっても変わりないと政治に諦めているなら、これまでとは違う選択をしてみたらよい。
キャスティング・ボートという言葉を思い出し、日本共産党が国会でそれを握る為に必要な議席数を与えてみる、おそらく政官界は激変するはずだ。
しかし自分にはその議席数を推定する能力は無いので、とにかく当選して欲しいと投票所に出かけるのみ。ちなみに自分は民権右翼、共産主義は嫌い。

山梨県では衆議院議員定数0増5減によって選挙区が3区から2区に再編され、それぞれに3名が立候補されたらしい。彼等がアベノミクス以外の諸問題についても考え方を述べないようなら、そもそも政治家としての素質は無い。そこんとこを有権者はよくよく考えるべきだ。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 年末総選挙、... 【総選挙】自... »
 
コメント
 
 
 
選択ポイント (あきと)
2014-12-03 16:34:10
ご無沙汰してます。
私は「医療制度」に絞って選んでみることにしました。
自民も維新も次世代の党も、市場主義を医療に導入しようとしてますが、一度病気になると破産するアメリカ国民の現状を把握していないのでしょうかね~
それともいろんな圧力から、敢えて見て見ぬフリ?
よって国民皆保険制度を維持すると、キチンと表明しているに投票します(・・・となると・・?)
 
 
 
TPPが未だなのに (ictkofu)
2014-12-04 02:36:16
あきとさん、こちらこそご無沙汰しております。
gooブログに移転して初めてのコメントです、ありがとうございます。

医療制度の問題も指摘されていた環太平洋経済連携協定(TPP)を先取りしたい人々がいるという事でしょうか。
One for All, All for One という考え方を忘れてしまったような、カネの亡者がのさばる国は哀しいです。
彼等から日本を取り戻す選挙にしたいと思っています。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。