ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼




リニア事業のトップランナーである山梨県の方々はリニアモーターカーの技術的な事も深く理解されていると思います。リニア新幹線工事に伴う甲府市中道北小学校移転問題までご関心があるかどうかは知りませんが、一応こちらのブログで掲載しておきます。

2016.07.12 記事 「甲府市中道北小学校移転、この案件の担当は教育委員会事務局だけではない」 で参照した第4回説明会会議録からの引用です。
この前段では住民から磁界の影響について質問があり、東京電力の資料から電線の磁界について説明した後、「皆様が気にされているリニアモーターカーからの磁界であるが・・・」となります。

超電導リニア
超電導リニア

私は超電導リニア(マグレブ )の動作原理のことも不勉強なのですが、この教育委員会事務局回答に書かれている、「ガイドウェイのみでは外界に発生する磁力は発生しない」というのが私のこれまでの学習では理解できないのです。でも、これは甲府市行政が共有しているリニア原理だろうと思いましたので、これをベースに勉強してみます・・・

私が初めて超電導リニアの事を知った時、線路の両側(側壁)には永久磁石が敷き詰められるのかと思ったくらい無知でした。
でも、今回の説明で分かったことはガイドウェイ(側壁)で磁力は発生していない。
 側壁に設置された浮上コイルは車内の超電導磁石の電磁誘導で磁力を発生するので電力供給によるのでは無い、すなわち動いている車両磁石の作用で発生した部分的な磁力に過ぎない事を自分は理解していました。
 車両の超電導磁石は外部からの電力供給は無いはずです、その為の超電導。外部から電力供給が必要なのは車載蓄電池では足りない車内の照明など。
そうすると、実験線で柏崎刈羽原発からの送電線で都留変電所まで届く電力が必要だったのは何故なのか?

甲府市行政の皆さんと同様に原理的なことが理解できれば、いつか自分のリニア中央新幹線情報のWebサイトで記事にまとめられるかもしれません。
環境問題にも土木建設事業にも全く無知な私がリニア新幹線事業での最大の関心は制御(コントロール)システムなのです。デジタルオタクに過ぎない私の哀しいサガ。
ドローン爆撃のコントロールは中東現地ではなく遠い場所から行なわれているのと同様に、パイロットがいないラジコン旅客機に乗客を乗せて飛ばすのがリニア新幹線だと思っていますので、テクニカルな問題をなんとか勉強したいと思っています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )


« 【参院選】明... 都知事選、世... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (kabochadaisuki)
2016-07-14 22:38:53
自分も電磁気学はさっぱり分からないのですが、中学校の理科では、銅線に電気を流すと方位磁針が動く実験をやりましたよ。今、私の座っている机から外を見ると、目の前に電柱があります。方位磁針は狂っています。

http://science.005net.com/yoten/2_jikai.php

この会議録、おそらくは「ガイドウェイのみでは外界【にいる人間や電化製品など】に【影響が】発生する【ような】磁力は発生しない」という意味なんだと思います・・・

JR東海の資料によると、ガイドウェイの内側には浮上用コイル、外側には推進用コイルが並べてあって、推進コイルには電線で電気を供給するようです。推進コイルの磁力と車体電磁石との吸引・反発によって前進し、高速になると、電磁誘導で浮上コイルに電気が流れて磁界が生じ、車体電磁石との反発で車体が浮上…という原理だと理解しています。


なお、柏崎刈羽原発から山梨実験線に送電線が向かっていることで、「リニア=原発」とする方が多いようですけど、それには疑問があります。

こちら東電管内の送電線網です。
http://www.tepco.co.jp/pg/consignment2/power_grid.html

柏崎刈羽から首都圏の人口密集地を避けて南関東の西部(神奈川県西部・山梨・静岡県東半分)に送電線を引くと、必然的に関東山地つまり山梨県東部を通ってしまうので、リニア実験線はたまたまその直下にあっただけだと思います。四半世紀前の送電線敷設時に「実験線で電気を食う」と東電社員が説明したとされていますが、それこそ、ご指摘の会議録のように、適当な相槌だったのではないかと。
 
 
 
案内コイルの磁界について (ictkofu)
2016-07-15 13:50:56
kabochadaisuki さん、
私が参照した会議録は、説明を修正したことも記録されているような丁寧なものです。
その回答(5-4)で磁力の発生は車載磁石であり、ガイドウェイのみでは発生しないと説明していることが気になったのです。
この説明会記録では浮上コイルについての説明とは別に案内コイル(推進コイル)の磁界強度についても説明されたのか、会議録からは見つかりませんでした。

浮上コイルは原理的には12両編成で乗客満席の列車が10センチ浮き上がる磁力、12両編成の列車長の範囲が磁界になり、その磁界は新幹線の速度で移動していくと理解できます。

私が気になったことは、案内コイル磁界の範囲と磁力の大きさです。
リニア新幹線は大きな電力が必要と言われるのは、案内コイルに関係しているのではないかと思っていますが、私は未だそれを勉強していません。※
この点について甲府市教育委員会事務局が明確に説明していないと思えたので、この記事に残しました。

※ 鉄道技研(総研)資料の何処に書かれているか、膨大な資料を確認している時間が無いのです。kabochadaisuki さんの解説記事ようにソース明示はありがたいのです。
 
 
 
原発とリニアと運転制御 (ictkofu)
2016-07-15 14:36:26
反原発の山梨県の方々が東京電力と面会した時に、山梨の実験線でも原発が必要なのですと言われたという話は私もどこかで読んでいます。昔のことで公開された会談記録などは無いかも知れませんので、リニアに関する噂話でよいでしょう。

ご案内の電力系統図からも確認できましたが、東山梨変電所とリニアの具体的な関係を私は未だ知りません、いつか都留のリニア館にでも行けたら展示から確認したいと思います。

エネルギー不滅の法則から考えれば、リニア新幹線時速500キロ走行に必要なエネルギーは電気エネルギー(電力)で供給されているわけです。
そのエネルギーをラジコン・リニアはどのように制御しているのか、私の最大の関心事ですが、学習は未だ先になりそうです。

未だ知らないことばかりで、いずれWebサイトで整理していきたいと思っています。
 
 
 
Unknown (Kabochadaisuki)
2016-07-17 22:59:50
リニアの走行システムについて書かれた本をいくつか見てみましたが、簡易な解説本の中では、鉄道総研が2006年に編集した「ここまで来た!超電導リニアモーターカー」が一番詳しいと思います。山梨県内の大部分の図書館にも置いてあるようです。

推進コイルに電気が流されると、中学校の理科で習う「右ねじの法則」に従い磁界が発生します。それなのに「列車が存在しないところに磁界は生じない」のであれば、会議録での山梨県側担当者が勘違いをしているか、あるいは列車の存在位置にピンポイントで電気を流す仕組みになっているか、そのどちらかになるように思います。

(文字を流している電光掲示板のような感じでコイル毎のスイッチON/OFおよび電流の向きを瞬時に切り替えている?)
 
 
 
制御方法のポイントです (ictkofu)
2016-07-17 23:57:18
資料情報ありがとうございます。

> 会議録での山梨県側担当者が勘違いをしているか、あるいは列車の存在位置にピンポイントで電気を流す仕組みになっているか、そのどちらかになるように思います。

そうなのです、これが私がこの記事をリニア情報ブログではなく、一般ブログの記事にしたポイントなのです。リニア記事など読まない行政の眼にも止まればと思ったから・・

もし推進コイル(案内コイル)の一つ一つ(幅90センチ程ですね)を制御するなら、制御システムは非常に複雑でかつ制御用回線(電線)は膨大な数になるでしょう。
沿線にリニア用変電所が設置される間隔とコイルのサイズから計算してみれば分かる。仮に非常口と同じく5キロ毎に変電所(制御室)があるとして5,000メールの往復分の90センチ幅の案内コイル一つずつに配線する、1万本以上の電線になります。あり得るか?

とにかくリニアに運転士はいない、目視や直感でブレーキかける人はいないのです。
時速500キロのリニアが緊急制動かけて停まれる距離は、遠隔制御システムすら使えないケースで、車上に内蔵された何らかの緊急制動システムで考えねばならない。

もはや工事はとめられない現在、私の最大の関心事が運転制御だと言う意味をここに書きました。いずれWebサイトで整理するつもりです。




 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。