ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




2017年の「やまなし美術館めぐり シールラリー」が開催中と知りました。
開催期間 2017年9月1日(金)~12月24日(日)
やまなし美術館めぐり
やまなし美術館めぐり2017 山梨県内美術館から29館が参加していて、訪問すると戴けるシールが3枚まで画像のような表紙のリーフレットに貼れます。3館から集めて貼ったリーフレットを山梨県立美術館の総合受付に持参すると、素敵な記念品がプレゼントされるとのことです。

集めたシールに県立美術館が含まれていなくても景品交換が可能です。

やまなし美術館めぐり2017
リーフレットには29館の場所がマークされた地図が付いています。 美術館の一覧リストもあり簡単な紹介文と住所、電話番号も書かれています。
やまなし美術館めぐり
甲府市、昇仙峡、湯村、駅周辺、貢川 をご紹介します
⑩ 昇仙峡影絵の森美術館(無休 09:00~17:00) 甲府市高成町1035-2 055-287-2511
1992年世界初の影絵美術館として、景勝地昇仙峡に誕生。影絵の巨匠・藤城清治の影絵を常設展示。影絵特有の鮮やかな色彩や幻想的な世界を楽しめる。
㉔ 湯村の杜 竹中英太郎記念館(火・水 10:00~16:00) 甲府市湯村3-9-1 055-252-5560
江戸川乱歩、横溝正史等の小説に挿絵を描き画壇の寵児となった竹中英太郎の挿絵原画、長男・竹中労著書の表紙絵、映画、レコードジャケットの色彩画、資料等の展示。
⑮ 小さな蔵の美術館(火 10:00~18:00)  1F/アンティークジュエリーコレクション室  2F/版画コレクション室 甲府市丸の内1丁日1-25 甲州夢小路 055-298-6262
1階では、多数のアンティークジュエリーや国産初のティアラも展示。
2階では、草間彌生、ピカソなどの版画作品を年数回に分け展示する企画展を開催。
⑭ 山梨ジュエリーミュージアム(火 10:00~17:30) 甲府市丸の内1-6-1 山梨県防災新館1階やまなしプラザ内 055-223-1570
ジュエリー王国やまなしを築き上げてきた、職人の技や歴史、作品についての展示が見どころの施設。体験プログラムや実演工房など他にはない展示も。
⑬ クリスタル・ミュージアム(無休 9:30~17:30) 甲府市貢川1-1-7 055‐228-7003
天然石の原石や磨き石、また水晶の造形作品など天然石の魅力に触れる事が出来る博物館です。 守護石の無料診断や、手作りアクセサリー体験が人気
⑫ 山梨県立美術館(月 09:00~17:00) 山梨県甲府市貢川1-4-27 055-228-3322
<種をまく人>など約70点のミレー作品を収蔵。「ミレーの美術館」として有名。バルビゾン派の作家の作品もご覧いただけます。

上のリストでは休館の曜日と開館時間帯を記載してみました。各施設のホームページでは利用案内、開館日、入館料、地図などの記載もありますから、訪問なさる時はご確認ください。
このブログ記事は私のホームページで 甲府歳時記 にも掲載しました。29館全て確認してみる予定です、いくつかの美術館にはのんびりと出かけてみたいです。

にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 甲信越 ←このテーマで情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« (9/02)甲府さ... (9/07)「地域... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。