ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼、ワタクシ常に「一般人」




国民の理解が進んだので採決すると語る政権与党政治家がいるようだ。

国民が「理解」したことは「安保法制案には問題が多い」という事だ。最大問題点はこの法案が憲法違反だということ。政権側の反論が論理的では無いことも国民は理解した。
採決すれば法案提出側政党所属議員も現行法案には反対票を投じることになるのが、国民の代理人としての議員のはずなので、法案提出側がなぜ採決を急ぐのか、まさに「理解」に苦しむ。
まさか、早いとこ否決されて肩の荷を下ろしたいということではあるまい。

安保法案 113地方議会が違憲性指摘 「慎重」「反対」300に迫る(東京新聞 2015年7月14日)から画像を引用させていただきます・・・
『第189国会(2015.01.26~09.27)で、衆院事務局に届いた安保政策関連の意見書は、39都道府県の297議会の計326通(7月10日現在)、全国には、東京二十三区を含め1741の市区町村がある。』と東京新聞が報じた数値を記録しておきます。1718市町村+23区=1741です。+47都道府県で1788

東京新聞_地方議会意見概要

山梨県中央市・平成27年中央市議会第2回臨時会(7月14日開催)平成27年第2回臨時会 議事日程(案) (42KB)によると、『意見書第1号 「安全保障関連法案」の今国会における慎重なる審議を求める意見書(案)』の審議

全国都道府県全議会の確認(注※)までは時間が無いので見送りましたが、山梨県議会と県内27市町村議会をすべて確認しました。
安保法案に対する意見書について明確に書かれていたのは、既に記録した甲府市議会と14日に臨時議会を開催して意見書の審議が行なわれた中央市議会だけです。
山梨県議会は安保法制案に意見無く、市町村からは2件しか意見書が出ないということで、山梨県選出議員の判断に影響するのではないかと思っています。

(注※)届いた意見書の一覧リストを衆議院事務局が公開するとよいのです。こんなことまでマスコミに頼らざるを得ないとは u-Japan が泣いているでしょう。安保法案の賛否アンケートも色々マスコミ記事があるようですが、私は趨勢を見ただけで細かく確認していません。マスコミ世論調査をそんなに信用していないからです。

7月15日に衆院平和安全特別委員会の採決が行なわれる、山梨県選出議員の中谷真一委員と宮川典子委員は反対票を投じるのが当然です。それが国政議員としてのあり方です。
どちらかでも賛成票を投じるなら、全国民の半数以上に達する人々とは異なる理解で山梨県有権者の大半が安保法案に賛成しているから、そういう地元後援者の代理人として賛成する事を意味するでしょう。
彼等は国政議員じゃなくて地元しか考えない地方議会議員レベルです。そんな人を国政に送り込んだのが山梨県有権者なのかと評価されるのは当然理解できるでしょう。
そんなレベルでダイジョブなの、山梨県子供たちの未来は?

ちなみに、山梨県選出の赤池誠章議員は俗に言えば「正真正銘の右翼」だと自分は考えています。国破れば山河も無い、だからこそ国防問題に注力することで国民を守るというブレないスタンスを固持しておられると思えます。山梨県内だけでなく全国で彼の支持者がおられるようです。それはそれで良いと思うのです。多彩な思想が自由に議論を交わせる事こそが民主国家日本国でなければならない。彼は全国区の議員として国政に参画されていることでよいのです。
この6月3日に逝去された井尻千男(いじり かずお)さんは昔日本経済新聞におられて多数の記事をお書きになりましたが、私は愛読者でした。
山梨に来て赤池さんが案内された講演会で初めて直接お話を伺い、日経退社後のお仕事を知りました。いささか驚いたのですが、私の中に一つの柱をつくるきっかけを与えて戴いたのが日経時代井尻さんのコラムでしたので、それを懐かしい思い出にしています。ご冥福を心からお祈りいたします。

ネット巡回中に気付いた記事、「集団的自衛権放棄」で逆に「国防力」を増したコスタリカの“逆転の発想”(2015.07.14 文/足立力也)、後日の為にメモしておきます。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 衆議院平和安... 衆議院平和安... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。