ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼




ふるさとが何処であろうと、国民の一人として沖縄の実情を考えるのと同様に、都知事の選択は東京都の横田基地のこれからについても、自分自身の故郷にも関係するのだと、東京から日本を変えるという考え方を発展させてみるのも必要だと思います。
以下、そのわけを・・・

琉球新報のコラム、<金口木舌>「美しい国」とは(2016年7月23日)を読んでいて、東京都の軍事基地である横田基地に想いを馳せました。最後の部分だけ引用します(記事中のリンクは引用者の設定です)。

▼しかし沖縄では、そんな故郷や田舎暮らしが常に軍事に脅かされる。東村高江で起きていることはあまりにも理不尽だ。基地建設のために市民を排除する警察官たちは、自分の仕事に誇りを持てるのだろうか
▼安倍首相はかつて著書で「美しい国へ」と掲げた。福島では原発事故で今も多くの人々が故郷と生業を失ったままだ。沖縄や福島で政府がしていることの先にどんな「美しい国」があるというのか。

私の故郷は下町で生れ山手で育った東京です。流浪の民となって何処にいても東京を忘れることはない、もう選挙権はありませんが、都知事選挙はいつも気になります。 それで前記事を書きました

都議選に関連して都民・有権者が横田基地の今後についてどのように判断しているかは知りません。
山梨県には忍野村に陸上自衛隊の駐屯地があり、北富士演習場は自衛隊と米軍が使用しています。
その北富士演習場にオスプレイが飛来するようになり、私は、「北富士演習場でのオスプレイ訓練」を記録しながら、横田基地関係の情報も確認するようになりました。
選挙運動も残り1週間、7月31日(日)に投開票ですが、私は仕事に追われているので都議選状況はフォローしていません。そんなときに琉球新報記事を読んだのでブログに残すことにしました。

私にとって「東京」とは子ども時代から馴染んだ都心部など特定の場所でしかなく、「東京都」と言う時に伊豆七島から奥多摩まで含めた行政区域としてイメージするのです。
大多数の「都民」にとって故郷は東京都ではなく、祖父母や両親、ご自身が生まれ育った地方になるかも知れません、何故そう思うのか、私が東京にいた頃には8月の月遅れお盆時期、民族大移動により都内の道路渋滞は解消したからなのです。私は毎年この時期が楽しみだったことを思い出します。

8月のお盆でふるさとに帰られた時、シャッター通りが増えていることが哀しいなら、それは都民・有権者としての責任は無いか考えると良いでしょう。アベ政治、アベノミクスとやらでは都民の故郷が昔の繁栄を取り戻すことは無い。そしてアベ改憲後には貴方の故郷出身の軍人達が靖國神社に帰ってくる。だから、東京からふるさとを変えよう、と・・・

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 都知事選、世... 子宮頸がん予... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。