ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




<速報> 7/23関東地方小委員会でBルートを了承(2014.07.24 中部横断道 八ヶ岳南麓 新ルート沿線住民の会) として委員会傍聴報告があります。委員としての資質が問われるような審議の中味だったらしい。
7月24日には 『審議は北杜市にインターネット中継された』という報道記事がでていました。
ネット中継と言っても議会中継などとは異なり、北杜市施設に固定されたIPアドレスからだけアクセスできる方法が使われたのでしょう。だから国土交通省の広報ページにも中継ページのアドレスは記載できなかったのだと分かりました。これがユビキタス・ジャパンを標榜する日本国行政の本性でしょう。秘密保護法を欲しがるわけだ。【2014.07.25 追記】

◇ 国土交通省関東地方整備局-社会資本整備審議会-道路分科会-関東地方小委員会 2014年7月23日の議事録は後日このページで掲載されるでしょう
社会資本整備審議会 道路分科会 関東地方小委員会開催結果(平成26年度) -- 平成26年度第2回議事概要(PDFファイル 127 KB)(このPDFファイル作成日は 2014.10.06、議事録ファイル 256 KB 作成日は 2015.11.30 でダウンロードしました)


社会資本整備審議会 道路分科会 関東地方小委員会(平成26年度第2回)の開催について
 議事(予定):計画段階評価について 中部横断自動車道(長坂~八千穂)
 開催日時:平成26年7月23日(水) 19時30分~21時00分(予定)
 ※一般の方で傍聴を希望される方は、九段第3合同庁舎及び、北杜市須玉ふれあい館ホールで傍聴が可能です。

この事案の経緯については、国土交通大臣中原政務官へ抗議文を提出しました。(2014年7月14日) に詳しいです、私もこの問題はどこかで読みました・・・官僚がおいしいことを言ったらそれに乗ってしまう地域行政というのも奇妙なものです。中心市街地活性化事業やリニアも、その繰り返しで進んできたのだろうと思います。

『もしこの報道が事実であるならば、大変なことです。中部横断自動車道のルートは社会資本整備審議会道路分科会関東地方小委員会の審議を受けて決定する仕組みになっており、国交省もそのように明言しています。その審議がいまだなされないうちに、国交省の政務官という重責にある人が上記の発言をしたとすれば、・・・・』(以下、記事を参照してください)

東京九段での会議中継を北杜市の此処だけで視聴できるというのは、どういうシステムを使うのか、それにも興味津々ですが。
そういう公開が可能ならネットで全国発信すれば良い。八ッ場ダム関連とか、福一関連とか、応用できる会議は各省庁に多数あるだろう。
手元を探してみたらNHK山梨のニュース記事をメモしていたので下に記録しておきます。7月7日の報道で事実を伝えているだけの記事。リンクは切れている。

山梨県の横内知事は、長野県の阿部知事や関係する市町村長などおよそ10人で、国土交通省の中原八一政務官を訪ねました。
中部横断自動車道は静岡、山梨、長野を結ぶ全長132キロの高速道路で、このうち北杜市と長野県佐久穂町を結ぶ34キロの区間の建設が計画されています。
この区間を巡っては、国のワーキンググループが去年6月、八ヶ岳南麓を通るルート案を示しましたが、一部の住民から景観や自然環境に悪影響が出るおそれがあるなどと反対意見が出されています。
横内知事らは、▽ワーキンググループが示したルート案に決定することや、▽決定後は、環境影響評価を行い速やかに整備計画区間に格上げすることなどを要望しました。
これに対し、中原政務官は、「ワーキンググループが示したルート案でまとめる環境が整ってきている」として今月中に、国土交通省の地方小委員会を開いて八ヶ岳南麓を通るルート案でとりまとめる考えを示しました。
横内知事は、「ルート決定が大きく前進したと受け止めている。反対する住民にもていねいに説明したい」と話していました。

2014.07.10 山梨中部横断道、Bルートの決定、北杜市のリスク大きい は関連記事です。この時に知事たちと国土交通省官僚との話についても知ったのでした。それでこういう議論・議事録しか残せない人々が進める事業の実相をしっかり見ておく意味で記録に残したのです。歴史を刻んでいる自覚、無自覚。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




リンク集に置いた 「ストップ秘密保護法」 サイトで紹介されていました、国連人権委員会で「秘密保護法」取りあげる 、2014年7月18日付け 記事は海渡雄一さん(弁護士 日弁連自由権規約WG座長)
国連自由権規約委員会 第6回日本政府報告書審査を終えて 寄稿:海渡雄一 2014年7月18日、これがソース記事と思います、読みやすい。サイトはNPJ-News for the People in Japan 梓澤和幸さんが代表理事
この報告記事は国連自由権規約委員会で日本に関する審議内容の詳細ですが、「第3 秘密保護法について厳しい質問」 が特定秘密保護法についての審議内容です。その中には委員の質問に対する 「日本政府代表団(内閣府)による回答」 も記録されています。

このやりとりを受け、委員会の最後のロドリー議長による質問の中でも、「特定秘密保護法について、懸念が表明されている。この法律はどのように既存の法律を変えるのか。いま、なぜ、このような法律が必要となったのか説明して欲しい。」という根本的な立法事実の有無に関する鋭い質問がなされた。
 この点については、日本政府は審査終了後48時間以内に書面で回答することができる。
 このように、日本の市民社会が共同で取り組んだ秘密保護法を国際人権法の視座から検討してもらうというミッションは成功したようである。どのような具体的な勧告がなされるかを見守りたい。

◇ 外務省-国際人権規約 平成26年6月25日(更新日)
新着記事-自由権規約委員会委員選挙投票結果 平成26年6月25日、『本25日(現地時間24日),ニューヨークの国連本部で開催された第34回自由権規約締約国会合において,自由権規約委員会委員選挙が行われ,我が国より再選を目指して立候補していた岩沢雄司(いわさわ・ゆうじ)東京大学教授(現委員)が当選を果たしました。』

2014年6月18日開催の日弁連集会案内、既に終了ですが、院内学習会「国連自由権規約委員会による第6回日本政府報告書審査」 『本年7月7日から25日にかけて実施される国連自由権規約委員会第111会期において、市民的及び政治的権利に関する国際規約(自由権規約)に基づく第6回日本政府報告書審査が行われます。そして、本審査に向けて、日弁連をはじめとする多くの人権団体が同委員会に対しレポートを提出するなどの活動を行っています。』
「日本の市民社会が共同で取り組んだ」 と海渡雄一さんもお書きになりましたが、そのNGOsについて分かる範囲で確認していきたいと思います・・・

◇ 日弁連のページ、自由権規約 報告書審査 で、「第6回政府報告書審査」 の経過資料がアップロードされています。特定秘密保護法に触れているのは、「政府報告書に関する日弁連報告書(2014年3月)」 です。

ジュネーブ 国連自由権規約委員会審査報告(14/7/16)、これは「秘密保全法に反対する 愛知の会」サイトに掲載されていて、ジュネーブで委員会を傍聴し、委員に働きかけを行った、秘密保全法に反対する愛知の会 アドバイザーの藤田早苗さんからの報告
情報公開請求して政府から取り寄せたら黒塗りだった資料画像とか、国連委員会について報じるメディア記事へのリンクなど関連情報も豊富です。

【ジュネーブ発】国連自由権規約委員会による日本審査速報 2014年07月17日 反差別国際運動(IMADR)

・・・・ということで、この国連委員会への日本政府代表団だったという・・・・
内閣府
首相官邸、念の為に追加
上記国民からの発信情報に関連する記事はすぐに見つかるだろうと、公務員以上に愛国者である私は信じております。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )