ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼




先日、Pharrell Williams - HAPPY (Fukushima, Japan) の公開を知って視聴したのですが、たまたま、HAPPY FUKUSHIMAの舞台裏: 院長の独り言 2014年06月14日 に気付いて読んでみたところ、次のようなコメントも投稿されていたので記録しておきます。
「院長の独り言」ブログに気付いたのは、2014年06月17日 政府につぶされた正確な放射能モニタリングポストを設置したアルファ通信 が掲載されていたからなのですが、この件は以前からのテーマで、私としてはこの記事には異論がありますが、モニタリングポストの本質的な点(※) では考えることがあるので時間があれば別記事にします。


で、何故この作品には特別な魅力があふれているのか考えてみました。

まず映像センスがいい。普通、映画は脚本ありきで撮影、編集しますが、このようなイメージ的な作品には多分脚本はないでしょう。あるのは使用する曲と素材の映像のみ。それをここまで魅力的にくみ上げるスキルは並大抵ではないと思います。確かに映像制作のプロであるのは間違いないでしょう。そして優秀なスキルを持ち合わせている。編集センスがズバ抜けてよいです。

ただ、センスがよいだけでこれだけの作品を作ることができるかというとちょっと違うでしょう。このようなクリエイティブな作業はマニュアルどおりでは行えません。発想・想像力との戦いなんです。で、その作業の根本にあるのは志なんですね。

ご存知のようにこの作品はおいしんぼという稀に見る極悪な作品のデマに対するメッセージとして制作されました。根本に信念があるのです。福島は大丈夫というメッセージを発信するんだ!という強い信念。そのメッセージを世界に発信したいという強い思い。この福島を思う強い気持ちに嘘偽りがない分、その信念が、精神力が奇跡的に映像スキルに結実した。元々持っていたであろう技術力に、信念がより磨きをかけた。クリエイティブな作業とはそういうものです。仲間内でごちゃごちゃ言って悦に入ってるだけじゃ仕方ない。全くの部外者を感動させなければ意味がないのですから。

この作品は本当に素晴らしい、と思います。見てて胸にこみ上げるものがある。それは悪質なデマを悪意によってばら撒かれて、でもそんな悪意には何らへこたれない強い信念を感じるんです。外野の勝手な悪意なんてへっちゃらだよ!という純真で無垢な心。そのあまりにも無防備だけど誰にも媚びない、自分の足でしっかりと大地に立つ宣言の表明。私たちは周りの悪意になんて流されないで、この福島に住むんだ!。この叫びが映像に込められている。だからその気高い心に誰もが感銘を受ける。

反原発家以外はね。

確かにディスカウントジャパンという目標を考えればこのような映像は邪魔なだけでしょう。でも、今はネットがあるんです。情報の統制なんて不可能です。人は感情で動きます。感動すればその感動を伝えようとする。その衝動を止めることは誰にも出来ません。この映像の拡散と同じように。

もうすぐ30万Vに届きます。1日当たり1万Vの増加です。多分、この勢いは当分収まらないでしょう。それだけの魅力が作品にあるということですから。

これは善意と悪意の戦いです。おいしんぼは悪意でデマを拡散した。でもこの作品は善意でデマを駆逐しようとしてるんです。ものすごく解りやすい構図ですよね。さてどちらに勝利に女神が微笑むのか。私は勝負の行方を遠くからのんびり眺めている事にします。

(コメント Posted by あああ at 2014年06月16日 18:46)

当該ブロガーさんにも「 あああ」さんにも引用のご連絡はしていません。読者が限られているかもしれないネット情報について、色々な立場の多くの方々が読み考えることで、問題点の透明化が図られ、合意形成から解決への道が見つかるものだと私は信じていたい。
当該ブロガーさんから削除要求があれぱ枠内コメントは削除します。

2014.06.17 21:45 にページビューは 310,382 でした。以下は 「HAPPY FUKUSHIM 福島だってハッピー!」 YouTubeページから引用・・・・

Fukushima is also happy !!
Many people might think that Fukushima has been unhappy after 311. But it's not true.
With this video I want you to know that we are also happy and healthy just like you. Please enjoy our dance and share our happiness !
Many thanks to Pharell for this great song.
I love the comment bellow by Mark Barrie via Guy Kawasaki.
"Awesome. What a reminder that happiness is a choice not a situation.?"
Facebook https://www.facebook.com/VideoCreatorsFukushima

福島だってハッピー!
福島市長やJR福島駅長も参加、HAPPY福島版です。
面白かったら、ぜひFacebookやTwitterでシェアをお願いします!

出演者やロケ地の情報はこちら。http://kumasakahitomi.com/archives/3189.html
<Happy福島版制作スタッフ>
撮影・コーディネート:佐藤正幸、田原直人、二階堂直人、鈴木裕人(動画研究会@Fukushima)
撮影協力:菅野明(フォトスタジオライト)、鈴木晋平
エディター:新井雄仁
プランナー:佐藤健太(ふくしま新文化創造委員会)
熊坂仁美

HARRY MAGLEV とでも題して リニア中央新幹線もハッピーと謳い上げる、このシリーズの動画ができると良いかも知れません。
幸せとは自分が置かれた状況によって感じるものではなく、自分が選択したことでそれを幸せと感じるものだ。逆に言えば不幸とは自らの選択が招くものなのだと・・・。(あの時にこうしていたら・・・という様々な想いを全て断ち切って、今の私がここにある。)

B-1グランプリin郡山 が 2014年10月18日~19日開催されます。全国から約60団体が参加するとのこと。 山梨県甲府市からも、「みなさまの縁をとりもつ隊」 が参加されると思います。山梨県産の食材で・・・などのアピールは無用として、ひたすら味の勝負でいくべきでしょう、そういう情勢です。

郡山市産業観光部観光課B-1グランプリ推進本部記事
浪江町 B-1グランプリ in 郡山~東北・福島応援大会~ ご寄付のお願い! 今大会は、「東北・福島応援特別大会」と位置付け、浪江町と郡山市が連携し、震災の風化防止と風評払拭を図るとともに、福島県の魅力も全国に発信します。 浪江町からのメッセージですから、「震災と原発人災の風化防止」というスタンスでしょう

2014.05.12 「美味しんぼ」の鼻血描写、なぜ今頃騒ぐのか(上掲引用に関連した私の記事)

いつも書くように私は放射線量測定の具体的な事を何も知りません。モニタリングポストの場所に人間が直立したときに、モニタリングポストが示す空間線量が人体が受ける線量なのか、個人線量計と空間線量計、その示す値は何がどのように異なるのか・・・そんな初心者の疑問が戻ってきてしまったのです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )