ICT甲府
爾俸爾禄 民膏民脂 下民易虐 上天難欺




先日、2月8日の大雪は除雪しようにも捨てる場所が無いので大半はそのままにしていましたが、またまた徹夜明けで14日は夕方近くに起き出して外を見たら仰天しました。
残雪の上に積み上がった雪を見ながら、原発人災被災地に降りそそぐ放射性物資をこの雪のように視認できたら、おそらく同じような光景になるだろうと溜息です。たとえ除雪しても捨てる場所が無いうちに、またも降り積もる・・・

大自然に自らの意思による行動があるなどとは、現代科学では否定されるものだと思いますが、富士山文化遺産でもわかるように自然物に宿る神のようなものを日本民族は感じて大切にしてきたのではないかと思います。
この事については昔から関心はあるのですが、自ら学ぶプロセスには至らずに長い年月が経ちました。

天の意思は環境汚染というものを、積み上がる雪の形で示した、それがこの大雪なのかも知れません。リニア中央新幹線推進の最先端を行く山梨に珍しい大雪とは、いかにも・・・

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )