ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




東京都  | 東京都選挙管理委員会 | H26東京都知事選挙投開票速報

舛添要一_東京都選挙公報抜粋

2014年2月9日、平成26年 東京都知事選挙 投票結果(20時 00分) 投票率 46.15%、当日有権者数 10,685,343 人、投票者数 4,931,069 人 (前回投票率 62.60%) | 開票結果(平成26年2月10日 1時 15分 確定)
舛添要一 2,112,979、宇都宮健児 982,594、細川護熙 956,063、田母神俊雄 610,865 (以下略)

東京新聞より

東京新聞  東京都知事選2014 特集
時事通信 時事ドットコム
共同通信 47ニュース
舛添要一の公式サイト | 舛添要一公式ブログ

単なる記録です。今後の舛添さんの施策に注意していくソースです。
今回も小泉純一郎さんの戦術にしてやられたと思います。自民党をぶっ壊すと期待した私は愚かでしたが、脱原発をぶっ壊すのは成功されたようです。垂直方向の「ねじれ」などあってはならない、それが自民党の本心。
もっともメディアの調査では有権者に脱原発を争点とする意識は低かったという記事も見かけました。先に記事に残したテレビ朝日の番組でも「景気・雇用」のテーマから始まったのは、そういう風が吹いていたのかも知れません。
そこに宇都宮健児さんを日本共産党と社会民主党が単なる支持表明にとどまらず公式に推薦したことが、どういう意味をもっていたか、そのあたり私は疑問を感じました。
私は共産党や社民党の批判者としてのスタンスは敬服していますが、経済・社会の政策を立案し実行していく主導権をゆだねるには適さないという考え方を持っています。

東京電力大株主としての都知事から新潟県知事に対して柏崎刈羽原発再稼働について、どのようなメッセージが出るか、それとも何も出ないか、まずはその辺にも注意していくつもりです。

東京オリンピックに向けて、リニア中央新幹線の品川~山梨の先行開業を推進するかもしれない舛添さんですから、相模原や山梨の方々も都知事の動静には注意していくことが必要です。東京都のリニア公聴会は2月25日、知事意見の期限は3月25日、ですから知事意見書原稿は既に東京都環境局が作成済みで、舛添さんはハンコを押すだけでしょう。

前記事で書いたように、取り巻く人々により舛添都知事が特定秘密保護法をどのように活用するか、させられるか、そこんとこに問題が出て来ることは想定内になります。東京オリンピックのテロ対策とか口実は幾らでもある・・・・

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )