ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




東京新聞 2014年1月30日 07時00分
『NHKラジオ第一放送で三十日朝に放送する番組で、中北徹東洋大教授(62)が「経済学の視点からリスクをゼロにできるのは原発を止めること」などとコメントする予定だったことにNHK側が難色を示し、中北教授が出演を拒否したことが二十九日、分かった。NHK側は中北教授に「東京都知事選の最中は、原発問題はやめてほしい」と求めたという。』
続きは東京新聞サイト本文で。(引用部の下線は編者)

「東京都知事選の最中は、原発問題はやめてほしい」と求めたのが、単に担当ディレクターの個人的な話だったと考えることはできます。
東京新聞は 『NHKの籾井(もみい)勝人新会長は就任会見で「国際放送で日本政府の意向を伝える」としている。原発再稼働を強く打ち出している安倍政権の意向を忖度し、中北教授のコメントは不適切だと判断したとも推測できる。』と書いています。推測です。ディレクター個人の視聴者目線では無い上向き目線を批判しているなら正当でしょう。
今回の問題について、籾井氏の見方を明確に示すことでNHKの名誉は守られるでしょう。単にNHK広報局だけで答えが出せる事案では無い、答えなければ揣摩臆測がNHKをどんどん貶めることになる、・・・と塩を送っておきます。「花子とアン」が甲府活性化の一助となりますように・・・

「***の意向を忖度して」・・・組織としての決定・指示が明確に開示されていないのに、組織の最前線では***の意向を自己保身の立場から解釈されることで、物事が本来あるべきと考えられる方向とズレて進んでいく、そういう例は多いような気がしています。
もっとも、「本来あるべきと考えられる方向」についての考え方が根本的に違えば、誰が何を言おうと施策の方向を変えることはできない。彼らとしては自分達のやっていることが本来あるべき方向だと信じている、信じているフリをせねば組織からはじかれる、それも現実でしょう。
3.11以来、そういう事例を沢山感じてきました、当初は怒りを感じても次には最前線の人々に同情心もわきました。先ず生きていくためには組織からはじき出されないようにする、それだけを目的にして群れていると弱くなるのも仕方ないと思っています。
自分自身を信じられる生き方をしたい、そのような世の中に変えたいと思うなら、アタマを取替える時にしっかり考えるのが遠回りのようで近道だと考えるようになりました。都知事選の結果に注目しています。


<ビジネス展望> 「原発再稼働のコストと事故リスク」(案) 2014.1.30 東洋大学経済学研究科 中北 徹『いったいそれはどのような内容っだったのか。WEBRONZAはその原稿案を紹介する。一連の報道を受け、中北教授に依頼し、提供を受けた。以下がその全文だ。』 というページが見つかりましたのでリンクだけしておきます。(2014.1.31 追記)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )