ICT甲府
爾俸爾禄 民膏民脂 下民易虐 上天難欺




「特定秘密法」案を斬る!シンポジウム

日時 2013年11月30日(土) 14:00~16:30
会場 甲府市総合市民会館 2階研修室
発言者
 東条正人さん(山梨県弁護士会会長)
 椎名慎太郎さん(山梨学院大名誉教授・行政法)
 秋山紀勝さん(元朝日新聞記者・日本ペンクラブ会員)
主催 核問題を考える4人懇談会
入場自由 無料 ちょっと資料代

この法律が制定されると、誰が得をして、誰が損するか考えてみると、問題は分かり易い。自分も子供達も孫たちも絶対に損する側にはならないと思ったら賛成すればいいのです。
ざっと見て来た地方紙の社説でリンクが活きているものをリストしておきます。その地方紙購読地域の人々が社説まで読んでいるかどうかは知りませんが、私はネットで読めた、そこんとこが大事だと思っています。
まあ、それもこの法律が成立したらどうなるか分かりません・・・どんな情報であれ、ネットを使えても意味無しという時代の足音が聞こえますが・・・ ***leaks of Japan というタイトルのサイトが世界的に増えたことを警戒した行政は LGWAN から離れて紙と鉛筆とコピー機、郵便の時代に戻る?
全ての通信事業者、プロバイダーなどは「身体検査」を通過した者しか採用できなくなる?

【秘密保護法案】真実究明に大きな懸念(2013年10月14日 福島民報)
秘密保護法案 修正でも懸念は消えない(2013/10/19 新潟日報)
社説:特定秘密保護法案 「知る権利」堅持が前提(さきがけ 2013/10/19)
修正でも変わらぬ危険性/秘密保護法案提出へ(2013年10月21日 東奥日報)
特定秘密保護法(2013年10月26日 神奈川新聞)
社説 秘密保護法案/修正後も疑念は変わらない(河北新報 2013年11月02日)
秘密保護法案 早くも欠陥を露呈した(2013年11月6日 北海道新聞)
秘密保護法案 矢継ぎ早の展開を危ぶむ(2013年11月08日 西日本新聞)
法案素通りさせぬ議論を/秘密保護審議入り(2013年11月8日 東奥日報)

秘密保護法 国会審議入り 国民の疑念受け止めよ(2013年11月08日 信濃毎日新聞)
法案をめぐっては、その概要について政府が9月上旬、一般から意見を募るパブリックコメントを実施した。寄せられた約9万件のうち77%が「反対」だった。  反対の理由は「国民の知る権利や報道の自由が侵害される」「現行法令で十分」「特定秘密の範囲が広範かつ不明確で、指定が恣意的になされる」などだった。  本来ならこの段階で法案提出を見送るべきだった。そうでなければ意見募集をした意味がない。ところが、公明党の要請を受け入れる形で、知る権利や報道の自由に配慮するという努力規定などを足しただけで提出した。

秘密保護法案  将来に禍根残す、廃案にせよ(京都新聞 2013年11月09日)
秘密保護法案審議 危険性を暗い過去に学べ(徳島新聞 2013年11月9日)
[特定秘密保護法案]あらためて強く反対する(高知新聞 2013年11月09日)
特定秘密保護法案 監視・検証の仕組みが不可欠(佐賀新聞 2013年11月09日)
秘密保護法案 根幹にかかわる疑問がある(熊本日日新聞 2013年11月09日)
[秘密法審議入り] 国民の疑念を払拭せよ(南日本新聞 2013年11/9)
秘密法審議入り 不公正を隠蔽する悪法だ(琉球新報 2013年11月9日)
[秘密保護法案と沖縄]危険な悪法 廃案にせよ(沖縄タイムス 2013年11月9日)

信濃毎日新聞の社説だけを引用したのは、パブコメの有り様がよ~くわかるように書かれているからです。
リニアを批判する住民意見は無駄でしょう。意見書を出す地域の首長次第ということもあると思います。それを選んだのは地域民です。
次の統一地方選、その時が地域運命の分かれ目。それが過ぎるまではリニアの工事着工を延ばす方策に注力するのが良い。
幸か不幸か、山梨県明野産業廃棄物最終処分場問題がリニア沿線地域への教訓としてネットで流れています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )