ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




2013年10月13日、まちかどの近代建築写真展IV 想い出の学び舎に出かけてきました。
ほんとに久しぶりに北口広場に入ったのですが、藤村記念館を西側から撮れる位置に気付いたので一枚残しました。よっちゃばれ広場にテントが張られていて、14日に開催される 舞鶴フェス の準備と思えます。

甲府市藤村記念館 よっちゃばれ広場

まちかどの近代建築写真展IV 想い出の学び舎は、甲府市藤村記念館での開催が終ると、翌日 10月15日(火)から19日(土)までは、甲府市役所の1階ロビーで展示されます。

東京都・復興小学校編

出展リストを戴きましたが、北海道から沖縄まで網羅して全部で308点の作品が展示されていました。どれも素敵な写真で、そんな写真を写真で紹介するのも変ですから今回は止めますが、東京編には東大の安田講堂など私にも馴染みのある風景が懐かしかったです。
復興小学校というのは、関東大震災後に復興事業の一環として建築された一連の小学校の総称だそうです。
大正12(1923)年の関東大震災で東京市(当時)の市立小学校195校のうち無傷で残ったのはたった2校。東京市は不燃化構造とするために鉄筋コンクリート建築を採用し、全部で117校を復興小学校として建築。時期は大正13年から昭和10(1935)年にかけての時期で、多くは昭和3年頃までに完成しているそうです。

いつもながら時間が無くて駆け足見学ですから、ついでがあれば甲府市役所の展示でゆっくり拝見したいと思っています。田舎の景色の中にたたずむ小学校の写真などを見ると、私の母が通った学校もこんなだったのかなと・・・やはり季節はもう秋ですねぇ

会期 : 2013年9月21日(土)~10月14日(月・祝) 休館日:月曜(9月23日は開館、24日休館)
会場 : 甲府市藤村記念館(甲府駅北口・よっちゃばれ広場)
主催 : NPO法人甲府駅北口まちづくり委員会、甲府市教育委員会
入場無料
全国各地に残る、明治・大正・昭和初期の学校建築写真約300点を展示
NPOの広報ページ
近代建築探訪メーリングリスト有志による「まちかどの近代建築写真展」について(近代建築メーリングリストの記事です)

まちかどの近代建築写真展
 
にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )