ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼




しばらくぶりにみどり・山梨のサイトを開いてみたら、いくつか更新がありました。
大きな変化は、団体名を 「緑の党・山梨」 と改名されたことです。
『2013年6月22日 「みどり・山梨」は、2004年以来環境政党を作るために力を尽くしてまいりまいりましたが、この度日本に「緑の党」が誕生し、今夏の参議院選挙に候補者を立てて選挙を行う予定であることに鑑みて、団体名を「緑の党・山梨」に変更することになりました。』

緑の党 Greens Japan はその中のページ 緑の党について によると 2012年7月28日 結成総会・ 国際組織 Global Greens に加盟 となっています。・・・前身団体「みどりの未来」
緑の党 地域窓口一覧 を見るとそれぞれ関係者の連絡先が記されていますが、山梨県は 「緑の党・山梨」(旧 みどり・山梨)のメンバーの方々かと思います。

緑の党 応援メッセージには世間知らずな私でも名前を知っている方々が多数メッセージを寄せていますが、中沢新一さんのメッセージは興味深く読みました。ちょっとだけ引用させていただきます・・・・
『国の行っている政策に対する批判勢力が赤い意識、赤い党として19世紀から20世紀に出現した。その赤い勢力が緑の党に変わっていっている。赤が内部から変色を起こしたり、あるいは解体して緑に変わっていくという時代に突入し始めている。世界的な大きな流れです。 その背景として地球上の人類の産業のシステムが大きく変化している、まさにその必然的な流れの中から、緑に変わらなければという時代に入っています。日本人はこのことを去年の「3・11」以後、痛いほど知りました。そして、自分たちにいったい何が本質的に危機をもたらしているのかというのを、深いレベルで認識するようになりました。』

・・・ということで、前置きはこれくらいにして本題です。
みどり・山梨 活動レポート にある 広瀬隆さん講演会「リニアと原発」を開催」 の記録記事ですが、私は参加できなかったので目を通しました。そして驚いたのです。
『講演後、質疑応答に入り、次代のエネルギー、原発を推進する闇の勢力、民意を反映しない政治など多岐に及んだが、聴衆の中に県庁職員の方がおり、リニアについて、問題を論じることがタブー言うよりも、多くの職員はそもそも問題があることに気付いていないし、気付こうともしないという指摘があった。』

この山梨県庁職員の方のご意見だけで全てを判断することができないのは分かっています。しかし、特に3.11以後、私が山梨県や甲府市にとても苛立ちを感じ続けてきたのは、まさに同じような疑念を持ったからです。
彼等は事案について綿密に調べて、理解して、その上での施策なのか? どこかの誰かの指示をそのまま受け入れて何も考えずに、言われるままに執行しているだけでは無いのか? 彼等は問題を把握しきれていないのでは無いか?
この答えは私ごとき市井の雑草には永久に分からないでしょう。
でも世の中の流れはどんどん変化している、中沢新一さんが言われるように、その変化を認識できるかどうかに地域の命運もかかっているのだと考えながら、私は参院選を観ていこうと思います。

参院選山梨の候補者を判断するのも同じスタンスです、彼等は本当に問題を理解しているのか、選挙公報を確認してみましたが、私にはわかりません。
リニアで活性化を語ってTPPのプラスマイナスには言及しない人、TPPに反対してもリニアには触れない人、どちらも触れずに経済・経営を抽象的に語る人・・・・そして原発(放射能汚染)被災者・子供たちに言及する人は皆無・・・ヤマナシでは他人事でしょうか。

特にリニア中央新幹線で山梨活性化を説く方々・・・・原発誘致と同じ道を歩もうとしているのではありませんか。「リニアの何が問題か、何の問題も無い」ではなく、「どこが問題か、その問題についてはこれこれとして解決済み、解決可能」という説明こそが合意形成に導くのです。
「山梨の・・・」「山梨を・・・」と語ることも地域票集めには必要でしょうが、それだけなら県知事、県議会議員選挙の話です。外交と国防、国民全体の安全・安定・安心が国会議員の仕事だと私は思います。



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )