ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




仕事のついでに流していたダイヤモンドオンラインで、なぜ女子は1人で牛丼店に入りづらいのか? 値下げ競争のなか、あえて問い直す各社の集客戦略(2013年4月26日小川 たまか さん [編集・ライター/プレスラボ取締役] の記事) に気が付いて読んでみました。(まったく偶然ですが「下北沢」つながりになってしまいました)

最近、牛丼値下げのニュースは目にしていましたが、「値下げ競争のなか、あえて問い直す各社の集客戦略」 というタイトルは読み心をそそるものでした。たしかに私のような貧乏人には値下げは嬉しい、しかし、そこで働く人々にしわ寄せがいくようなら、私がキャノンのデジカメは絶対に買わないと決めた事件と同様なのです。ご記憶のかたもあるかと思いますが例の派遣切り問題です。

それはおいといて、女性の気持ちや行動傾向にずいぶん理解が深い方が書いていると思って、改めて筆者を確認したら女性でした。ダイヤモンドオンラインのような経済系で筆者が女性というケースを想定しなかった私はすでに化石状態です。
競争力というテーマでは、ブランド化、差別化、オンリーワン・・・などのキーワードは知っている事ですが、それを一つの業界に合わせて具体的な様子が見えたことはこの記事の収穫でした。自分自身の仕事に即して考えるヒントがありました。

牛めしの松屋 ということで、昼食抜きのまま夜食までのつなぎに、通りかかって入った牛めしの松屋の写真を掲載しておきます。場所は愛宕町下条線、甲斐市の方から甲府市に向かって、富士見大橋の手前、左側にあります。

記事を読んでいたので初めて気付いたのですが、なるほど、カウンター席よりもテーブル席に重点があるような内装でした。私も今回はテーブル席で食しました。

牛めしの松屋 牛めしの松屋

甲府市中心市街地活性化問題に関係して、個店の活性化(というのも変な言葉ですが、要は副業ナシで成り立つ経営ということです)と商店街の賑わいはいつも話題になります。
いろいろなイベントを繰り返して賑わい(歩行者量増加)を図っても意味が無い事に気付いておられる方々も多いでしょう。
人通りは少なく何のイベントが無くてもお店にはお客の姿が絶えない風景はあり得ます。通りかかってふと興味をもって入りやすく、何も買わずに出てくるのに気遣いも要らない雰囲気が感じられるお店はその一例です。いつかまた来てあの品を買いたい・・・と思いながら私は退出します。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js" type="text/javascript"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




水島朝穂さんの「直言」 2013年4月29日、権力者は「9」のつく憲法条文がお嫌い?――9・19・59・90・92・94・96条 で紹介されていた、奥平康弘・愛敬浩二・青井美帆編 『改憲はどこが問題か』 (岩波書店)(5月28日発売) を岩波書店ホームページから確認しました。図書のタイトルが 「改憲の何が問題か」 に変わったのかもしれませんが、せっかくですから岩波の「編集者からのメッセージ」 から引用させていただきます。

7月の参議院選挙の結果次第では,憲法改正が具体的な日程にのぼることが予想され,国民が重大な選択を迫られる日が近づいています.一般に,憲法改正といえば,自衛隊と9条の問題を連想される方が多いのではないでしょうか.しかし,2012年に自民党が発表した改憲草案は,9条問題にとどまらず,「権力を制限する」という憲法の根幹にある考え方を根底から覆しかねない内容が多く含まれ,かつて自民党が公表した改憲案よりもより強く「本音」が出たものとなっています.

5月24日に刊行予定の 『いま,「憲法改正」をどう考えるか』(樋口陽一著) と併せて紹介されています。
水島さんの「直言」 は私のように不勉強な者にもとても分かりやすく書かれていましたので、直感的に感じていることに筋道立った裏づけが出来たような気がしています。

『改憲はどこが問題か』  と、『改憲の何が問題か』 という書名とでは、前者の方が良いように私には感じられます。『改憲の何が問題なのよ?悪い?』 と開き直っているようなタイトルとも読み取れちゃう私はホントニ天邪鬼だなぁ。ちょっと言い換えてみるよ、「リニアはどこが問題か」 と 「リニアの何が問題か」 、リニアには問題なんて無いよ、と言いたい人は後者だろう。

2012.11.28 命を捧げさせる政権を望むのか、12月8日を前にして
2012.12.15 自民党憲法改正案、第99条と国防軍の関係と

4月28日の「主権回復の日」お祭りは警戒厳重な中でどうやら無事に終ったらしいニュースを見ましたが、両陛下の御心も判らず万歳三唱したバカ共の様子も映像に残っていました。バカは死ななきゃ治らないって昔から言いますが、その日は近いかも。

4月29日、「昭和の日」 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。 「天皇誕生日」(昭和天皇のお誕生日)が平成元年(1986年)に「みどりの日」に改定され、平成17年の改定により平成19年(2007年)から「みどりの日」は5月4日となり、4月29日は「昭和の日」に変更された。
ちなみに、5月3日「憲法記念日」 は 「日本国憲法 の施行を記念し、国の成長を期する。」・・・『この憲法は、公布の日(昭和21年11月3日)から起算して6箇月を経過した日から、これを施行する。 』(憲法第100条)
そろそろ 「国益」 の明確な定義も欲しいところですね、万歳三唱した政治屋の皆さん。彼・彼女たちを支持して国会に送り込んだ有権者の皆さん・・・(^o^)

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js" type="text/javascript"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )