ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




水島朝穂さんは、平和憲法のメッセージ 2013年2月25日 今週の「直言」「アベコベーション」とお書きになっています。『事物の本質に反した、逆転の政策ばかり。まったくアベコベのことをやっている。安倍内閣が行う「アベコベ」の政策と施策、それによって引き起こされる諸結果や状態を総称』 とのことです。
「アベノリスク」 は既に流布している言葉です。市井のヤカラとして私は使いなれた汚い言葉で「ヤベェ」と言うことにしまして、この記事のタイトルにしました。

二・二六事件とは、1936年(昭和11年)2月26日から2月29日にかけて、日本の陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが1483名の兵を率い、「昭和維新断行・尊皇討奸」を掲げて起こしたクーデター未遂事件である。(Wikipedia 二・二六事件)、その 「蹶起趣意書」 を知りましたのでコピーしておきます。但しこの時代を考えると「ひらがな」は原文では「カタカナ」ではないかと思いますが、国立国会図書館のデジタルアーカイブまでは未だ探索していません。とりあえずの掲載です。


 謹んで惟るに我が神洲たる所以は萬世一系たる天皇陛下御統帥の下に擧國一体生成化育を遂げ遂に八紘一宇を完うするの國体に存す。此の國体の尊嚴秀絶は天祖肇國神武建國より明治維新を経て益々体制を整へ今や方に萬邦に向つて開顕進展を遂ぐべきの秋なり。

 然るに頃來遂に不逞兇惡の徒簇出して私心我慾を恣にし至尊絶対の尊嚴を藐視し僭上之れ働き萬民の生成化育を阻碍して塗炭の痛苦を呻吟せしめ随つて外侮外患日を逐うて激化す。所謂元老、重臣、軍閥、財閥、官僚、政黨等はこの國体破壊の元兇なり。倫敦軍縮条約、並に教育総監更迭に於ける統帥権干犯至尊兵馬大權の僭竊を圖りたる三月事件、或は學匪共匪大逆教團等の利害相結んで陰謀至らざるなき等は最も著しき事例にして、その滔天の罪惡は流血憤怒眞に譬へ難き所なり。中岡、佐郷屋、血盟團の先驅捨身、五・一五事件の憤騰、相沢中佐の閃發となる寔に故なきに非ず、而も幾度か頸血を濺ぎ来つて今尚些かも懺悔反省なく然も依然として私權自慾に居つて苟且偸安を事とせり。露、支、英、米との間一触即發して祖宗遺垂の此の神洲を一擲破滅に堕らしむる、火を見るより明かなり。内外眞に重大危急今にして國体破壊の不義不臣を誅戮し稜威を遮り御維新を阻止し來れる奸賊を芟除するに非ずんば皇謨を一空せん。

 恰も第一師團出動の大命渙發せられ年來御維新翼賛を誓ひ殉國捨身の奉公を期し來りし帝都衛戍の我等同志は、將に萬里征途に登らんとして而も省みて内の亡状憂心轉々禁ずる能はず。君側の奸臣軍賊を斬除して彼の中樞を粉碎するは我等の任として能く爲すべし。

 臣子たり股肱たるの絶對道を今にして尽さずんば破滅沈淪を翻すに由なし、茲に同憂同志機を一にして蹶起し奸賊を誅滅して大義を正し國体の擁護開顯に肝腦を竭し以つて神洲赤子の微衷を獻ぜんとす。

 皇祖皇宗の神霊、冀くば照覽冥助を垂れ給はんことを。

昭和十一年二月二十六日
陸軍歩兵大尉 野中四郎
外 同志一同


3.11からの政治・社会を見ながらテロがあるかも知れないと気にしていました。今日まではそれらしい事もなく過ぎました。
2011.01.19 山梨いのちの電話 「渡辺和子」講演会@敷島 1月22日を書いた時に調べていて、2.26で誅殺された渡辺錠太郎教育総監の事も知りました。
人の命は天命に任せるべきです。人が人の命を奪うことはやるべきではない。

争いは言論によるのが良いと思います。それが中味の無い言葉であっても、それを発する人はそれぞれに思いがあって言葉にしているのだと思います。静かに聞いて的確に反論し、それにまた応じる・・・その繰り返しこそ大切です。それを子供たちの未来のために記録に残しましょう。

2.26の鎮圧に甲府連隊も動員されています。
2013年2月26日、今日から山梨県議会2月定例会の質問戦が始まります。
本日議場で質疑応答を交わす人々の赤心や如何に・・・
・・・ということで、カテゴリーリンクは山梨情報

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引

「蹶起趣意書」のソースは、teikoku.xxxxxxxx.jp/1936_226.htm ですが、xxxxxxxx.jp というドメインの登録者は多くのWebで見かける ninja ツールを提供している株式会社サムライファクトリーです。そのドメインを多数のユーザーに提供して各ユーザーのホームページが作られているのだと思います。2.26を調べていて検索ヒットした時におかしなドメインなので念の為に確認してから開きました。
山梨県の赤池誠章さんのブログで、「ニ.ニ六事件」を思う があります。こちらにも原文と思えるものが注釈付きで掲載されています。原文の漢字は旧字体だと気付きました。
それと照合しながら「帝国日本の事跡-戦前日本の原資料」ホームページの掲載文を借用したものです。確実なソース、画像などが判明したら、私のサイトで残したいと思います。
「teikoku」さんへの連絡ルートが不明なので無断借用ということになっています。
「ニッポンを取り戻す」には何を為すべきか、「元老、重臣、軍閥、財閥、官僚、政黨等はこの國体破壊の元兇なり」 安倍さん一派も「蹶起趣意書」は熟読玩味されることと思う今日は2月26日です。

2月26日に発売開始されたはず、本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」、創元社新刊


No_tpp_jimin No_tpp_abe
山形2区自民すずきのりかず氏・・・ という記事に証拠写真あり

<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )