ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼




まとめて記事が続いていましたので、一括してご紹介します。
◇ 2012年09月05日 低線量被曝で発癌率は下がる
◇ 2012年09月06日 放射能をめぐる認知的不協和
◇ 2012年09月06日 「年間1mSv」はなぜ決まったのか
池田信夫さんは3.11以来、多数の論考を提示されています。「反・反原発」の方々には力強い立論を示しておられ、私も幾つかを拝読しています。池田さんは私と同じようにお考えになる部分もあれば、逆の場合もある方なので参考になるのです。地デジ問題の時にはこれに批判的な池田さんのご意見をご紹介することが多かったと思います。

甲府市議会本会議でハイレベルな議論は無理でしょうから、常任委員会、特に民生文教委員会で、池田さんの論考に力づけられた議員さんが、週刊誌の記事などに由らない議論の展開をお待ちします。
私も議員さん達の討論の中から、「内部被曝のリスク についても」 新たな知見が得られることを期待したいと思っています。

ついでに、池田さんが参照されている論文などにもリンク・・・
HEALTH RISKS FROM EXPOSURE TO LOW LEVELS OF IONIZING RADIATION BEIR VII PHASE 2
BEIR委員会報告書批判
チェルノブイリ事故についての放射線の影響評価(要旨の日本語訳)-UNSCEAR(原子放射線の影響に関する国連科学委員会)

公益社団法人日本アイソトープ協会のサイトで、「ICRP Publication 111――日本語版発行・PDF公開のお知らせ」 があります。『このPDFは この画面上でお読みいただけます。 (印刷・コピーには対応しておりません。 ダウンロードしても閲覧はできません。)』 池田さんがリンクされているのは、このPDFファイルです。Adobe Reader のプラグイン機能によりブラウザで開いた時だけ読めます。
「国際放射線防護委員レポート111号(ICRP111)」 ダウンロードしても無駄! 3,600円(本体価格)で買ってくれという公益社団法人が日本国民のために翻訳したようです。
◇ 東大病院で放射線治療を担当するチームのページ 2011年04月26日、国際放射線防護委員レポート111号(ICRP111)
◇ Special Free Download of ICRP Publication 111(英文 PDFファイル 659 KB が手に入ります)

そんでもって、International Commission on Radiological Protection (ICRP) とは如何なる機関かを確認しておくには、Wikipedia 国際放射線防護委員会
国連***とか、国際***とかの名前で判断するんじゃなくて、その組織はどんな人々が活動をしているのか、その発言がどのような機関に影響を及ぼしているのかを確認しておくことが、この分野では大事なことのようです。マスメディア情報の信頼度を判断するのと同じでしょう。
放射線の安全規制値 日本放射線影響学会(JRRS) と 国際放射線防護委員会(ICRP) このページは私が自分の確認用に整理したものです。これら機関が示す数値を引用して語られる記事を読む時の資料とする為です。

『爾俸爾禄 民膏民脂 下民易虐 上天難欺』

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2012/9/6 INTERNET Watch 記事、日本が「ACTA」批准へ、衆議院本会議で可決、「野党欠席のままで進められ」たそうだ、ネットユーザーが読んでいるサイトでこの問題を取り上げている意味が議員達に分かるだろうか。言い出しっぺの官僚たち、「批准を決めた国は日本が初めて。」という実績で天下り先を確保した。

前記事-2012.09.04 米長晴信さんはACTAに反対してくれた

ACTA(アクタ)について調べていたら、直近の記事としては、ACTA(アクタ)とは | 日立ソリューションズの情報セキュリティブログ 2012年10月22日 でした。メモしておきます。

<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




甲府市議会議事録 から、「2012.06.18 : 平成24年6月定例会(第5号) 本文」 に掲載された議事録をここに引用します。


◯宇野善昌君 退任に当たりまして、一言お礼のごあいさつを申し上げます。
 平成20年7月に副市長を拝命してから、早いもので4年が経過いたします。
 この間、議員の皆様、宮島市長様を初め、多くの方々の御指導、御鞭撻を賜りまして、まことにありがとうございました。心より感謝申し上げます。

 この4年間、私のミッションは甲府市の活性化であると思い定めて、精いっぱい力を尽くしてきたつもりでありますが、目に見えるような大きな成果を実現できなかったことがまことに残念です。

 しかしながら、甲府市は魅力に満ちあふれたまちです。都市機能が充実していながら、すばらしい自然を満喫でき、深く重層的な歴史を持っています。

 中でも、甲府市の最大の資源は人です。私も数多くの方々と出会いましたが、優秀な職員の方々を初め、皆さんに助けられ、支えていただきました。感謝の言葉しかございません。

 これから甲府市のまちは、甲府駅周辺の整備や新庁舎の完成を持ち出すまでもなく、大きく変貌していきます。また、中部横断道の開通、リニア中央新幹線の開業と、夢の広がるプロジェクトが待っています。私は甲府市の発展を強く願っておりますし、確信をしております。

 今後は別の立場から、微力ではございますが、甲府市の発展にお力添えをしてまいりたいと考えております。
 終わりに、宮島甲府市政並びに甲府市議会のますますの御発展と皆様の御健勝を心から祈念申し上げまして、退任のごあいさつとさせていただきます。
 本当にありがとうございました。(拍手)


甲府市議会2012年9月定例会が開会していますので、6月議会の議事録が読めるだろうと開き、最終日18日の確認をしている時に、目次に宇野さんのお名前を見付けて、このご挨拶が拝読できました。
2012.06.09 甲府市議会2012年6月定例会で書いたことをここに再掲しておきます。

6月末で退任されると報じられた甲府市副市長の宇野善昌さんですが、私は2008年7月17日のガチバトルでお話を伺って以来、常に敬意をもってお仕事ぶりに注目していました。このブログでお名前を書くことはもう無くなるかも知れませんが、今後のご活躍を心からお祈りしたいと思っています。
このガチバトルのような中心市街地活性化に関係するシンポジウムなどについて私はいくつも参加したり記事にしてきました。宇野さんご就任以来の4年間、そのお力を甲府市としては活かせたのでしょうか、その疑問が残ることが残念です。

その他、次のようなブログで宇野さんのことを書きました・・・
2011.05.28 菅直人内閣不信任でも国会解散は無くて当然、この記事では宇野さんの Twtter を記録しています。
 『甲府市の宇野善昌副市長の twitter では5月26日のツブヤキ-『明日午後10時甲府発→28日午後11時帰甲の強行軍で、甲府市役所職員ボランティア41名+市議会議員5名が、災害支援隊として宮城県東松島市へ行きます。私も参加し、1日だけですが、被災家屋の片づけ等に頑張って来ます。』
2011.02.15 「夢を繋ごう!甲府中心街の未来」 ガチンコジウムⅤ
2008.08.15 甲府市副市長さん

ショーケンさんと宇野善昌さん ブログには書きませんでしたが、先年湯村の塩澤寺厄地蔵さんの日に湯村で映画関係のイベントが開催されました。
その時ショーケン(萩原健一)さんが旅館柳屋で講演され、次の会場まで歩いて行かれました。
厄地蔵で混雑する湯村温泉通りを著名人が歩いていくことに私はそれとなく備えていたのですが、ショーケンさんを案内しながら並んで歩いて行かれたのが宇野さんでした。
人込みの中です、ぶつかりそうになる人に挨拶しながら、まるでショーケンさんをガードするかのように歩かれる宇野さん、私はお二人につかず離れず終着まで様子を見ていました。この時の甲府市副市長宇野善昌さんの姿を私は決して忘れることはないでしょう。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )