ICT甲府
爾俸爾禄 民膏民脂 下民易虐 上天難欺




2012年辰年の元旦、初詣は千塚八幡神社に参詣しました。甲府市の山の手通り(北バイパス)で湯村温泉郷の西に位置しますが、これまで境内に入ったことがありませんでした。何も知らずに出かけてビックリでした。初詣気分を十二分に味わいながら、この神社に大きな関心を持つことになりました。
Chizuka_0100

Chizuka_0127
立派な社殿に続く参道の両側に6基ずつ12基の石灯籠があり、十二支が彫られています。
Chizuka_010l Chizuka_010r

社殿に向かって左先頭が子、右先頭が丑、そのまま右回りに寅卯辰巳午未申酉戌亥となっているようです。横から見ないとわかりませんが、龍が灯籠を巻くように描かれていました。
Chizuka_0133

Chizuka_0128 Chizuka_0129
神社を世話なさる地元氏子の皆さんでしょうか、テントでは甘酒が振る舞われていてご馳走になりました。
神社の歴史や境内にある五社や水害から千塚を守った神様の社、蚕を祭った石碑の事など、色々とお話を伺うこともできて有意義な初詣になりました。
車で通り過ぎるだけでは見えて来ない街の歴史の重みを実感しました。千塚八幡神社についてはホームページに書く予定です。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」 人気ブログランキング
ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )