ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




Cocochi020 9月10日(土)から始まった猫町古本市に出かけました。場所はオーガニックカフェ バールスロー BarSlowの2階にあるココチです。建物の西側に細い外階段があります。
「第2回猫町古本市」開催を知ったのは、湯村の杜 竹中英太郎記念館の館長日記 「画集等出品・・・・・・」でした。

Cocochi021 実は、ココチ(以前はコシカという名前)にはかねてから注目していてホームページも時々見ていたし、甲府中心街の紅梅通り(岡島百貨店の北側、ココリ南側の東行き一方通行)を通る時はいつも右側を探していましたが、本日まで気付かずにいたのです。ココリの荷扱い駐車場出入口の向い側に位置します。

Cocochi023 本日の収穫は3冊、1.仏教書(著者は知りませんが版元が大法輪閣という著名な老舗なのでタイトルだけで購入)、2.量子力学の随筆(朝永振一郎著、原発震災で学んだことを拡張したいとか思った)、3.コンピュータ・プログラミングの本(昔の本ですが気になっていて馴染んでいないプログラミング言語なのでイントロのつもりで)
こういう変な買い方ができるのも価格が手頃な古書市だからでしょう。

バールスローも気になっているカフェですが、本日は時間が無くてパス。ブログでは「こうふのまちの芸術祭2011」の情報が出ていて、榎並和春さんの展示がはじまったとのこと、この画家さんも私が甲府に来てからファンになった方の一人です。
甲府って芸術豊かな街です。それが市外、県外にも知れ渡り蓄積されるような発信がなかなかされていないだけじゃないかと、私は思っている・・・そうそう、古本市で「桜座スクエア」誌の編集長さんに久しぶりにお会いして、そんな話もしたのです・・・・情報という資産の価値に気付く、そのきっかけがなかなか難しい。自戒の念。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )