ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼




山梨県立文学館 2011年4月29日から6月19日まで山梨県立文学館で「春の企画展」として開催された 『文芸映画のたのしみ 谷崎潤一郎・泉鏡花・川端康成・三島由紀夫… 畑三郎コレクションより』 を最終日の最終回(というのもおかしいですが16時過ぎから閉館まで)訪問できました。

ビッグアップル ザ ビッグ・アップルNo.45 とは久々の対面です。
右奥に2つ、小さな黄色の物が写っていますが、芝生の各所に多数あるので、それを避けてアップルが左寄せになりました。
見通しの効く芝生ですらこんなにあるということは、ゲージツの森公園の散歩道各所が汚染されていることも当然予想されるわけです。この芝生の問題に限らず、放射能測定もせずに「犬」がダイジョブと言う場所で子供たちを遊ばせるのはやめた方がよいです。
観光客の皆さんは驚かれたと思います。こんなところにもう二度と来ないなどとはお考えにならずに、どんな「犬」も飼い主次第ということをお考えになり、お帰りになられたら同じような「犬」が地元にもいないかどうかお考えいただくことは大切です、この原発震災、国難非常時においては。
「犬は入るべからず」、黄色いマークが規定数値に達した時には、そんな看板が公園の入口各所に立ち並ぶと思います。そうじゃなければ「飼い主」の再教育にはなりません、このシステム設計はそれを折り込み済みと思います。

館内に入ったとたんに「おぉっ!」と昭和レトロの青梅宿、久保板観さんの銀幕街道、映画看板の街と同じ世界にタイムスリップした私です。
この場所はフラッシュ無しで撮影は許可されていましたが館内は撮影禁止。私の思い出の中にとどめます。
文芸映画のたのしみ

いただいたチラシから、「シネマソサイエティーはた」 畑 三郎さんは八王子にお住まいのようなので青梅宿の昭和レトロについてもお詳しいような気がします。
私は「湯村の杜 竹中英太郎記念館」の館長日記で、2011.04.02 「畑三郎氏コレクション・・・・・・」からこの企画展を知りました。この記事には畑さんがコメントを寄せておられますので、とても貴重な日記になったと思います。
5月4日には「畑 三郎様ご来館・・・・・・」と、これもお写真を含めて書かれています。
その他、関連記事--
◇ 2010年8月1日~30日-畑三郎コレクション「市川雷蔵と中村錦之助 二人展」 東京都江東区のホームページで案内
◇ 2004年10月8日~24日-記憶を刻んだシネマの数々~畑三郎映画コレクション~ 金沢市金沢蓄音器館公益財団法人金沢文化振興財団)


予想はしていたのですが、現物を拝見してやはり衝撃的でした。私が映画少年だった時はもっぱら洋画が中心で、邦画は、特に文芸映画は少なかったです。今日拝見した多数のポスターも名前を知っている映画(なかには見た記憶のあるもの)はありましたが、青少年時代に見た映画の記憶で鮮明なのがほとんど洋画だというのは、いま考えてみると育ち方を間違えたのかなとか思います。だから今の私があるのだとすれば全ては天のさだめでしょう。
4月初めからこの企画展の事や畑三郎さんのことを知りながら、とうとう最終日になってしまいました。今回は原発震災というより、「情報震災」のせいだと勝手に考えることにしています。
出かける前に、今日の記事は穏やかなアートのカテゴリーだと思っていたのですが、結局は「情報震災」の震源は「犬」の「飼い主」なのではないかという話になってしまいました。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




平成23年6月定例会(代表・一般質問項目一覧)
6月20日(月) 代表質問 午前10時30分から、午後は13時から

自民党・県民クラブ 皆川 巖
   1.  6月補正予算編成の基本的な考え方と当面の財政運営について
   2.  リニア新駅の設置場所について
   3.  甲府城周辺整備について
   4.  甲府城に関わる地域資源の活用について
   5.  廃棄物最終処分場について
   6.  県立病院の経営改善とドクターカーの活用について
   7.  国民文化祭の開催について
   8.  国民文化祭を見据えた地域の伝統文化に根ざした文化財の活用について
   9.  東日本大震災等の影響への対応について
     (1)  震災後の観光客の減少に係る対策について
     (2)  放射性物質の検査機器の整備について
     (3)  県産農産物の輸出への影響について
 10.  企業の農業参入を通じた耕作放棄地の解消について
 11.  企業における技術系人材の確保・育成について
 12. 50メートル屋内公認プールの整備について

明全会 森屋 宏
   1.  知事の県政運営に対する基本姿勢について
     (1)  市町村との関係と広域自治体としての県の役割について
     (2)  新行動計画について
     (3)  行財政改革について
   2.  本県財政の見通しについて
   3.  リニア中央新幹線建設に伴う諸課題について
   4.  産業振興への取り組みについて
     (1)  県内経済の現況について
     (2)  地場産業のブランド力強化について
     (3)  県内企業の海外展開への支援について
   5.  県内における医療の充実について
     (1)  小児初期救急医療センターについて
     (2)   ドクターヘリの運用について
   6.  ヘリコプターを使っての災害対策について
   7.  廃棄物最終処分場事業について
   8.  成長が期待される分野としての農業の可能性について
   9.  魅力ある山梨教育の実現について

フォーラム未来 樋口 雄一
   1.  第2期チャレンジ山梨行動計画について
   2.  リニア中央新幹線について
   3.  本県におけるバス交通の充実について
   4.  廃棄物最終処分場事業について
   5.  本県の水資源戦略について
   6.  節電対策と電力対策について
   7.  雇用対策について
   8.  ひとり親家庭への支援について
   9.  食の安全・安心に関する条例の制定について
 10.  新規就農者の確保について
 11.  中高一貫教育について

テレビ中継は NNS の地デジチャンネルのみ
インターネット議会中継も実施されています。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




時事ドットコムの 2011/06/18-20:35 記事、静岡茶からセシウム=パリの空港で検出-仏が確認できました。
この件については深夜にNTVのニュースをつけていて、静岡産茶葉から規制値超のセシウム~仏当局(2011年6月19日 1:57) を伝える映像に気が付いたからです。

『仏当局などによると、162キロの緑茶に対する検査で、欧州連合(EU)基準の1キロ当たり500ベクレルを上回る同1038ベクレルの放射性セシウムが検出された。緑茶は廃棄処分される。仏当局は今回の検出を受け、静岡県産の野菜類に対する検査強化を決定。また、同県産品をEUレベルでも検査対象に加えるよう欧州委員会に申し入れる方針という。』(時事ドットコム)
『フランス当局は17日、パリ郊外のシャルル・ド・ゴール空港に到着した静岡県産の茶葉から、日本の厚労省が定めている出荷制限の暫定規制値(一キロ当たり500ベクレル)を超える一キロ当たり1038ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。今後、静岡県産の全種類の野菜を検査の対象にするという。』(日テレニュース)
ここで基準値のソースが違うのに気が付きますが、NHKのニュースが次のように書いていることが正しいはずです。
『日本から空輸された静岡県産の乾燥させた茶葉を検査したところ、1キロ当たり1038ベクレルの放射性セシウムが検出されたということです。これは、EU=ヨーロッパ連合が設ける最大許容量1キロ当たり500ベクレルのおよそ2倍にあたることから、フランス政府は空輸された茶葉162キロを押収し、今後、廃棄処分にするとしています。EUの基準値1キロ当たり500ベクレルは、日本が出荷制限を検討する暫定基準値と同じ値です。』
輸入に関する規制については、2011.04.14 食品の輸出と福島原発人災の関係を書いて、その中で「諸外国・地域の規制措置」一覧画像を掲載しています。
日本での暫定規制値については、2011.04.05 食品中の放射性物質に関する暫定規制値を書きましたが、共にその後の確認・更新はしていません。

地元紙の静岡新聞では、ニュース特集・静岡茶には未だ記事が見つかりませんが、気付いたのが、製茶の規制値超報道で県がNHKに申し入れ(6/18 07:55)『文書は9日夜のNHKニュースで「静岡の茶工場 セシウム基準超」とのテロップが流れたことに対し、「静岡全体の茶工場で規制値を超えたとの誤った印象が伝わった」と指摘した。県は「回答は求めていないが、分かりやすく丁寧な報道を申し入れた」(知事戦略局)と説明している。』とのことです。

今回のお茶についても、それが静岡県産だと確定したら、全て静岡県で引き取って静岡県庁で飲用茶としてお使いになるのが一番よいです。茶葉と飲用茶の放射線量をテレビカメラの前で測定し、値を示し、そのお茶を川勝平太知事がカメラ目線で飲んでみせればよいです。飲用方法は茶の放射能調査結果 に書かれているように、「製茶した茶葉10gを430mlの90℃の湯で、60秒間浸出」する方法で。
そういう 「分かりやすく丁寧な情報発信」 により、
「飲んでも全く問題ないものと考えている」 毎日新聞 2011年6月18日
静岡知事「飲用茶にすれば問題ない」 朝日新聞 2011年6月18日
などによる世間の冷たい風は消えることでしょう、そして皆さんが 「カンどうした!」とおっしゃるに違いありません(^o^)
この実演をなさる時に是非とも伺いたいのは、静岡県としては県庁で消費された茶葉162キロの出し殻、99/100 の放射性物質が残った出し殻は生ごみとして一般ゴミと一緒に焼却処理なさるのかどうかです。
分かりやすく丁寧な報道を申し入れられた日本の報道機関の全てがキチンと報じてくれると思います。明日は我身が世の常ですが、隣の山梨県行政の方々にも参考になる実演だと思います。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )