ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼




世田谷区長選挙、区民の良識の勝利、2011年04月24日 ブログ記事がでています。保坂展人ホームページと、Twitter @hosakanobutoがあります。

世田谷区を地元として長年国会議員として活動しておられた。4月初めに世田谷区長選に立候補とのブログ記事が出て驚きましたが、読売新聞-世田谷区 候補5 (選管確定)で見ると新人5人の激戦だったようです。
日本共産党の候補以外は他の3名もホームページが見つかりました。
私は保坂展人さんを優れた政治家の一人として見ているので、社会民主党だろうが自由民主党だろうが関係無いです。激動の時代にご活躍をお祈りします。
世田谷区民ではない人々が保坂さんの当選を祝う投稿、「阿修羅」で読めるというのが、インターネットの時代を示しているでしょう。

にほんブログ村 ITニュース←ITについて情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
 

2011.04.18 「甲府市議会議員選挙2011年」 記事にコメントとして書き込んでいたのですが、ここに転記しておきます。

社会民主党の保坂展人さんが世田谷区長選挙に立候補されました。
私は社会民主党そのものは好みませんが、政治家として保坂展人さんの活動には敬服しています。
人口87万人の世田谷区、人口規模から言えば山梨県と同じです。
この街の東西南北、幹線道路の渋滞を避けてあまたの裏道を私は走っていました。練馬ナンバーの車がこんなところを走っていると地元のお店の方に驚かれた事は懐かしい思い出です。
新しい日本の、地域自治の確立に保坂さんの力が発揮されることを陰ながらお祈りしたい・・・
「新しい街が人々を受入れ、そして暮らしと雇用を作り上げ、また教育や福祉の基盤を整えていくことは、日本全体の課題です。その最前線にいるのが自治体行政で、省庁間調整に明け暮れている国が立ち止まっている間に、素早く行動し、迷うことなく人々の生命を守る役割を果たし、危機の時代の突破口を開くのが自治体だと痛感しました。」

<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




甲府市議会議員一般選挙 開票速報(得票順)を早朝にアップロードしました。当日有権者 154,571人、投票者数 68,236人、投票率 44.15% が選挙管理委員会ページに記載されています。
2007年は、当日有権者 155,218人、投票者数 84,459人、投票率 54.41%、有効投票総数 83,413、無効投票総数 1,046 を記録してあります。
今回2011年選挙の有効、無効票の数値もいずれ記載されると思いますが、開票結果では得票総数 67,137.994 となっています。無効票は 1,099 になるでしょうか(端数処理で 1 の差あり)

2007年からの有権者数減 647 から何を読み取るかに関心が向きます。投票率との関係も考えます。
期日前投票を含めて地区ごとに設置された投票所の投票率(すなわち地区別の投票率)は、投票所でチェックマークが記載された選挙人名簿から把握することは容易です。
それと住民基本台帳データから把握できる高齢化率のような統計値などを統合して分析することは、甲府市の今後を考える上で役立つと思います。分析作業は昭和町で活躍されている山梨学院大学の研究室にお願いすると優れた学生さん達の力も借りられるのでよいかも知れません(^o^)

2011.04.17 甲府市議会議員選挙2011年で書いたように山梨日日新聞記事によると甲府市の選挙では東西南北、中央、中道(+上九一色?) という6ブックで分析されるようです。それらのブロックの有権者(世帯)年令の構造と投票率の関係を見る事ができると、おそらく甲府市の将来計画・政策の方向を考えるに良い資料となるかも知れません。

有権者個々人でなく、世帯年令という構造と投票率の関連を見る事も必要です。
1.甲府市選挙公報の新聞折り込み-4月21日(木)の新聞の朝刊(山梨日日、朝日、読売、毎日、産経、日本経済)-で地区別に配達された数(これは1世帯で2紙以上購読している世帯は配付がダブりますが誤差の範囲で処理、会社、事務所などへの配達にも折り込んだかどうか、含めたならその数も確認する必要がある)
2.市役所、支所、出張所、郵便局、JAなどに置かれた選挙公報の地区別の数と、持ち去られずに残って選挙管理委員会に戻った数。
3.印刷部数、これは1+2 で 印刷総数に等しくなるでしょうが、僅かな誤差はあるでしょう。
これらから何を見るかといえば、選挙公報が有権者の手元に届いたこと、それを読んだかどうかは別にして、投票行動と関係があるかどうかを統計的に確認することです。
新聞社-販売店(配達)に渡し、その後の処理を確認し、未配付の選挙公報は選挙管理委員会に戻されているのは当然ですから、これらの集計は容易と思います。新しい市議会はその報告を求めるべきと思います。
選挙公報については上記のようなことを考えていたので、2011.04.22 公職選挙法第170条 選挙公報を書きました。やりっぱなしの仕事は未来には繋がらない。

この非常時国難に向い合っている時、甲府市の未来もガラッと変わることが予想できる時に、大量の棄権が何故出たのか。信任投票だと言われた甲府市長選や山梨県知事選での低い投票率とはまったく違うと私は思います。
新しい市議会の議員各位が選挙公報にお書きになったこと(Webページ発信はきわめて少ない)を踏まえて、まず、低投票率をどのように分析し、ご自身の政策課題と結びつけられるか、それを議会においてお示しいただくことは必要ではないかと、私は感じています。

以上、県内新聞各紙の記事を読む前にこのブログ記事を書いておきます。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )