ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼




名古屋市長に再選された 河村たかし さんの論説が読めました、
減税に抗する「職業議員」との激闘記(PHP研究所 Voice+ ボイスプラス) 掲載日が記されていませんが内容からみて2010年末か2011年初めの記事と思います。
私はネットで見る河村さんの発言の中で「議員はボランティア」という見解の真意を確認したかったので適当なソースを探していたのです。この記事では河村さんが主張し続けてついに名古屋市長選、愛知県知事選、名古屋市議会解散の賛否を問う住民投票の同時実施に至った「減税」の意味が見えたことは収穫でした。河村さん勝利の結果が出たのが2011年2月6日でした。

「入りをはかって出を制する」という言い方があります。減税と行財政改革の関係は「入りを抑えることで出を制する」視点から考えることだと理解しました。その「出」の中には公務員の人数と給与水準、議員の人数と報酬水準が含まれることになります。
「入り」が増税で賄える環境が続くなら改革は無い。当事者が改革をやるとしても中央からの通達や他都市の事例を参考に横並びで済ませて良しとなるのでしょう。だからまず「入り」を削減してしまう、そこから始めるのが良いということです。行政の「入り」削減は「民」の「入りを計る」ことになり、その乗数効果については専門家が検証されていると思います。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




とりあえず、Google ニュース検索 重なる証拠、裁判の方向性左右 小沢公判前哨戦 という検索設定をしておきます。
1月31日に設定したニュース検索は、小沢氏と元秘書との共謀、立証の最大の争点、1月31日の読売新聞記事の他、計5件になっていますから、ニュース検索はソースが消えるのが早いのかも知れません。

産経新聞-[裁判]ニュース、小沢一郎さんの起訴状が産経新聞で読めたので予想していたのですが、やはり「【陸山会事件】検察側冒頭陳述要旨」及び被告側のそれも掲載されていました。
朝日新聞-裁判 記事一覧
毎日新聞-事件・事故・裁判 アーカイブ
読売新聞-特集 > 民主党 でまとめているようです。
日本経済新聞-小沢氏元秘書初公判・検察側の冒頭陳述要旨 、同じく 2011/2/7 19:52 弁護側の冒頭陳述要旨 (これらは共同通信の配信)

今日気が付いて興味深かったのは毎日新聞が掲載している3本の論考です。
◇ 2011年1月10日 鳥越俊太郎 ニュースの匠 「政治とカネ」の問題点は…
◇ 2011年1月19日 岩見隆夫のコラム サンデー時評:鳥越俊太郎さんは間違っている
岩見さんが、『疑いはいろいろあったが、起訴に至らなかった、検察内部には起訴論もあった、というのが真相である。不起訴処分の背景は、検察の捜査能力の不足によるのか、首脳陣の政治判断か、あるいは実際に違法性が乏しかったのか、ヤブのなかだ。』 はっきりとお書きになったことを記憶に留めねばならないでしょう。「政治判断」 があることを知っておられることです。それが村木さん事件の証拠改ざんや石川被告の検察聴取ICレコーダー記録で見えているのでしょう。
◇ 2011年2月7日 鳥越俊太郎 ニュースの匠 私情が一番コワい
鳥越さんがお書きになる、『「政治とカネ」の言葉が国民を思考停止状態に陥らせている』 「政治とカネ」 を他の言葉に置き換えてもよい、呪文で思考停止にならないために私はインターネットを使っています。

にほんブログ村 ITニュース←ITについて情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )