ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼、ワタクシ常に「一般人」




山梨県庁トップ > 採用・試験・募集 > 募集 > で「中央道沿線地域産業クラスター連携フォーラムを開催します」(更新日:2010年3月1日) という記事に気が付きました。内容は以下の通りです。詳細な内容はアップロードされているPDFファイルに書かれています。
主催は財団法人やまなし産業支援機構でここにも同じPDFファイルがあります。yisoのサイトは3月初めに再構築されたようです。最近確認していなかったので気付きませんでした。

日時 : 平成22年3月15日(月曜日) 午後1時30分~午後5時10分(受付:午後1時~)
場所 : ベルクラシック甲府
内容 : 
 ・ 東北大学大学院教授  堀切川一男氏による基調講演
 ・ 岩手大学工学部教授  清水健司氏による特別講演
 ・ 連携支援の事例発表等
参加費無料

中央道沿線地域には、多摩、山梨、諏訪の産業集積地域が連なっています。この地域には、精密機械、情報産業、環境産業などの基礎技術や応用技術を有した大手からベンチャーまでの特色ある企業が立地しており、経済産業省では、多摩地域を「TAMA産業クラスター」に、山梨・諏訪地域を「中央自動道沿線産業クラスター」に指定しています。   両産業クラスター間の連携を図ることにより、相互に有する経営資源を連携・補完することで、イノベーションの一層の推進や地域経済の活性化を図るため、今回、連携フォーラムを開催いたします。

主催者としては、yiso の他に山梨県及び次の2団体になっています
財団法人 長野県テクノ財団
社団法人首都圏産業活性化協会(準正式名称は「社団法人TAMA産業活性化協会」)
--ここに、平成22年3月15日(月) 第5回山梨大学個別技術相談会のお知らせ という記事がありまして、びっくりした(^o^)

私が「産業クラスター」という言葉を知ったのは野中一二議員の『北海道視察紀行-小樽市・札幌市 「北海道における産業クラスター」について』 からです。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )