ICT甲府
世の中が左になびけば右に立ち、右に行くなら左を観る、へそ曲がりの天邪鬼




以前の記事になりますが、関東地域の農政推進地域情報(平成20年6月)に、「新しいスタイルの米屋をオープンし、米の消費拡大を目指す」が出ていました。それが甲府市千塚にある「和穀菜汁」というお店を知った最初です。
(株)和穀の会(株)はくばく山梨県米穀(株)のホームページがあります。千塚のお店のホームページは和穀菜汁 魁 甲府市千塚 2-16-1 電話・055-252-8593 月曜日休み、営業時間は18時まで 【2010.12.26 リンク先など更新しました】

Wakoku_0904a 県道6号線(山の手通り、北バイパス)の千塚交差点から昇仙峡方面とは逆に南に入って百メートルほどカーブの先、右側です。これは音羽橋を渡るルートです。

お店前の広い駐車場は契約者用と混在なので訪問者は白線で区切られた部分を使えます。 お隣がやはり広い駐車場のあるコンビニです。

私はたまたま甲斐市に抜けるのにこの道を使って気が付きました。この辺りは新しい愛宕下条線の橋が完成すると抜け道利用の通過車両は減るだろうと思える地域です。

 

Wakoku_0904b 農政局の記事にもありますが、店内は二つに分かれています。入って左側がカフェです。私はこちらで美味しい味噌汁+おにぎりという定番の食事を時々。店内右は商品売場で玄米が10種類以上も置かれていて1キロから買うことができ精米していただけます。

ご飯は精米したばかりのお米で炊いたものが一番美味しい。これも偶然テレビCMで道場六三郎さんの話を聞いた時に、「和穀菜汁」のお店を思い出しました。目の前で精米したものを買ってみようと思い立ったのです。

スーパーマーケットで売っているお米は2キロ、5キロ、10キロという袋詰めです。2キロでは割高なので私は5キロの袋にして1か月近くで消費しますが、このお店では1キロ単価で必要なだけ購入できます。
その他並んでいる商品を眺めていると、なんとなく心がやすらぎます、スーパーでは感じない不思議な感覚です。「和穀の会」の商品紹介ページがありますが、千塚店の品揃えはもっと多く、価格的にも高くないと思いました。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )