ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




山梨市の「横溝正史館」2007年3月25日の開館からちょうど1年目の3月25日に記念講演会が開催されました。私は時間がとれずに残念ながら参加できませんでしたが、竹中英太郎記念館の館長日記に「夢のような出会い・・・」と題して写真付きで掲載されています。ぜひご覧ください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




蒸気「D51」火入れ式 3/24 19:22 のUTY県内ニュース
『JR東日本が4月1日から行う山梨ディスティネーションキャンペーンで、蒸気機関車のD51が中央線で運行されますが、きょうのその蒸気機関車の火入れ式が行なわれました。
JR東日本や県、甲府市の職員らおよそ40人が出席し、運行の安全を祈願する火入れ式が行われました。
客車は4両編成で全席指定ですが、JR東日本によりますと、ほぼ完売で宿泊とセットになっている乗車券が若干あまっている程度ということです。』

NHK山梨のニュース 2008年3月24日 18時8分更新・・・『甲府駅構内で蒸気機関車に火を入れる式典が行われ、県やJR東日本の職員およそ40人が出席しました。 式では安全を祈る神事の後、蒸気機関車の動力になる石炭に火が付けられるとまもなく煙突から黒い煙が上がり始めました。 このあと県観光部の進藤一徳部長が「風林火山につづいて山梨の観光は盛り上がっていると感じています。これを持続していきたい」とあいさつしました。』

2008年3月25日の読売新聞山梨版、「D51―498」の火入れ式が24日、甲府市の甲府駅車両留置線で行われた。写真入り

式典の時刻がわかりませんが、県外からも駆けつけた耳ざとい「鉄オタ」の皆さんでJR甲府駅構内も賑わったことと思います。山梨デスティネーションキャンペーンの幸先良いスタートでした。


遅れて読んだ朝日新聞山梨版から、『県内で特別に運行をするため、群馬県のJR高崎駅から運ばれてきた。・・火入れは午前10時、SLは点火から運転できるまで3~4時間かかる。運行最終日の4月13日まで石炭を燃やし続ける』と判明

毎日新聞山梨版から、『火は「保火番(ほかばん)」といわれる職員が24時間見張り、運行の際は2~3時間に石炭約25キロを燃やして走る』と知りました。
2008年2月17日に山梨県立文学館で映画、「三池 終わらない炭鉱(やま)の物語」の上映会がありましたが、この記事を書いた時に現在も釧路炭田が稼働していることを知りました。今回のD51の石炭はどこから来たものなのでしょうか。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )