ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




7月のアクセス 甲府の七夕祭りは終りましたが、仙台七夕まつりは8月6日(月)~8日(水)に開催、河北新報7月30日記事、復興七夕飾りプロジェクト 東北学院大生ら吹き流し製作
陸前高田うごく七夕まつりも8月6日、7日開催。

甲府地元では、第27回湯村ふるさと祭りが8月5日(日)に開催です。このお祭りは例年「宿の日(8・10)」に近い日曜日に開催されるものですが、今年は12日(日)ですと月遅れのお盆休みとかさなるからでしょうか早めて5日になったようです。
11時から神事、16時から子供神輿、18時からは羽黒太鼓などのイベントと大人神輿が始まります。会場は湯谷神社下の広場、ここは湯村温泉通りに面しています。

7月30日から福島の子供たちの保養キャンプ in 山梨が始まっています。事故無く良い思い出になりますように心から祈っております。

ふくしま集団疎開裁判に掲載されている原告弁護団の柳原敏夫さんの記事、「なぜ、ふくしまで集団疎開が実現しないのか」 が話題になっています。疎開など念頭に無いどころかオスプレイまで認めてしまう政権ですから、子供たちは救われない。
驚いたのは、政権政党幹事長輿石東さんが NOだ!氏の総理継続を支持しているというニュース、3.11後の甲府市周回遅れの意味が、やっと私にも分かってきました。甲府市も彼の最大支持母体の一つであることを甲府市行政は如実に示しているようです。だから7月に書いた甲府市関連の記事、「コメントも無意味な惨状」とサブタイトル追加です。

「エネルギー・環境に関する選択肢」に対するパブリックコメント、8月12日締切です。15% に収斂させようという企みの臭いがする、「Nuke は Noだ!」



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




8月のアクセス 菅直人氏が辞めていくのに合わせるかのように、隠されていた福島県民の悲惨な内部被ばく状況が報じられているように思えます。 2011.05.31 5月のアクセス、放射能汚染、子供の鼻血に注意にアクセスが絶えないのですが、この記事で書いたことを6月、7月、8月と引きずって来たような情勢です。

菅直人政権が6月の冒頭で終る事を期待したのに8月末になってしまいました。この三か月という貴重な時間の浪費は福島県の子供たちの命を縮めたかも知れません。責任は菅直人氏にあると思うのですが、退陣会見は自画自賛だったとか・・・

もう間もなく9.11で半年が経過します。福島県がグランド・ゼロになってしまった情報(※1)がマスメディアでも出てきています。30日のニュースで福島原発の作業員の方が急性白血病で死去されたと報じられましたが、東京電力の発表は『外部被ばく量が0.5ミリシーベルト、内部被ばく量は0ミリシーベルトで、松本純一原子力・立地本部長代理は「医師の診断で、福島での作業との因果関係はない」と説明した。』毎日新聞 2011年8月30日) こういう場合にはどこの病院の誰の診断かということまで気になるもんですが、今のマスメディアはそこまで追求せずに終る、芸能ネタなら夜討ち朝駆けで追いまくるのに。

野田佳彦新政権には児玉龍彦さんの提言について緊急に対応される事を期待したいと思っています。2011.08.05 児玉龍彦氏発言の波紋の記事に追録したことを下に再録しておきます。

◇ 2011年8月22日、児玉龍彦さんが東大先端科学技術研究センターで記者会見を開きました。私はゲンダイネットの記事、2011年8月23日掲載の緊急会見で再び涙の訴え 「マスコミも学会も機能不全」と一刀両断 で気が付いて検索して、20110822東京大学児玉教授緊急記者会見(2011年8月24日) にたどり着きました。記者会見の動画はビデオニュース・ドットコム記事の録画で明瞭に聞けます・・・http://www.videonews.com/asx/press/110812_kodama_300.asx-(Windows Media Player を開いてこのURLを読み込ませる方法でも視聴できます)
◇ 2011年8月18日、ダイヤモンド・オンライン記事で児玉龍彦・東大教授に聞く 国土への思いが、子どもと妊婦を守る思想の原点 が出ています。
児玉さんを参考人に指名されたのが社会民主党の阿部知子さんだと児玉さんのお話から分かりました。この記事は科学者としての考え方がやさしく説かれていて分かり易いと思いました。

9月1日関東大震災の日に合わせて各地で防災訓練が行なわれています。県外でのニュースも読んでみましたが、この機会に放射線測定の実地訓練を行なったという記事は見つかりませんでした。市民が測定実習するというのでは無く、集まった市民の前でその場所の測定をしてみせる、このような機器でこんな方法で測定していると見て貰う事で安全宣言への信頼も高まると思ったのですが、市民の前で測定してその校庭なり公園で高い値が出たら困る人々もいたのでしょうか。

5月の記事に書いた事ですが、電力需給情報の曖昧さが見えてきたようです。「電力使用制限、前倒し解除を発表 東電管内は9月9日」(日本経済新聞 2011/8/30)などの記事があります。解除とは大口需要者の企業のことで15%節電は継続です。

いよいよ読書の秋ですがネットを捨てて図書館に篭りたい想いは、まだお預けになりそうです。
2011.08.24 山梨県衛生環境研究所の2010年度報告書から に書いたように、山梨県としての放射線測定体制が分かりやすく説明されるのを待ちたい。

2011.08.26 山梨県安全宣言はいつになるか と書いたことをフォローしていきたい。

甲府市9月議会が9月2日開会ですが、汚染された下水汚泥のその後の処分はどうなったとか、 甲府市としての独自調査も無く山梨県の広域調査すらホームページには取り上げずに放射能と子供の安全の問題には完黙している甲府市が、B1グルメイベント開催に向けてどのような情報発信に転換するか。

◇ そして、山梨県の子供たちを守る姿勢が給食食材調達に関する情報と安全宣言などから見えて来る事を期待したい。

◇ 気になるのは小菅村、丹波山村地域の放射能汚染ですが、林業にたずさわる方々には放射線量計を着用していただくように県から支給することも考慮した方がよいのではないかと・・・・余計なお世話かも。

放射性セシウムの土壌濃度マップ_20110830 (※1) 福島県グランド・ゼロ=>文部科学省--放射線モニタリング情報--放射線量等分布マップ-- 「文部科学省による放射線量等分布マップ(放射性セシウムの土壌濃度マップ)の作成について(平成23年8月30日)(PDF:4579KB)」 から取り出した図
土壌汚染、34地点がチェルノブイリ移住基準超(2011年8月30日  読売新聞)
土壌汚染マップ作製 セシウム蓄積、福島・大熊町で最高値(毎日新聞 2011年8月30日)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Log20110530 政府発表が全く信頼されていないことを示しているのでしょうか、情報整理の為に記事を書いた本人も驚くアクセスでした。
検索エンジンから入って来られる読者がほとんどですからデータベースの検索と同じようなものです。検索エンジンもYahoo!をお使いの方が9割以上になっているのは、私の技術系サイトにアクセスされる読者がお使いのツールがほとんどGoogleなのとは対照的です。

2011.05.12 茨城県取手市と守谷市の放射線量の解釈について にトラックバックをいただいた3.11東日本大震災後の日本は実に素晴らしいサイトです。
2011.05.24 山梨県の地表も放射能汚染されている-可能性がゼロではない という記事を書きましたが、ご自分で放射線量の測定を続けておられる甲府市内の方からコメントを頂きました。5月30日の深夜のコメントには、「原発から300キロ、という距離がどうしても邪魔をして、無駄な安心をしてしまうようです。」 とお書きになっておられます。私が考えていることもまさにそれなのです。

山梨県庁や市町村行政がこの問題について遅れているとは私は思いません。職員の中には知識もやる気も豊かな方々が多数おられるだろうと思っています。しかし、トップダウンで指示が出て予算が付かなければ動きがとれないのも行政の世界だろうと思います。
予算が無いなら、当面は県内大学、企業、あるいは個人で放射能測定器材の保有状況や担当できる人員を調べて全県的なボランティア体制を組むことくらいはできそうに思います。そして測定結果が逐次公開されて市民、県民の安全・安心の根拠になると感じています。すべてはトップリーダー次第だと思っています。その点からは日本国としても菅直人内閣は取替えねばならないのです。

検索語のログ

福島県の学校で暫定基準とされた、20mSv/yr(年間で20ミリシーベルト)には問題があることは既に書いています。
学校の校庭を利用するときの限度値である「毎時3.8マイクロシーベルト」、これは年間20ミリシーベルトを前提にして、1日に屋外で8時間、室内で16時間過ごすと想定する。そして、室内の放射線量を屋外の0.4倍として、1時間当たりの線量を計算すると3.8マイクロシーベルトになる。「放射能への不安からストレス症状に、安全の目安は毎時3.8マイクロシーベルト」(日経BP記事から引用)
しかし、平常時は年間 1mSv と決められているので、 単純に 3.8 / 20 = 0.19 マイクロシーベルト/毎時 と計算して考えることが必要です。子供の1日生活が想定された「8+16」だけでしょうか。そして食事をしたり飲み物を飲んだりする、それらの放射性物質の含有も考慮されているでしょうか。
20mSv/yr (3.8μSv/h) 政府が決めた、政府が発表した、それを参照して「健康には問題ありません」と書いているサイトを見るたびに、あなたの子供や孫がその場所で毎日8時間泥んこ遊びをしている生活を想定しているかと問いたいです。

ジャーナリスト 木下黄太のブログ 「福島第一原発を考えます」で、5月29日の記事、警告:東京など首都圏で低線量被曝の症状が子どもたちにおきているという情報は衝撃的です。コメントが既に260件以上入っています。親御さん達から子供が鼻血を出すというケースが多数投稿されています。
関東甲信越、山梨県も梅雨入りしました、地表に堆積した放射性物質は地下に浸透していくでしょう。梅雨入り前に学校の校庭や公園で地表の放射線量を測定して記録・発表しておけば、子供たちも親御さん達も安心できたのに、もう手遅れです。今後は地下水に注意せねばなりません。山梨県特産のミネラルウォーターのミネラルは放射性物質とは違うことをアピールすることも必要です。

原子力発電の最終的な問題は、核廃棄物をどうするのかに尽きると思います。2011.05.09 核廃棄物の最終処分場 を書きました。「100,000年後の安全」はテアトル石和でも上映中です。原発推進論者と拝察していますが横内正明山梨県知事もこの映画は既にご覧になった上でのご意見かと思います。産業廃棄物を扱う明野処分場問題とは比較にならない大問題をどのように解決すべきかというご意見も知事記者会見の時にでもお話しいただけるとありがたいと思っております。

これからブログを書く時間も限られそうなので先走って書いておきます・・・・
6月のポイントは菅直人内閣不信任の成行きでしょうか。もはや倒閣なくして、日本復興はない(日経BP 2011年05月25日 財部誠一)
2011年05月29日「世相を斬る あいば達也」で、菅擁護・朝日新聞行き場失う 「政局」に殆ど触れなくなっている、などマスコミ以外の記事は豊富です。

もう一つ6月には夏場計画節電の具体的な様相が見えてくるはずです。2011年05月29日 保坂展人世田谷区長から「世田谷区内の消費電力」の情報開示を求めてという素晴らしい記事が出ました。
引用はしません、保坂さんの記事はいつでも読めます。「無計画停電」の時に私は、企業の言うなりになるのではなく行政主導でやるべきだと書きました。でも東京電力から地域の電力需要の詳細を開示させて行政が主導した「計画停電」を実行させた自治体はなかったと思います。
保坂さんは区長なので「15%節電」 という公的な目標値を踏襲されているようですが、これだってどんな根拠で15%なのか、私には未だわかりません。電力需給に関する検討会合「電力需給緊急対策本部」は5月16日をもって「電力需給に関する検討会合」に改組されました。---なにこれ!? ちょっと目を離しているといつの間にか変節している、無節操な連中のやることはワカラン。

さらに6月は岩手県、宮城県、福島県を除いて予定通りにテレビアナログ地上波の最期になる月です。7月に入るとアナログテレビで見る画面はデジタルへの切替を警告するメッセージ表示だけになり、7月24日にそのアナログの電波送信も終るのだと、どこかで読んでいます。本当にそうなるのか7月1日以後の画面を確認するためにアナログ装置は残しておくつもりです。
まあどちらにせよインターネットが主流の私には関係無いですが、不要になったアナログテレビが東北3県の被災者の皆さんにリユースされてお役に立つかも知れないのは救いです。
以前記事にしていたデジアナ変換については、総務省 平成23年5月20日「デジアナ変換」を実施するケーブルテレビ事業者の公表-地上デジタル放送への完全移行に向けた受信環境整備-によると、山梨県内でもこれを実施するCATV事業者が富士吉田市、都留市、富士河口湖町にあります。平成23年7月24日が実施予定日になっていますので、7月1日から放送内容が変わるという話はガセネタなのかも知れません。
もう一つついでに、7月以後の議会中継でインターネット中継を併用しない議会は時代遅れだと批判されるかも知れません。地デジ以降を機会にテレビ離れが加速する、それなら議会中継は廃止となるケースも出てくるかも知れません。
NHKが中継せず、マスコミの記事もかなり抑えた書き方だったのですが、参議院 行政監視委員会 5月23日はインターネット界では評判でした、いまも録画は見られます。



コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




Log20100830 8月分のアクセスログですが、8月30日にキャプチャーしておいたものです。特に書くことも無いと言うか、急ぎの仕事中なので後日に書く予定です。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Log20100731 7月分のアクセスログです。今年も甲府夏祭り・七夕祭りの記事に検索から入って来られた読者が多かったのですが、今年は甲府市広報ページにリンクすることができました。地元紙でも早くからネット記事になっていました。

暴力団関係記事へのアクセスが多いのは毎月の事ですが、この7月は山梨県に対して暴力団対策の条例制定を求める陳情などもあり、山梨県議会9月定例会では条例が制定されるものと思えます。私は新規の記事にせず「2008.02.06 稲川会系山梨一家佐野組」に追記することにしています。

7月11日は第22回参議院議員選挙の投開票でした。共同通信のページを開いて今回おやっ?と気が付いたのですが、『一般社団法人共同通信社は1945年、正確公平な内外ニュースを広く提供し、国民の知る権利に応えるとともに国際相互理解の増進に貢献することを目的に、全国の新聞社、NHKが組織する社団法人として設立されました。2010年4月に公益法人制度改革に対応し、一般社団法人に移行しました。国内、海外のニュースを国内の主要報道機関、海外メディアに日本語、英語、中国語で配信し、アジアに軸足を置く日本を代表する総合国際通信社です。』(会社案内から引用、下線は編者)

私はNPOのサポートをしているので公益法人制度についても少し勉強しておきたいと思っていました。以前は公益法人データベース(総務省 www.koeki-data.soumu.go.jp)がありましたが2008年頃からアクセス不能のまま放置され、制度改革に伴う新しいサイトはNPO関係と同様に内閣府に移り公益法人information 国・都道府県公式公益法人行政統合情報サイト(PICTIS:Public Interest Corporation Total Information System)があります。このサイトの作りはかなりひどくて、これでOKにした内閣府の公益法人担当は、NPO担当とは意識が違うのだろうと思っております(^o^)

公益法人information では、『このページを表示するには、フレームをサポートしているブラウザが必要です。』 おおやけのサイトでフレーム構造を使い内部ページの読み出しは全て JavaScript によるとは驚きです(^o^)
しかも、DTD HTML 4.01 Frameset では frameset に border 属性は指定できないことすら知らない業者による税金の無駄使いですね。
それはともかく、このサイトで都道府県別ページでは2010年7月分まで既に公開されています。その公開方法もJavaScript活用ですから実に扱いにくい。逆に言えばJavaScriptで動かしているデータページを単独で読み出しても扱えないようにする為にフレーム構造を採用しているのでしょう。私が10年以上も前に研究し尽くしたJavaScriptの技法ですから、こういうサイトでやりたい意味は理解できます。
このサイトは公益法人を所管している官僚が「きちんと公開しています」と言えるための「見てくだサイト」でしょうが、山梨県のデータもここから読み出せます。
山梨県庁サイトでは山梨県公益認定等審議会に同じ公開資料がありますが、時間的には内閣府より遅れているようです。と言うよりも、『各都道府県のサイトを個別に構築するのではなく、集約化することで、国(内閣府)及び各都道府県に共通する情報更新の時期ずれ防止、二重的な情報提供の排除を実施するとともに、国民の皆様方に情報を取得しやすくすることができるよう配慮しております。』というのが内閣府PICTISの意義だと謳われているのですから、各自治体の公益法人関連ページではPICTISを紹介しリンクすることが必要十分条件ということになります。山梨県総務部私学文書課はこのコンセプトを誤解されているような気もします。(私テキには内閣府で情報を一本化する点に賛成はできません、内閣府NPOサイトにある特定非営利活動促進法に基づく申請受理数および認証数、不認証数等は都道府県の当該ページへのリンク集です。この方式が良い。全国合計を算出するのが内閣府の仕事です、地域力のレベルもここからハッキリ見えてきます)

山梨県での公益認定の問題は私には関係ありませんが他県を見るより関連情報が得やすいはずなので、勉強のために見ておきたいと思っています。民主党政権であろうとなかろうと、「新しい公共」というコンセプトはNPOが制度化された(1998年3月19日成立、12月1日施行)過程のなかで、「新しい公共」とは表現せずとも既に始まっていたと私は思っています。
美し過ぎる特命担当大臣から、「公益法人の皆さまへ 早めの移行申請をお勧めします」との2010年7月22日メッセージ(PDFファイル)が左目次から読み出せます。足元のサイトの事業仕分けもなさるとよろしい、47都道府県の公益法人担当者を仕分け人として招集し侃々諤々の議論を公開されるとよいです(^o^)

回り道が長くなりましたが、参院選の事は2010.06.30  6月のアクセス と参院選で記事を整理しています。7月に入って参院選に関係して書いた記事は以下のようなものです、
2010.07.15 筆の走りか口のすべりか
2010.07.10 「地域の独自性で選出された議員が国政を担うのは是か非か」
2010.07.08 参院選、今日から「山教組の三日選挙」
2010.07.05 民主党政治理念と輿石候補の理念は一致している?
2010.07.04 参院選、最後の7日間
民主党の両院議員総会が終り、7月30日~8月6日の会期で臨時国会が始まっていますので、ブログ検索を設定しておきます



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Log20100630 毎月のことですが表示が30日分の1日~30日ではあっても実質6月1日~29日です。7月1日になると6月2日~7月1日の表示になるのが仕様なので本日処理しておきます。

甲府夏祭りや七夕祭りの検索から入って来られる方が増えてきて昨年と同じ状況になりました。予想はしていたので「2010.06.07 甲府・銀座通り商店会の七夕祭り」を書いてはいたのですが、「甲府夏祭り」という名称も使われるのかなど、はっきりした事が不明では読者の役に立たないと思い、出かけてポスターを探してみました。
ついでに昨年も拝見していた稲積神社の「茅の輪」を楽しみに立ち寄りました。こちらは夏越祭の予定がホームページに記載されています。初めての人を対象にした発信をすることは大切です。しかし既に分かっている人はこの点に気付かないことが多くて情報が落ちてしまいがちです。私はWebページ制作では、いただいた資料を常に初訪問の立場で読んでいます。
蛇足ですが 「県**会」という記述がある時には、それが「山梨県**会」の略記なのか、「山梨県立**会」なのか、それとも単に「山梨県」にある 「**会」 の意味なのか、それを確認し分かりやすく書き換えます。

参院選については「2010.05.25 ネット選挙運動解禁(1) 5月26日改正案提出」を書いて一番関心がありましたが、議員提出法案として提出される事なく国会は閉会したようです。とりあえず(1)としたタイトルもこれで終わりましたが、代って山梨県民主党のことが気になる記事を読んで、私の関心はシフトしてしまいました。国政レベルで小沢一郎さん事件や普天間問題について書いていたのですが、選挙区レベルの事はほとんど知らずにいた甲府異邦人としては、ちょっと予想外の状況が見えてきて驚いています。

最近書いた記事を以下にリストしておきますが、投票日までに増えるかどうかは不明です・・・

2010.06.16 甲府市相川地区でデマンド交通の実証実験 甲府市議会の質疑応答の新聞記事から、手回しの良さに驚いて書いた
2010.06.19 山梨県民主党の体質に疑問? 鳩山さんの来県について報道記事から感じたままをブログに書いてしまった
2010.06.20 理屈じゃないが山梨民主への疑問増大 鳩山さんに対する県内議員の言い草が江戸っ子の癇に障る、べらぼうめ!と吐き捨ててしまった記事です(^o^)
2010.06.22 いよいよ参院選公示 世論調査への疑問を率直に書いた
2010.06.23 9党首討論会の詳報、産経新聞から ソースを読まずに社説などを鵜呑みにしない
2010.06.24 KB976576 更新疑惑と参院選公示日の関係? これは技術的な事を書いていて、ついでにメモしたこと
2010.06.27 『民主党と日教組』 甲府の朗月堂でランク3位 現場確認という意味で
2010.06.28 山梨民主党は小沢一郎さんの同志たり得るか?

これからの短期間の間に衆議院解散-総選挙が無い限り、参院選後も民主党政権で進む事になる訳です。9月の民主党代表選があるなら、それ以後の民主党政権が菅直人さんの路線でいくのか、小沢一郎さんの路線に変化するのかを考える必要があると思います。
私は自分として参院選での選択をきめるには、この路線の違いを一夜漬けでも勉強する必要性を感じています。
小沢一郎さんが山梨に来て輿石東候補への絶大な支援を求めたことが参院議員数確保のための外交辞令なのか、それとも根っから一心同体だからこそ山梨に来たのか、それが私には未だ分かっていません。その点を書いておいたのが6月28日の記事「山梨民主党は小沢一郎さんの同志たり得るか?」です。このことをよく考えてみたいと思っています。

衆議院解散-総選挙の予想と、それに至るまでの短期間に政界の再編成がありそうな気配も、いろいろなインターネット記事からは読み取れます。それが到来した時にリーダーとして望ましい政治家(あるいは有力視されている政治家)は誰か、自分が選択する参院候補とそのリーダーとの位置関係はどうか、その点を考えておくことも必要だと・・・・

それは(どの地域でも同様に独自性があるはずだが)「山梨の独自性」について考え、そこから選出される国会議員が日本の全体を考えていけるかどうかという大きな問題にもつながるだろう・・・
地方議会であれ国会であれ、議員には「上から目線」を求める市民、国民であるべきじゃないか。「地元のパシリ議員」でしかない人々が何人集まっても政治とは言えないだろうなぁ。有権者が自分達の「パシリ」しか求めないなら地域も国もほろびるだろうなぁ。国民主権、地域主権という奇麗な言葉の陰にも注意しないといけないのだろうなぁ。

しばらくの間、インターネット関係で大きな問題、事件が発生しない事を祈りたい、政治の「お勉強」もする時間が欲しい・・・(^o^)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Log20100531 5月の30日分アクセス状況ですが、画像を取り込んだ時に0時を過ぎていたので5月3日~6月1日と表示されています。OCNブログ人の仕様からみれば、実質的には5月3日から31日までの29日間です。この記事を5月31日の記事とします。

4月から5月にかけて年度初めの仕事なども重なり体調も不良でしたのでブログは半ば放置モードでした。

Log20100531s_2 今回はどんなキーワードで閲覧されたかというログも取り込んでみました。
「KB・・・」 というのはマイクロソフトのセキュリティ修正パッチの番号です。「younet.ne.jp」 はスパマーが多くても、そこからのアクセスを拒否しようとすると当該プロバイダーのユーザー全体を拒否するしかないので対処が難しいという困ったネットワークのアドレスです。これら以外の検索語は何を調べたいのか見当がつくものでしょう。

検索からこのブログを開かれた方が大多数のはずですが、目的を達せられたかどうかはわかりません。私も時々同じ検索語でテストしていますが、自分の記事は検索のゴミだなぁと感じることが多いです(^_^;)ネット社会には素晴らしい記事が多いです。

私がWebページやブログで考慮していることはリンクを活用しソースを紹介しようという事だけです。記事に書いた中味はゴミでもリンクされたソース、関連記事から読者の方々がさらに深い考察を得られるなら、それで私の記事はお役御免でよいと思っています。

体調不良で能率が上がらない中でシコシコやっていることは「抑止力」の研究です。端的に言えば、存在を知られる事が抑止力になる場合と、それがあるのか無いのか本当のところは分からないから抑止力として意味がある場合の違いを検討することです。 「幽霊の正体見たり枯れ尾花」



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Log20100430 4月は予想通り、40回記念ということもあり信玄公祭りの記事にアクセスが多かったようです。私は残念ながら都合がつかずに全てのイベントをパスしてしまいました。富士の国やまなし観光ネットもかなり丹念な紹介記事が継続していました。
昨年も感じた事なのですが、出陣式典会場が甲府駅南口に移って、その見物の特等席が特別のツアー参加者など限られている。その場所(多分有料)で見たいと思ってもその方法がどこからも見えなかったようでした。もし部分的にクローズなシステムを設定するなら、それについての説明が必要だという事を感じます(知らずに特別エリアに入ろうとして止められた昨年の体験、ツアー募集記事などから見ると今年も同様らしいと感じたことを書きました、昨年だけだったのかも知れません)。

信玄公祭り公式ガイドブックはホームページに表紙画像を掲載しましたが、今年は判型が大きくなり内容も豊富だと思いました。でもそういうガイドブックがどこに置かれていて手に入るのか、特に県外から来られる方々に分かりやすく広報されたのかは、私には分かりませんでした。私は甲府中心部銀座商店街に出かけた時に偶然目にして手に入れることができました。
それにしてもガイドブックに掲載された広告の量には驚きました。実行委員会の方々の大変なご努力があったものと思います。

時々ここでも書きましたが太陽光発電について情報を求めておられる方が多いことはアクセスからも分かりました。

NPO法人未来の荒川をつくる会についての記事へのアクセスは、4月18日にNPO主催の「荒川よっちゃばれウォーク」が開催されたことによるものと思います。今日のニュースでもNPOが子供達と共に貢川に鯉を放流したと報じられているのをナガラテレビで見ていました。

相変わらず暴力団に関心をお持ちの方が検索からご訪問いただいています。ヤクザ雑誌規制の記事は「青少年育成の為にフィルタリング」とか役人やそれに同調する人々による「適切な措置」というような考え方に感じる違和感と同じものを感じたから記事に書いただけです。一地域の問題ならその地域の人々が解決することです。もしこれが全国的な広がりになるなら、インターネットを駆使した反対意見が広まるように私も気持ちを固めねばならないかも知れません。

年度末から年度初めということもあり、ブログは記事が間遠になりました。お湯を沸かして沸騰してお茶をいれたらそれで終りというより、絶え間なくちろちろと火を燃やしてお湯を冷まさないようにするのが大切だと、何事にも思っています。ちろちろと燃える火を絶やさず、必要な時はいつでもコーヒーが入れられるような、そんなWebページを蓄積していきたい、それがインターネットオタクとしての私の想いです。言うは易く行なうは難しです、何事も。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Log20100331 時計が0時を回ったところでログを確認したら4月1日になってしまったが、31日の記事として残します。

3月もまずは確定申告についての検索が多かったようです。
4月観光の目玉商品である信玄公祭り関連の記事もアクセスが増えました。私が甲府に来た当時と違って今は信玄公祭り公式サイトが充実していますので、私の信玄公祭りページは自分用のリンク集で済ませられるので助かります。今年は県外出張に重なりそうなので見物できないかも知れません。

確定申告と年度末で慌ただしかったのですが、気になるイベントはいくつか参加しました。でも3月15日の産業クラスター連携フォーラムなど参加しても記事には書きませんでした。

富士見大橋は記事にしたのですが開通式は行かれませんでした、若彦トンネルの開通はネット記事を読みながら検索かけて、「県道富士河口湖芦川線 若彦トンネルの供用開始について」でルート(地図)を確認できました。芦川村(芦川町)は前から気になっている場所なので、すずらん祭りとか出かけてみたいと思っています。

アクセスログを見ていると読者の方が探しているものが感じ取れますが、それに応えられるだけの情報が私にはありません。私もひたすら探しまくっているのが実状です。私がネットの使い方に少しは慣れているという事で読者の探し物のヒントになっているなら幸いです。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




Log20100228 2月は確定申告の季節です。画像で残した2008年2月アクセス記録や2009年2月と見比べると2月はやはり確定申告に関する検索から訪問してくださった読者が多いことがわかります。今年の特徴は時の話題でしょうか太陽光発電について調べておられる方が多いようです。

アクセス状況を月次画像で残すのも3年目に入りました。OCNから契約者に提供される「ブログ人」の無償版で2006年からブログを始めて、その後いまのような有償版にアップグレードしました。
ホームページに書く材料をとりあえずブログに書いておくというつもりでしたが、書きなぐっているうちに自分でもいつ何を書いたか分からなくなり、ブログ索引を作成してホームページに置くことにしました。
最近はそれも使いにくくなってカテゴリー別にホームページに置く方法に切り替えました。これなら何かのテーマでWebページを制作する時にそのトップページに置いてあるので参照し易いのです。それとは別に月次のアクセスログは一か所にまとめています

私が動かしているホームページは甲府に関連したカテゴリーで分けると次のようなものです、
観光・街案内文化交通産業行政・くらし
アート街づくり地域情報化武田氏館史跡と信玄公祭り甲府城址、舞鶴城公園
湯村温泉郷と竹中英太郎記念館
この三年ほどの間に甲府を理解するソースになりそうなものに手を広げ過ぎました。年度末仕事が片付いたらホームページの整理に集中したいと思っています。

ところで、過日記事にした INFOWEB や FreeBit の大阪地域に棲息するスパマーはプロバイダーを拡大した様子が感じられます。所詮はオオサカなのですから地域限定アクセス拒否という作業で対応できると思えます。
海外からのスパマーでは、例えば私が禁止設定した「VIAGRA」 をタイトルに書いたメールでもその禁止ワード設定の網をかいくぐる方法を考えた着信が増えています(簡単な方法ですが伏せておきます、日本語でもこれを応用する連中がでてくるでしょう)。スパム対策は根競べという感じです(^o^)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Log20100130

自宅に太陽光発電を導入しようという方々の関心が高いのでしょうか、毎月アクセスが多いのですが、私は耐用年数について明確な説明などできませんので検索にヒットして開かれただけと思います。ごみ記事にアクセスされた方には申訳ない。

暴力団に関心を持つ方が一定数おられるようで、関係記事にコンスタントなアクセスが続きます。検索してみると親分子分の関係とか、ヤクザ映画のような話題で掲示板が続いているようです。この世界に入りたい方もおられるのか、私にはわかりません。

確定申告については国税庁サイトなどに詳しい記事があります。「甲府税務署」で検索されて記事を開かれる方のアクセス理由は税務署のホームページアドレスを調べておられるだけかも知れません。先進各国の納税制度は全く知りませんが、私は源泉徴収制度が廃止されて全ての国民が申告納税になったら税金を使う方々の意識も変わるのではないかと思っています。

既に年度末モードに入っていて気持ちばかり焦って仕事がなかなか進みません。そんな中でもチェックしているのはインターネット、パソコンのセキュリティ問題ですが、この関係はここでは書かないことにします。スパムについては Infoweb oska と FreeBit(yournet) が相変わらずで、同じプロバイダーを使う方々が見えない被害を受けているでしょう、いろいろなサイトにアクセスできなくなっているとか・・・ 理由は隣組にスパマーがいるからです(^o^)

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」 人気ブログランキング
ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Log20090930 月例のアクセス状況ですが、「2009.07.29 KB973923 処理を終えて感じた事」が相変わらず検索から開かれています。キーワードは「KB973923」ですからマイクロソフトの記事からでは分かり難かったものを検索されたと思えますが、私が書いた内容が読者が求める情報だったかどうかは不明です。
KB973923の原文Article ID: 973923 - Last Review: August 21, 2009 - Revision: 3.0と変化していて、それを「Article Translations」で日本語ページに変えてみると、「文書番号: 973923 - 最終更新日: 2009年9月9日 - リビジョン: 3.0」になっています。記事タイトルも『Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ (以前にインストールされたバージョン) のセキュリティ更新プログラム (2009 年 7 月 28 日) について』と変わっていますが、私は自分の仕事には関係しないので深追いしていません。

このブログの記事は日記では無く、私がホームページを補完するつもりで単発に書くことが多いので、検索から入って来られるケースがほとんどと思います。私は手元でWebページを制作し、何度も確認してからアップロードして公開するという方法に慣れていますのでブログは苦手です。Webページに移行する下書きのような記事も多いので、それらについてはそのうちに整理する予定です。

10月は甲府市でもいろいろな出来事が続きます。「甲府市指定ごみ袋の実施」、「甲府市プレミアム商品券の発売]などは新聞サイトでも報じられていました。
9月18日に甲府市サイトでは「甲府市 市制施行120周年(大還暦)記念ホームページ」が公開され、記念事業は既に7月から始まっている事も知りましたが主要事業は10月からと思える予定表です。これだけの日程が一覧できたので出かけてみたいイベントも多く、120周年記念事業についてもホームページで自分用に整理しておこうと思っています。

と、ここまで書いて今日は終わります。ブログを書きながらチャンネルを切り替えたらテレビ東京の「白旗の少女」の途中です、すっかり忘れていてあっと気が付いた、ナガラでは済まなくなって・・・
しかしこういう作品でも「アナログ」表示で画面を汚す連中・・・・過去に戦争という災禍に協働していた先輩達を踏襲している醜さに気が付いていない哀れさを想います。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Log20090902 8月末に忙しくてアクセスログの確認まで忘れていました(^_^;) まあ大した違いは無いので2日遅れで画像にして残します。

KB973923に関する記事に検索エンジンからのアクセスが多かったし、今も続いていますが、マイクロソフトの元記事が更新されていても、その状況がおかしいです。
日本語ページでは、『文書番号: 973923 - 最終更新日: 2009年8月3日 - リビジョン: 1.1 Microsoft Visual Studio 2005 Service Pack 1 Active Template Library の更新プログラム (2009 年 7 月 28 日) について』と変わっています。原文はArticle ID: 973923 - Last Review: August 21, 2009 - Revision: 3.0 Description of the security update for the Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 Redistributable Package (for previously installed versions): July 28, 2009と、8月21日が最新版ですから開発関係者は混乱しているのではないかと思います。私には関係無いので更新も放置していますが・・・

ついでですが、9月2日にマイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (975191) 「インターネット インフォメーション サービスの FTP サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される」が出ました。Microsoft Internet Information Services (IIS)、これはサーバー機能なのでこれをインストールしていない一般ユーザーには関係無いです。9月の月例セキュリティ情報公開は9日水曜日です。今週末には事前通知が出るでしょう。

それはさておき、甲府の暴力団になにか動きがあるのか8月はアクセスが多かったです。「期日前投票と不在者投票、甲府市」へのアクセスはやはり検索エンジンからでしたが、甲府市ホームページですぐ見えるタイトルが「第45回衆議院議員総選挙について」だけでしたので、期日前投票を確認したかった読者がそれ以上深く入らずに検索エンジンに頼ったのではないかと感じました。
その時々で読者が関心を持つテーマに即したズバリのタイトルを付ける、あるいはそれがすぐに見えるようにページを構成する、難しい事なのですがWebページを作る者にとっては常に配慮すべき事の一つです。今の甲府市ホームページで大切なのは、「指定ごみ袋制度に関するお知らせ」へのリンクをトップページに置くことでしょうか・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Log20081130 11月はアメリカ大統領選挙でオバマ候補の勝利が私にとってビッグニュースでした。歴史に残るオバマ演説のソースを求めて検索した方が私の記事もご覧になったという様子がうかがえました。

マイクロソフトの11月セキュリティ情報は2件でしたので、むしろAdobe Readerの脆弱性が重点でした。9月以来気になっているQuickTime 7.5.5 に見つかった脆弱性についてはアップルのセキュリティサイトでは続報が無くセキュリティ更新もありません。英文記事でも特に出て来ませんので、私は手元にあるファイル以外、インターネットでの新規閲覧、ダウンロードでQuickTimeを使うことは停止しています。

山梨の話題では山梨市の根津記念館の集客が快調とのことで喜ばしいです。記事にアクセスが多かったのもそれを反映していると思います。私は開館前に場所確認で出かけた記事を書いたきり、11月には訪問できませんでした。12月の課題にしています。

甲府えびす講祭りは天気に恵まれてよかったと思います。私は昨年来の気掛かりだった恵比寿神社の確認ができました。これとは別に甲府恵比寿神社が甲府市湯田1-15-3 にあることは山梨件神社庁のホームページから分かりましたが、現地の確認はこれからです。ICT関係では「2008山梨テクノフェア&マルチメディアエキスポ」にはとうとう出かけられませんでした、えびす講祭りに意識が集中してしまった(^_^;)

11月の記事で私らしからぬ(^o^)記事は「エイズ、正しい知識と予防と共生」です。これは第7回アンダーザツリー展の情報に続くという意味で「ICT」に関わります。ブログを更新しませんでしたが、2008年12月12日(金)~21日(日) 11:00~19:00 の開催広報がバーンロムサイ記事になっています。六本木に出かけようかと考慮中。

指定暴力団の山梨一家佐野組について検索された方が私の過去記事をご覧になる事は続いています。2008年11月22日に朝日新聞山梨版が「組事務所か建物建設中」として、『県内に本部を置く指定暴力団が、甲府市増坪町に事務所とみられる建物を造っていることが21日わかった。地元住民も把握しており、進出反対運動に乗り出している。12月中旬には県警と協力して、決起集会を開く。』と報じています。
『甲府市建築指導課によると、建設中の建物は鉄骨2階建てで延べ床面積は約290平方メートル。今年1月中旬、「住宅兼事務所、店舗」を用途として同課に届け出て、着工した。検査で、柱の接合部などで建築基準法に触れる個所が見つかったため、管理者に是正指導をし、現在は工事がストップした状態だという。一方、動きに気付いた住民らは11月上旬、南甲府署や甲府市に通報、進出反対運動を始めている。』という事ですが、建築申請の名義からでは全く分からなかったものだと思います。私も2008.02.18に「山梨一家は笛吹から国母へ?」と書いた記事以後はたまに新聞記事で読んだ事があったと思いますが、ブログ情報の更新はしませんでした。

11月末になって甲府市の市議会議員野中一二さんが掲載された甲府市新庁舎の資料記事やブログを拝見できましたが、いつも書くように私は土木建築系とか環境問題などは全く知識不足です。知らないけど関心があるという場合は自分なりに整理しておくつもりで甲府市新庁舎建設 計画の経緯を書いています。

このところ寒さが厳しくなったような気がして、ただでさえヒキコモリなのに出歩くのがますますおっくうになりました。でも甲府イルミネーション、こうふ・たうんファンタジーの様子は小まめに確認したいと思っています。11月11日に本格スタートした甲府市中心市街地活性化基本計画の実現過程をしっかり見届けたいという気持ちです。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )