温泉放浪記

温泉と酒場とグルメのブログです。

牛窓の猫

2017年07月01日 06時06分24秒 | 
牛窓に、猫がいっぱいいる神社があるとのことで、行ってきました。
場所が分からないので、まず牛窓神社に行って見ることにしました。


結構山の上の方まで登ります。


神社に着きましたが、猫はどこにもいません。
巫女さんがいたので、猫はどこにいるんですか?と尋ねたら、えっ?私の家の中にならいますよ。と言われてしまいました。
よくよく確認すると、五香宮と言う神社にいるそうで、なんと今きた道の反対側です。


再び山道を下って、牛窓海岸に出て、漁港沿いを進みます。


白猫と目があったら、ミャーと鳴いてすりすりしてきました。


頭を撫でてくれポーズをしてきました。

通りを歩いて行くと、あちこちに猫がいます。




常夜灯があって、なんだか鞆の浦みたいな感じです。
階段を昇ると、五香宮に到着です。


ここも、鞆の浦の猫寺の圓福寺になんだか似た雰囲気です。

あちこちに猫がいます。


雨が降り出しそうなので、急いで車の所に戻ることにしました。
牛窓の通り沿いは、江戸時代までは、朝鮮通信使の寄港地になったりしていて、船着場として栄えていたそうです。
遊廓などもあったそうで、当時の建物などの跡も残っています。



廃墟の建物も結構あり、映画のロケ地として使われたあと、そのまま放置されているようです。
空き家が多いのと、漁港の人も猫を可愛がっているようで、猫が住み着くのに適した環境になっています。




路地裏をもっと探索したかったのですが、雨が降ってきたので、帰ることにしました。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉備津神社の猫と紫陽花 | トップ | 和気鵜飼谷温泉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。