Thank you for the music

好きな音楽のこと、あれこれ。その他諸々もあり。

世界選手権2017・ペアSP

2017年03月30日 05時31分41秒 | スポーツ

 フィギュアスケート・世界選手権2017ペア・ショートプログラムジャッジスコア)。

<G1>
イオウリア・チトチェチニナ/ノア・シェラー(スイス) SP:40.50(28)
 「L'Usine a disques 」♪ 黒系模様、白シャツ。3回転ツイストをうまく下したと思った瞬間、男性が転倒 スロー3回転ルッツは両足っぽかったが頑張った。スピンはそこそこ合わせられたかな。

エカテリーナ・アレクサンドロフスカヤ/ハーリー・ウィンザー(オーストラリア) SP:62.03(16)
 「スカイフォール」♪ 赤、黒。世界ジュニア優勝ペア。余裕のある3回転ツイスト、タイミングぴったりの3回転トウループ。スピンのシンクロも見事で、スロー3回転フリップも決まった。堂々たる演技で世界選手権デビュー 自己ベスト更新。

ゾーイー・ウィルキンソン/クリストファー・ボヤジ(イギリス) SP:44.33(26)
 「マラゲーニャ」♪ 赤、黒。女性は37歳3児の母! 3回転ツイストで回り切れず、変な形のキャッチになってしまった。3回転トウループは両足着氷。スロー3回転フリップはなんとか下りた。難しい姿勢のリフト、タイミングを合わせたスピンでフィニッシュ。

アンナ・ドゥスコヴァ/マルティン・ビダル(チェコ) SP:63.36(15)
 「LA 40」♪ ピンクから紫のグラデーション。ジュニアグランプリファイナル2位、ヨーロッパ選手権7位の実力者。3回転ツイスト高すぎて、下りたときちょっとぐらついた 3回転トウループは切れがよく、スロー3回転ルッツ鮮やか。リフトのポジションチェンジがスムーズ。タンゴらしく一体感のあるステップも魅力的。スピンはちょっとずれちゃった^^;

<G2>
ゴーダ・ブトゥクテ/ニキータ・エルモラエフ(リトアニア) SP:52.49(22)
 「Maybe I, Maybe You」♪ 赤、黒。3回転ツイスト、安定している。3回転サルコウを着氷したがダウングレード、スロー3回転ループを決める。リフトのポジションはアーチがきれい。全体にエネルギッシュで元気があった。

エミリア・シモネン/マシュー・ペナッセ(フィンランド) SP:45.49(25)
 「Dream a Little Dream of Me」エラ・フィッツジェラルド、ルイ・アームストロング🎵 ピンク、黒ベストにボウタイ。地元の大歓声に送られて登場。Bioにまだベストスコアがないのは、ISU大会が初出場だから。
 3回転サルコウをそろって着氷、ツイストは2回転。スロー3回転サルコウはステップアウト。リフトはワンハンドでそのまま下した。
 スピンでは少しずれてしまったが、止めて投げキッスでフィニッシュ。技術点25.60は、来年も世界選手権に出られそう。


ラナ・ペトラノヴィッチ/アントニオ・ソウザ=コルデイル(クロアチア) SP:52.83(21)
 「Strange Birds」♪ ブルー系。男性はロシア生まれだが、アフリカ系とのハーフらしい風貌。素敵なダンスリフトから入り、真上に高々と投げ上げる3回転ツイスト。ダブルアクセルは女性がステップアウト。スロー3回転フリップはよくこらえて立った。
 コーチはユーリ・ラリオノフ。


ローラ・エスブラ/アンドレ・ノヴォセロフ(フランス) SP:43.78(27)
 「SAYURI」♪ 薄緑のキモノ風、グレーのベスト。3回転ツイストはよかったが、サルコウで女性が2回転に。スロー3回転フリップで転倒、ステップ途中で女性が転倒。気を取り直して続きを頑張ったが・・・

<G3>
須藤澄玲/フランシス・ブードロ=オデ SP:61.70(17)
 「さくら」♪ 白、黒でそれぞれ肩に花模様。しっかり高さが出た3回転ツイスト、3回転サルコウがきれいにそろう。スロー3回転サルコウは幅もあった。スピンがほぼ完ぺきなシンクロ、じっくりとデススパイラルを見せてフィニッシュ。
 桜、咲いた ベスト更新で60点越え!

タチアナ・ダニロワ/ミカライ・カミアンチュク(ベラルーシ) SP:51.79(23)
 「シャーロック・ホームズ」♪ 緑、グレーのベスト。ツイストはまあまあ、3回転サルコウで女性がステップアウト。スロー3回転フリップは決まった。スピンを丁寧に合わせてフィニッシュ。

于小雨(Xiaoyu YU)/張昊(Hao ZHANG)(中国) SP:75.23(4)
 「Eternal Flame」「Fearless」♪ ブルー系。ストリーミングのトラブルで最後のステップしか見てないが、ほぼノーミスだった模様。

リョム・テオク/キム・ジュシク(北朝鮮) SP:64.52(14)
 「A Day in the Life」♪ シルバー、女性もパンツスタイル。エレキの音にのって、高い3回転ツイスト、3回転トウループもそろう。スロー3回転サルコウの着氷後の伸びが美しい。若々しく切れのいい動きでステップを踏んだ。
 会心の出来にガッツポーズ、キス&クライで観客に大きく手を振って応えた。ISU自己ベストを大幅更新。

<G4>
ダリア・ベクレミシェヴァ/マルク・マジャール(ハンガリー) SP:45.96(24)
 「Beneath Your Beautiful」♪ ブルー系。2回転ツイスト、3回転トウループと無難にまとめ、スロー3回転ルッツが決まる。全体に落ち着いた感じのペア。

ミネルヴァ・ファビエンネ・ハーセ/ノーラン・シーゲルト(ドイツ) SP:59.76(19)
 「Torn」「High Strung」♪ 紫、黒。高い3回転ツイスト、3回転トウループもスピンもシンクロぴったり。スロー3回転サルコウは距離が出た。スムーズでしなやかなプログラム。

ヘイヴン・デニー/ブランドン・フレイジャー(アメリカ) SP:56.23(20)
 「ドン・フアン」♪ 黒にゴールド、白シャツ。美しいツイストを決めたが、スロー3回転ループで転倒。3回転サルコウでは男性が転倒。それでも笑顔を絶やさずに、しっかりした姿勢のリフトや丁寧なステップで頑張った。

ナタリア・ザビアコ/アレクサンデル・エンベルト(ロシア) SP:74.26(5)
 「Snowstorm」♪ オフホワイト、白の軍服風。ツイスト、3回転トウループ、スロー3回転ループと隙がなく、スピンはカメラが横から撮ってたので完全に重なって見えるほど。どの要素も完成度が高かった。
 自己ベスト更新にも当然という表情。

<G5>
ヴァレンティナ・マルケイ/オンドレイ・ホタレック(イタリア) SP:71.04(9)
 「Seven Nation Army」♪ 黒とゴールド、白シャツにボウタイ。粋なジャズ系の曲で、大人の表現。3回転ツイストはもう安定して、3回転サルコウぴったり。スロー3回転ルッツも距離が出てダイナミック。スピンをきっちり合わせる。
 ノーミスの演技に、終わって踊っちゃうマルケイ。初めての70点越えに嬉しい悲鳴


リュボフ・イリュシェチキナ/ディラン・モスコヴィッチ(カナダ) SP:73.14(6)
 「タンゴ・ジェラシー」♪ 白、黒。きりっとタンゴのリズムをとって、3回転ツイストの下りるタイミングが音とぴったり合った。3回転トウループはややこらえたが、スロー3回転ルッツもまた音にぴたり。ドーナツ姿勢が美しいリフト。
 スピンを丁寧に合わせ、タンゴのホールドでフィニッシュ。少しだけ自己ベスト更新。

ミリアム・ツィーグラー/セヴェリン・キーファー(オーストリア) SP:61.01(18)
 「Turn To Stone」♪ グレー系。ツイストを無難にまとめ、3回転トウループをそろえる。スロー3回転フリップがきれいに決まった。スピンもよく合っていて、チームとして成熟が感じられた。自己ベスト更新に満足そう。

ジュリアンヌ・セガン/シャルリ・ビロドー(カナダ) SP:66.31(12)
 「シルク・ド・ソレイユ」より「Monde Inverse」♪ 水色、カーキ。軽妙な曲と振付で楽しく見せる。ツイストはまあまあ、3回転サルコウはややこらえた。スロー3回転ルッツはステップアウト。リフトのスムーズさ、下ろし方の工夫、スピンの合わせ方などはさすが。

<G6>
ヴァネッサ・ジェームズ/モルガン・シプレ(フランス) SP:70.10(10)
 「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」より「Earned It」♪ うっかりしてたら始まってた^^; ツイストを下りたところで転倒があった模様。しかしスロー3回転フリップの高さがすごい。
 キス&クライでひょうきんな表情をして「私は大丈夫よ」とアピールしてみせたジェームズ。ベストに届かなくても気落ちしてない。


アレクサ・シメカ・クニーリム/クリス・クニーリム(アメリカ) SP:72.17(8)
 「ムーラン・ルージュ」より「Come What May」♪ 薄い藤色、濃い藤色。夫婦になって最初の世界選手権、円熟味を増した演技を披露した。ツイストの高さに観客から口笛が スロー3回転フリップも高さ、飛距離と見事。3回転サルコウは男性がステップアウトしたが、ミスはそれくらい。スピンは自然に合っていく感じ。
 自己ベスト更新に余裕の表情。

ニコーレ・デラ・モニカ/マテオ・グアリゼ(イタリア) SP:70.08(11)
 「カルミナ・ブラーナ」♪ 赤と黒でそろいのパンツスタイル、背中にラテン語?が書いてある。安定感のあるツイスト、3回転サルコウもそろって着氷。スロー3回転ループはややこらえたが大丈夫。重厚な曲に負けない気迫のある演技。
 初の70点台で自己ベスト更新。

隋文静(Wenjing SUI)/韓聰(Cong HAN)(中国) SP:81.23(1)
 「ブルース・フォー・クルック」♪ 紺のドレス、黒ジャケット。ストリーミングが一瞬止まって、最初のほうが見られなかった。3回転トウループを完璧にそろえ、スロー3回転フリップ余裕。ツイストはもう、ひょいひょいっと。
 ステップの中のダンスリフトのカッコいいこと! この曲をこれだけ表現してもらうと、なんか嬉しい。自己ベスト更新。

<G7>
アリオナ・サフチェンコ/ブルーノ・マソ(ドイツ) SP:79.84(2)
 「That Man」♪ ピンクベージュ、黒シャツ。ドイツ応援団が鳴り物入りで声援を送る。コミカルな振付でお尻を振ってスタート、高々と空に舞い上がるツイスト 3回転サルコウは女性が両足かも。スローはトリプルアクセル!ちょっとステップアウト、両足だったか。
 それでも、洗練された動きと要素の完成度で、自己ベスト更新。

クセニア・ストルボワ/フョードル・クリモフ(ロシア) SP:65.69(13)
 ドビュッシー「月の光」♪ ピンク、黒ベスト。このペアがこの曲を選ぶというのも意外。。。
 ツイストで中途半端な回転になり、男性が支えようとして逆に転倒。3回転トウループでは女性がステップアウト。スロー3回転フリップ転倒。
  しかし、スピンは回転が速くて多少ずれても最後には修正できている。柔らかなピアノの調べにのせて滑る、新しい姿。

エフゲニア・タラソワ/ヴラジミール・モロゾフ(ロシア) SP:79.37(3)
 「Glam」♪ シルバーとゴールド。ノリノリの曲で元気よくダンスリフトから。どこまで上がる?凄い高さのツイスト。3回転トウループそろった。スロー3回転ループの高さにも歓声が上がる。ステップやつなぎに織り込んだダンスリフトも軽やか。
 唯一、スピンは少しずれたかな? ベスト更新はならず。

メーガン・デュハメル/エリック・ラドフォード(カナダ) SP:72.67(7)
 「Killer」♪ 黒、女性もパンツスタイル。軽く肩に乗せるダンスリフトから、安定したツイスト。サイドバイサイドジャンプは得意のルッツではなく、トウループで決めた。スロー3回転ルッツはややこらえたが着氷。スピンは若干ずれた。
 得意のステップをじっくり見せてフィニッシュ。それなりにいい出来だったのか、女性はガッツポーズしていた。が、得点はあまり伸びず・・・。

 結果、隋/韓がトップに立ち、サフチェンコ/マソが2位、タラソワ/モロゾフが3位につけた。4位于/張までがフリー最終グループ。
 5位ザビアコ/エンベルト、6位イリュシェチキナ/モスコヴィッチ、前回チャンピオンのデュハメル/ラドフォードが7位。
 ソチ五輪銀メダリストのストルボワ/クリモフがまさかの13位でフリーは第1グループとなった。
 そして須藤/ブードロ=オデは、、、17位 わずかの差でフリー進出を逃した。あと0.34点取れていれば、、、悔しい
 それだけ、ハイレベルでシビアな戦いなのだった。フリーは明日!

『フィギュアスケート』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界選手権2017女子SP | トップ | 世界選手権2017男子SP »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。