Thank you for the music

好きな音楽のこと、あれこれ。その他諸々もあり。

GPS2016・スケートカナダ女子SP

2016年10月29日 05時52分07秒 | スポーツ

 フィギュアスケート・グランプリシリーズ2016、第2戦スケートカナダ女子ショートプログラムジャッジスコア)。日本から出場は宮原知子、本郷理華、永井優香。頑張れ~~~

#1 本郷理華 SP:65.75(4)
 「カルミナ・ブラーナ」より「O Fortuna」♪ 赤の衣装で、アシンメトリーのスカートがカッコいい。しっかりスピードにのって滑り出し、3回転フリップ、トウ・トウ3-3を決める。ダブルアクセルも問題なし。ステップもスピードがあって一歩がよく伸びていた。レベル4獲得。
 全体に勢いのあるいい演技で、第1滑走から会場が沸く。


#2 永井優香 SP:40.39(11)
 映画「ラヴェンダーの咲く庭で」より「バイオリンと管弦楽のためのファンタジア」♪ 右肩を出した紫。冒頭のコンビネーションジャンプが2-2に 3回転ループは決まったが、アクセルもパンク 動揺したか、コンビネーションスピンもキャメル姿勢が回転数足らなかったような・・・
 柔らかな滑りはきれいだったんだけど。

#3 エリザヴェータ・トゥクタミシェワ(ロシア) SP:66.79(3)
 モーツァルト「ピアノ協奏曲第23番」♪ 黒に白のチュールを重ねて。3-3をスムーズに決める。3回転ルッツ、後半ダブルアクセル。体がよく絞れていて動きがいい。

#4 長洲未来(アメリカ) SP:53.19(9)
 ショパン「ノクターン20番」♪ 紫にストーンきらきら。細やかな音を繊細に拾っていく。3回転フリップ転倒、得意なはずの3回転ループの着氷が乱れる。ダブルアクセルはきれいだった。
 姿勢のきれいなキャメルスピン、片手ホールドからすっと引き上げるビールマンスピンで拍手。

#5 ケイトリン・オズモンド(カナダ) SP:74.33(2)
 「パリの空の下」「ミロード」エディット・ピアフ♪ 濃紺、スカーフと手袋がおしゃれ。軽やかにフリップ・トウ3-3を下りて喝采、3回転ルッツも決まって盛り上る。小粋な振付を楽しげにこなし、ダブルアクセルで笑顔。ピアフのボーカルと手拍子にのってぐいぐいステップ、曲が無音になる瞬間にはすっと手拍子が止み、また一気にスピンで終わるフィニッシュ。
 つなぎで一瞬ふらついたのはご愛嬌。地元カナダのスターの復活に観客大喜び パーソナルベスト大幅更新。

#6 チェ・ダビン(韓国) SP:53.29(8)
 「ある恋の物語」♪ 紫のスリップドレスでフリンジスカート。まだ妖艶というほどではないけど^^;可愛らしくお色気を振りまく。ルッツ・トウ3-3を下り、3回転フリップで片手をついた。アップテンポのステップがんばる。レイバックスピンは一つ一つの姿勢を長く保って見ごたえがある。

#7 キム・ナヒュン(韓国) SP:60.46(7)
 「I Will Always Love You」ホイットニー・ヒューストン♪ 黒にストーンでライン。背も伸びて大人っぽくなった。ループ・ループ3-3着氷 3回転フリップ、イーグルからダブルアクセルもきれい。ステップはよく伸びている。ヘアカッターから足首をホールドするビールマンスピンでしっとりとフィニッシュ。
 オータムクラシックで出したベストを少しだけ更新。


#8 アレーン・シャルトラン(カナダ) SP:62.15(6)
 「Sway」♪ 黒のホルターネック。高さのある3回転ルッツから3回転トウループは回転不足 3回転ループを決め、ダブルアクセルはちょっとつまったが大丈夫。体はよく動いていた。
 コーチはブライアン・オーサー。


#9 宮原知子 SP:65.24(5)
 プッチーニ「ムゼッタのワルツ」♪ 水色。滑り出したとたんに、典雅な舞踏会が出現する。ダブルアクセルから滑らかなステップへ、ルッツ・トウ3-3、3回転フリップと新世代“ミス・パーフェクト”らしく穴はなし。大きくそらすレイバックから軸の細いビールマン、美しい
 しかし、点は伸びず・・・。トウループとフリップで回転不足、フリップはエッジエラーがついた。

#10 ヨシ・ヘルゲション(スウェーデン) SP:49.72(10)
 「ジプシー」より「Let Me Entertain You」♪ シルバーがかった白。冒頭の3回転ルッツで転倒したが、3回転トウループになんとか2回転トウループをつけた。
 この選手もコーチはブライアン・オーサー。


#11 エフゲニア・メドヴェージェワ(ロシア) SP:76.24(1)
 「River Flows in You」「The Winter」♪ ターコイズブルーで手袋。楽しい子ども時代を表現する振付をはさみながら、スピン、ステップから入る。体をいっぱいに使って表現しながら、スケートはよく伸びる。片手上げフリップ・トウ3-3、3回転ループと安定。
 パーソナルベストをまた更新

 結果、メドヴェージェワがトップに立ち、2位にオズモンド、ちょっと点差があって3位にトゥクタミシェワ、僅差で4位本郷、5位宮原。永井は11位。
 宮原、本郷はフリーで巻き返したい。永井優香ちゃん、自分を取り戻して!

『フィギュアスケート』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どこのファン? | トップ | GPS2016・スケートカナダ ペ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事