Thank you for the music

好きな音楽のこと、あれこれ。その他諸々もあり。

GPS2016・スケートカナダ男子SP

2016年10月29日 13時08分39秒 | スポーツ

 フィギュアスケート・グランプリシリーズ2016、第2戦スケートカナダ男子ショートプログラムジャッジスコア)。

#1 ミーシャ・ジー(ウズベキスタン) SP:72.30(7)
 「Paint It Black」ローリング・ストーンズ♪ 顎鬚をたくえわえて登場。トリプルアクセル着氷、4回転トウループ転倒、ルッツ・トウ3-3決まる。足換えキャメルスピンで逆回転を見せた。

#2 閻涵(Han YAN)(中国) SP:72.86(6)
 「I'll Take Care Of You」♪ 紫のシャツ。4回転トウループでステップアウト、トリプルアクセル転倒 ルッツ・トウ3-3はこらえた。スケーティングは伸びやかで、ステップもスピード感を保っていた。

#3 ミハル・ブレジナ(チェコ) SP:70.36(9)
 「今宵の君は」♪ 昨季からの持ち越しプログラム。タキシードにほどいたボウタイ、胸に赤い花。高さのある美しいトリプルアクセル、決まった フリップ・トウ3-3ステップアウト、ルッツが2回転に 最後のスピンはちょっとトラベリング。小粋でお洒落な振付満載の、楽しいプログラムなんだけど。

#4 ダニエル・サモヒン(イスラエル) SP:74.62(5)
 「Delilah」♪ ワインカラーのシャツに、こちらもほどいたボウタイ。4回転トウループ、なんとか下りた! 4回転サルコウもこらえて2回転トウループをつける。トリプルアクセルも頑張った。ジャンプが終わればルンルン、元気よくステップ。
 今季オータムクラシックやフィンランディア杯で振るわなかったので、今日は満足そう。シットスピンが無効になったのが、姿勢なのか回転数なのか?


#5 パトリック・チャン(カナダ) SP:90.56(1)
 「Dear Prudence」「Blackbird」ビートルズ♪ 黒シャツ、黒サスペンダー、髪は角刈りっぽい。いつもながら、すーっと加速していく滑りから、飛距離のあるトウ・トウ4-3が決まった トリプルアクセル転倒。穏やかなボーカルに合わせるステップはなかなか魅力的。3回転ルッツも落ち着いて決める。
 スピンで終わりそうになってから、少しつなぎを入れて最後のスピンでフィニッシュする構成が、ちょっと付け足しみたいな感じになってしまうのが、微妙


#6 羽生結弦 SP:79.65(4) 映像
 「Let's Go Crazy」プリンス♪ 白に紫系ベスト風。4回転ループ、膝をついてしまう。サルコウは3回転になってこらえて立ったが、コンビネーションにできなかった。トリプルアクセルはいつもの見事な出来。
 アップテンポの曲にしっかり乗っていくステップは悪くはなかったが、、、
 4回転ループはダウングレード判定。こちらをコンビネーションの失敗として採点された。ステップがレベル4取れたのはよかった。


#7 リーアム・フィーラス(カナダ) SP:70.09(10)
 「Happy Ending」♪ Tシャツにサスペンダー。トリプルアクセル転倒、きれいな3回転ルッツが入る。フリップ・トウ3-3頑張ったが結局転倒してしまった。前よりスケーティングはきれいになっていて、見ごたえが出てきた。

#8 ロス・マイナー(アメリカ) SP:63.92(11)
 「ニューヨークの想い」ビリー・ジョエル♪ この曲は3季目。3回転フリップ入ったが、アクセルがばらけてシングルに。ステップにもう少しスピードがほしい気がする。
 カナダだと、ニューヨークが舞台の曲はうけないか・・・^^;

#9 グラント・ホックスタイン(アメリカ) SP:60.20(12)
 「ラプソディ・イン・ブルー」♪ ブルーのシャツ。4回転トウループ転倒、トリプルアクセル下りる。ルッツが1回転に デューク・エリントン演奏の渋いジャズバージョンは、一般的なオーケストラバージョンより音が取りにくそう・・・

#10 アレクサンデル・ペトロフ(ロシア) SP:71.50(8)
 ファリャ「恋は魔術師」より「火祭りの踊り」♪ ゴールドにワインカラー。今季の浅田真央と同じ曲で滑る。トリプルアクセルでステップアウト、ルッツ・トウ3-3は回転の速いジャンプで決める。3回転フリップは少しこらえたが、うまいこと振付でごまかした(笑)
 出来にはあまり満足してないけど、戻るときはBGMに合わせて踊ってみたりする17歳

#11 無良崇人 SP:81.24(2) 映像
 フラメンコ♪ フリンジのついた白系で、長めの髪をくくって登場。4回転トウループでちょっと弾かれたステップアウト、しかしトリプルアクセルは圧巻。ルッツ・トウ3-3もきっちり決める。
 パーカッションでだんだん速さと激しさを増していくステップに、じわっと拍手。このフラメンコはカッコいい
 スピン2つとステップがレベル2判定。これはちょっと課題。

#12 ケヴィン・レイノルズ(カナダ) SP:80.57(3)
 「Puutarhautuminen」「Kesäillan Tvist」「Muuttosarja」♪ 白シャツに赤ベスト。いきなりサルコウ・トウ4-3決まった さらに4回転トウループ、トリプルアクセル 下りた瞬間に小さくガッツポーズ。跳べるケヴィンが戻ってきた。
 民謡風の曲で軽やかにステップを踏み、回転の速いスピンで締めくくる。地元開催の最終滑走に相応しい充実の演技。
 ・・・しかし、思ったより点は伸びない。サルコウに回転不足、4回転トウループはGOE-1.20、演技構成点がちょっと低め・・・

 結果、パトリック・チャンがトップ、2位に無良、3位レイノルズ。羽生は4位、サモヒン5位、閻涵6位。アメリカ勢2人が11位と12位というのは、なんとも・・・
 フリーの滑走順は、羽生が8番(後半の2番目)、レイノルズが10番(後半4番目)、チャンが11番(後半5番目)、無良が12番(最終滑走)となった。さあ、どうなる

『フィギュアスケート』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GPS2016・スケートカナダ ア... | トップ | GPS2016・スケートカナダ女子... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。