Thank you for the music

好きな音楽のこと、あれこれ。その他諸々もあり。

掛け持ち・出戻り

2017年03月28日 03時43分31秒 | スポーツ

 もうすぐヘルシンキで始まる、フィギュアスケート世界選手権2017。来年の平昌オリンピック出場枠が決まる、大事な大会。ということで、選手たちが現地入りして練習する様子がさっそく報道されている。(男子と女子ばかりだけど、ペアとアイスダンスも到着しているはずで・・・情報ないの?)
 台北の世界ジュニア選手権で見た選手たちの中には、世界選手権にも出場する選手がいる。いわゆるジュニアとシニアの掛け持ちだ。フリーでは要素が多く時間が長いとか、ショートの課題が違うとか、両方やるにはいろいろ調整しなくちゃならないから大変 どんな選手がいるか見てみた。
 世界ジュニア2017・ペアで優勝、歴史を切り開いたオーストラリアのアレクサンドロフスカヤ/ウィンザー、シニアではフリーに進めるか。世界ジュニアには出なかったが、ジュニアグランプリファイナル2位のドゥスコヴァ/ビダル(チェコ)には、五輪出場枠獲得が期待されているだろう。
 チェコからは、アイスダンスに世界ジュニア9位のクズミチョヴァ/シニツィンも出場。こちらはフリー進出が目標になりそう。
 男子では、地元開催の大会でジュニアを卒業した台湾の曹志禕(チーイー・ツァオ)が初出場。グラハム・ニューベリー(イギリス)も世界ジュニアから転戦で、フリー進出を目指す。世界ジュニアには出ていないがジュニアグランプリシリーズに出場していたラリー・ルポロヴェル(アゼルバイジャン)、イワン・パヴロフ(ウクライナ)は、シニア向けの準備万端かな。イヴァン・リギニ欠場で世界ジュニアから転戦となったマテオ・リッツォ(イタリア)はどこまで通用するか。
 女子は、林仁語(エイミー・リン)(台湾)、李香凝(シャンニン・リー)(中国)、ミハエラ・ルーシー・ハンズリコヴァ(チェコ)の3人が世界ジュニアから転戦組。地元フィンランドのエンミ・ペルトネンやシューラン・ユー(シンガポール)は、掛け持ちといってもジュニアグランプリシリーズに1大会出たくらいなので、早めにシニアにシフトしているようだ。
 こうしてみると、掛け持ちで出てくる選手は、1人/組で国を代表しているケースが多い。選手層が厚ければ掛け持ちさせる必要がないわけで^^; 昨今の日本はほとんど掛け持ちさせたことがないんじゃないだろうか。(ジュニア2年目の浅田真央がグランプリシリーズ&ファイナルに出場したが、年齢制限のため世界選手権には出られなかったシーズンは、掛け持ちといえば掛け持ちかな?)
 女子はシニア(15歳以上)といっても10代が多いから掛け持ちの選手とほぼ同年代だが、男子はぐっと10代が少なくなり、ペアやアイスダンスはほとんど年上になる。その中でどんな演技を見せられるか、注目したい。

 一方、いったんシニアに上がったのにジュニアに“出戻り”の選手もいて 男子のアレクサンデル・ペトロフ(ロシア)は、世界ジュニア2014で4位、2015で6位、2015/2016シーズンはシニアに上がってグランプリシリーズ2大会、ヨーロッパ選手権に出場した。今季もグランプリシリーズ2大会に出場したが、7位・6位とやや伸び悩み。ロシア選手権でも6位で代表になれず、ジュニアで2位になって世界ジュニア代表に選ばれた。
 昨季はジュニアの大会に出ていなかったので、わざわざジュニアカテゴリのある大会に出て、世界ジュニア出場のミニマムテクニカルスコアを獲得している。今季は早めに世界ジュニアに照準を合わせたようだ。4位と惜しくもメダルには届かなかったが、しっかり世界ランクのポイントは稼いで来季につながったかな。
 昨年の世界ジュニア1位ダニエル・サモヒン(イスラエル)も、今季はジュニアの大会に全く出てなかったので、ちょっとだけ出戻ってきた感じ 世界選手権にはオレクシイ・ビチェンコが出場するので、ここでポイントを稼ぎたかったかも。
 今季ちょっとびっくりした“出戻り”は、女子の鄭璐(Lu ZHENG)(中国)。昨季グランプリシリーズ中国杯、四大陸選手権に出場していたが、今季はジュニアグランプリシリーズ2大会に出場していた
 ジュニアグランプリシリーズと、シニアのグランプリシリーズは、同じシーズンに両方出場することはできない(女子とペアなど種目が違えばOK)。しかし、一度シニアのグランプリシリーズに出たからといって、別のシーズンにジュニアグランプリシリーズに出てはいけないということはないわけで
 ジュニアで経験を積んでから改めてシニアに、それがいいかもしれない。

 早熟な選手もいれば、遅咲きの選手もいて。ほかのスポーツに比べると選手生命は短いが、それぞれの最高の瞬間を見届けたい

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月の台北と香港

2017年03月28日 00時41分05秒 | アジア

 今回の台北&香港旅行、やたらと荷物が多くなってしまって
 台北はフィギュアスケート観戦が目的なので、寒さ対策が必要と思ってあれこれ持って行った。そもそも出かける日の東京がべらぼうに寒かったので、しっかりダウンコートを着ていたし、大判のひざ掛けにレッグウォーマー、貼るカイロも持参。
 ひざ掛けは大正解だったが、さすがにレッグウォーマーまでは要らなかった^^; カイロはあまり役に立たず。
 外は暖かくてダウンでは暑いと思い、薄手のジャケットも持参したが、けっこう肌寒くて、皆さんウルトラライトダウンを羽織っている! 長いのは暖かいけど邪魔だから、私も短いウルトラライトダウンにすればよかった。調節は中の重ね着とマフラーが便利だったかも。
 ずっと靴を履いていると疲れると思って、ちょっとコンビニへ行ったりするためにサンダルを持参したが使わず。天気がいまいちだったこともあり、サンダルはまだ季節的に無理だった。夏はあると便利だけど。
 ヒートテックはあまり持って行かなかったけど、思ったより寒くて 台北のみならず、香港もなんだか肌寒かった。ヒートテックではない半袖アンダーシャツに、フランネルシャツとカーディガン、寒ければジャケットを重ねたが、動くと暑くなって汗をかいてしまう。さりとて薄着でもすぐ寒くなるし、、、
 香港でもウルトラライトダウンの人は珍しくなくて、結局何を着たらいいのかよくわからないままだった そして寝るときはやはり1枚では寒く、重ね着して寝た。
 着るもの以外では、持っていくべきなのが使い捨てスプーン・フォーク・割りばしの類。コンビニで買えばもらえるが、スーパーだともらえない! ヨーグルト3個パック買おうとして、ホテルの部屋にスプーンがないことに気づき(電気ポットとカップとお茶のティーバッグはあったが、コーヒー・紅茶・砂糖・ミルクがないので、スプーンもない)、仕方なくスプーンも買った。家に売るほどあるのに
 台北でも香港でも、買い物して袋に入れてもらうと有料なので、エコバッグやレジ袋は持参してたが、スプーン系は忘れてた。次回は忘れないぞ~!

 自分のための備忘録。さて、次にこの季節に台湾や香港に行くのはいつだろうか? 仕事はこの時期休みだから、来年も行っちゃう?! 準備するとき、ここに書いたことをちゃんと見てしなさいよ~(>自分)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うるさ~~~~い!

2017年03月27日 16時50分40秒 | 

 旅から帰ったら春の選抜高校野球まっさかり。まあ、見たり見なかったり
 今日はテレビをつけたら早稲田実業の試合だったので、見始めたが、、、実況アナウンサーがやたらにうるさい テレビというよりラジオみたい。ていうか、NHKだよね
 民放のアナでも、もう少し穏やかなのでは、、、。早実の猛攻が続いて東海大福岡にミスが続くと、「落ち着きましょう。」あの、貴方が落ち着いてください えっと、小野塚康之アナウンサー
 副音声が会場音だけかも、と思ってリモコンを操作してみたが、副音声はなかった。うるさすぎて見ていられず、あとで結果を知った。スリリングな展開だったようで、見たかった気もする

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

呉のお土産

2017年03月26日 20時53分20秒 | Weblog

 長男が友達にもらった。「地味に美味いんだよ、これ」
 サブレだからサクサクかと思ったら、しっとり系で中に生チョコ。美味しい(^.^)
 「これ買いに広島行きたい」と長男。はるばる⁉
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エッグタルト(泰昌餅家)

2017年03月25日 23時36分50秒 | 香港


 やはり、香港の帰りには、これを買って来なければ…
 味はこれがベスト?!というわけでもないかも。ただ、箱に入れてもらえば持ち帰りやすい(^^;
 今回はパイ皮のがなくて、ビスケット皮のみ。皆さんはどちらが好み?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

水がツムツム

2017年03月24日 23時13分38秒 | Weblog


 香港國際機場で買ったエビアン。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

香港國際機場にて

2017年03月23日 14時32分29秒 | 香港

 牛肉粥と大根餅。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤ちゃん誕生!

2017年03月23日 02時24分16秒 | 蘇永康

 「蘇永康」カテゴリで書くのは久しぶりです・・・
 結婚・離婚・再婚と人生いろいろあった蘇永康(ウィリアム・ソー)ですが、とうとうパパになりました
 facebookに写真やビデオがアップされてますので、ぜひご覧ください なんかもう、メロメロのパパぶりです
 本当にその名前にするのかどうかわかりませんが、とりあえず「Jazz」と呼ばれてるようです

 おめでとう~~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

檀島にて

2017年03月22日 14時03分37秒 | 香港

 鴛鴦と波羅油。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

香港の夜

2017年03月22日 01時13分04秒 | 香港

 港が見える。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワンタン麺

2017年03月21日 19時34分59秒 | 香港

 麥文記。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アップルソーダティー

2017年03月21日 16時22分52秒 | 香港

 香港のマックで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いま

2017年03月20日 17時57分29秒 | 香港

 香港にいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桃捷

2017年03月20日 10時20分21秒 | アジア

 桃園機場捷運に乗ってます。
 電車って楽(^.^)
 今だけ半額!80NTD。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どきどき、うるうる、世界ジュニア2017

2017年03月19日 03時13分33秒 | スポーツ

 フィギュアスケート・世界ジュニア選手権2017、競技は全て終わった・・・
 見ごたえ十分、見に来てよかった

 競技最終日の18日(土)は、アイスダンス・フリーと女子フリー。また出かけるのが遅くなって、アイスダンスの第1滑走は見逃した でも日本チームの深瀬理香子/立野在には十分間に合いました
 直前のドイツのカップルが「アダムス・ファミリー」で派手に動いて受けたプログラムだったので、日本の2人は地味に見えたかも。しかし、ゆったりと大きくグライドする滑りのステップを最初にしっかり見せて、技術力が上がったところをアピール。
 前より難しい、肩の上に乗せてから前に回してホールドするリフトをこなしている。「王様と私」の有名なダンスシーンを彷彿とさせるステップ、じわじわ盛り上っていく。ラストはスプリットポジションのローテーショナルリフト。
 ノーミスの演技で自己ベスト更新 昨年の19位から13位にジャンプアップ これでジュニアは卒業だが、胸をはってシニアに上がれる。楽しみ
 優勝は僅差でレイチェル&マイケルのパーソンズ兄妹(アメリカ)。ロボダ/ドロズド(ロシア)がめっちゃ力強かったが、力で振り回す感じも多少あって 上手いんだろうけどあまり好きになれないな、と思っていたら、パーソンズがかわした
 銅メダルは第3グループで滑ったカレイラ/ポノマレンコ。「エクソジェネシス」の世界を叙情たっぷりに演じて、美しかった。
 昨年のチャンピオン、マクナマラ/カーペンター(アメリカ)はショートに続いてフリーも調子が出ず、、、まさかの7位。ジュニアグランプリファイナルに出場したアバチキナ/トロン(フランス)も8位どまり。ジャンプがないアイスダンスでこれだけ波乱も珍しい

 女子フリーは、第1滑走からミスが少ない演技が続いて、さすが44人から勝ち抜いた24人だけのことはある。ぎりぎりでフリーに残れた選手は、残れたことが嬉しくて楽しみながら滑れているのかもしれない。
 昨季、ジュニアグランプリファイナルで優勝しながら世界ジュニアは直前の怪我で棄権、今季はJGP2連勝でジュニアグランプリファイナル進出を決めたのに怪我で辞退していた、ポリーナ・ツルスカヤ。ショートで転倒と回転不足があって11位と出遅れた。フリーもパンクや回転不足があって伸ばせず、、、やはり怪我の影響が大きいのかな。
 地元台湾のエイミー・リン(林仁語)、大声援を受けて渾身の演技。1つ転倒があった以外はジャンプにミスなしと思ったが、回転不足2つと転倒したジャンプのダウングレード及び+REP(3回転以上の同じジャンプで2回目も単独の場合、基礎点が70%)が響いた。世界選手権で巻き返せるか? 五輪出場枠を期待されているだろう・・・
 最終グループは6人中3人が日本勢。その中で最初に登場した白岩優奈、腰痛をおしての出場だったが、頑張った 氷をしっかり捉えて滑っていて、1つ転倒があったが力を出し切れた。
 韓国のリム・ウンスが美しい「ミス・サイゴン」を演じて、韓国女子の未来に光
 そして本田真凜。全てのジャンプを完璧に下りた。プログラム全体が美しかった。切ない悲恋を全ての動きで語っていた。会場を一つにした演技で、得点待ちの間に高得点を期待する手拍子が起きていた。自己ベストを大きく更新する133.26、トータル201.61。
 その直後に登場したアリーナ・ザギトワ、強かった
 いつもどおり、前半にはスピン1つとステップしかない。後半に全てのジャンプを完璧に跳び、ルッツ・ループ3-3やフリップ(両手上げ)・トウ(片手上げ)・ループ(片手上げ)など構成が凄い。回転不足の1つもなく、ジャッジスコアにマイナスもない。当然!の優勝
 体力より技術より、精神力が半端ない選手。来季15歳になってシニアに上がってくるとなると、、、五輪に出てくるかも
 その後に出る坂本花織、、、こちらも強い!後半ジャンプこそ2つだけだが、ノーミスで跳びきった。スピードに乗って跳び上がって、下りてからぐーんと伸びていく大きなジャンプ、会場で見るとよくわかる。表現も自然にこの曲に溶け込んでいた。
 優奈、真凜、花織、3人とも素敵で、見てて涙がうるうる

 優勝ザギトワ、2位本田、3位坂本。日の丸が揚がった。
 日本は3枠余裕、ロシアも3枠。アメリカ、韓国は2枠変わらず。レア・ヨハンナ・ダスティヒ(ドイツ)が8位、イー・クリスティ・リョン(香港)が9位と、地味に2枠をゲットしているのがなんか嬉しい。

 結局、大会を通じて「君が代」は流れなかったが、日本勢はどの選手も実力を出せたと言っていい。それが何より

 といいつつ、大きい香港の旗を振り、香港の選手にプレゼントを投げてた私(失敗して下の通路に落ちた)。隣の台湾人たちが「香港の人なのね」と喋ってた その後、小さい日の丸を振って大声出して、「日本人だわね」と言われてた
 明日はエキシビション。それまでの間、どこへ行こうかな

コメント
この記事をはてなブックマークに追加