床屋と瓜

三角

2017-07-13 01:03:48 | Weblog
hotel beau sejourってフランスのドラマ見てた。
殺された子が犯人を捜す犯罪ドラマで、なぜか6人だけ彼女が見えるっていうプロットで
この枠組みのおかげでみごと犯人がぎりぎりまでわからなかった。
よかったよかった。
きっと見えてるけど黙っている人がいるはずだってのは考えてたけど、
それよりどうやって死んだ子が見えない人を使って事件捜査に貢献していくかとか、見える人の共通項とかのが気になっちゃって、犯人が誰かってのに気が回らなかった。
この枠組みさえなかったら要はkillingです。
小さな田舎町の入り組んだ人間関係が暴露されていく話だから。
キリングと違って10話ですっきり解決、見事でした。

日本では見れないようなので犯人言います。
お父さんです。血が繋がってないほうの。
キリングと違って、リアルにお父さんです!
だいたいお父さんは最初に疑うべきなのにね。他の要素に本当に気がとられるんだよ。
うまいつくりだったよ。

明日役で謎解きするから最近刑事ものばかり。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | kkk »
最近の画像もっと見る

あわせて読む